漫画「俺だけレベルアップな件」エピソード全話ネタバレ一覧|最終話まで

漫画「俺だけレベルアップな件」とは

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載している「俺だけレベルアップな件」 制作DUBU(REDICE STUDIO)、原題・나 혼자만 레벨업

現実世界に突如として現れる異世界とのゲート、それに入りモンスターを討伐する覚醒者であるハンター。ハンターはゲートでの戦闘で対価を得るが、誰しもが強者ではなく、主人公の旬は人類最弱兵器と呼ばれる有様。そんな彼が、とあるダンジョンがキッカケで、一人だけ成長していくストーリーです。

kakaopage等で連載している韓国漫画です。ピッコマでは毎週金曜日に最新話が公開されます。

ピッコマでは、1~3話まで一気読みでき、4話以降は毎日1話ずつ無料で読めます。

見やすい様に一覧を作りました。青字のところから各エピソード解説に飛びます。

登場キャラクターまとめも作りましたコチラからどうぞ

漫画「俺だけレベルアップな件」エピソード全話一覧

1話2話3話
4話5話6話
7話8話9話
10話11話12話
13話14話15話
16話17話18話
19話20話21話
22話23話24話
25話26話27話
28話29話30話
31話32話33話
34話35話36話
37話38話39話
40話41話42話
43話44話45話
46話47話48話
49話50話51話
52話53話54話
55話56話57話
58話59話60話
61話62話63話
64話65話66話
67話68話69話
70話71話72話
73話74話75話
76話77話78話
79話80話81話
82話83話84話
85話86話87話
88話89話90話
91話92話93話
94話95話96話
97話98話99話
100話101話102話
103話104話105話
106話107話108話
109話110話111話
112話113話114話
115話116話117話
118話119話120話
121話122話123話
124話125話126話
127話128話129話
130話131話132話
133話134話135話
136話137話138話
139話140話141話
142話143話144話
145話146話147話
148話149話150話
151話152話153話
154話155話156話
157話158話159話
160話161話162話
163話164話165話
166話167話168話
169話170話171話
172話173話174話
175話176話177話
178話  179話(完結)       
外伝1話外伝2話

購入の参考などに活用してください。

漫画をお得に読む方法

オリジナルのピッコマさんで読む以外にも、お得にコミックを読む方法があります。


・日本最大級の動画配信サービス「U-NEXT」

こちらで31日間の無料トライアルを利用することで、600円分のポイントがもらえます。

俺だけレベルアップな件」は、コミックの単価が1012円なので、半額以下で読むことができます。

コミック版なので、縦スクロールのピッコマ版と違う雰囲気で楽しむことができますので、気になった方は是非試してみてください。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

3 COMMENTS

Google翻訳の文法で申し訳ありません

(※デリケートな話題を勝手に出すついては申し訳ございません。ブログにご迷惑をおかけしますなら、気にせず削除してください)

俺レベでもアニメ化決定することにしましたね(漫画が終わってから半年くらいしか経っていないので、やる気満々のようです)、この勢いで韓国のマンガ市場に存在する大量のいい作品をたくさんアニメ化れるようにしたいよね。
俺レベ自体は、元々の人気が高い、作品の内容の性質と位置もどちらでも、非常に高いアニメ化適性を持っています(特にこの種の爽快な——俺tueee的成り上がり系——王道のファンタジーバトル作品の視聴のハードルが低く、過去の神の塔などの作品では達成できなかったメジャーの市場を獲得することが期待されます)、成品の品質であろうと収益であろうと、再び成長することができますね。

しかし、アニメ化の突然の発表にはまだ不安な部分があり、かつてはアニメ化が難しいさえと考えられていたデリケートな問題の存在があり——原作小説や漫画(本国版と日本版以外の海外版)の内容は反日的な差別思想がありかもしれないについては、ネット上でまだ新たな議論の波を引き起こした。

個人的に、実はシーズン1の終わりまで(110話)しか見ていませんでしたが、私が感じる限り、描かれている部分は特に悪意がなく、意図的でなく、不自然的でなくなまあまあ合理的で扱う(よくある悪役、かませ犬キャラクターとして)の範囲で止まりできるのようです;しかし裏に返せれば、それは確かに悪意のある設定として解釈することもできます。少なくとも當事者としての日本の読者にとっては、いくつかの既存の主観的な印象(歴史的および地政的な理由による両国間の不和の雰囲気)を考えると、そもそも相手は全然悪意のないことを完全に信じることは容易ではありませんね。(作品を楽しむという観点からすると、とても残念です)
可能であれば、漫画全話(および原作小説)を読み、そして関連する一連のブログ記事を書いた猫野さんがこの観点についてどのように考えているかを聞くことができますか?

とりあえず、自分は一旦作者、作品の発言と内容から、他の国を差別する意図があるを確定できる決定的な資料は見つかりませんでした。
近年はすでに「二度目の人生を異世界で」の前例がありので、今回は制作・発売チームが本格的にこの企画を開始することを選択すれば、作品自体と作者の立場の実質的なポリコレ的正しさに対して自信があるでしょう。
いずれにせよ、制作・発売チームなどの公式が常に正しい姿勢を維持してくれることを願っています(元々は問題ないか、問題があるかもしれない部分を自己批判し、しっかりとべきところに進む)、炎上などの殘念事は見せられず、作品自身にふさわしい成功の度合いを収穫させていればいい。

ちなみに、そのようなトピックについては、本人は「作品本体至上主義」を追求しており、メタ倫理に問題があるかどうかは、基本的に作品の楽しみや評価に影響を与えません(ただし、問題のある部分は作品の中で反映され、作品內容自体の質が低下した場合、それは当然別の話)
作品自体が可能な限り正当な評価を得られることを常に望んでいるので、今回の件に作者の思想など、メタ的な部分で非難されるべき倫理的な問題があるかどうかにかかわらず、自分はこの作品をスムーズにアニメ化できるを希望する立場に立つことを選択するだろう。

正論は、この両者は元々異なる概念であるため、完全に区別して扱う必要があるということです。批判すべき部分を批判し、楽しむことができる部分を楽しむことは、どんな立場をとる人にとっても最良かつ最も適切な結果です。(そして、あらゆるの論爭の根本的な問題は、最初にどのような見方をしていたとしても、人々は最終的に極端になりがちの傾向であるということですね)

返信する
猫野

アニメ化楽しみですね。動くベルが見たいです。
この作品の反日的な思想については、オリジナル漫画ではほんのり漂っている面もありましたが、特定の国を悪とするのはどの国のどの作品にもありますし、目くじらを立てるほどの内容ではないと思っています。(企業側もまずいと思ったのか、日本をDFNという存在しない国に置き換えていましたし)
日本人としては面と向かって敵意を向けられれば、流石に悲しくは思いますが、皆生まれも育ちも思想も何もかも違うので、行き過ぎでなければ仕方ないと思っています。
おっしゃる通り、一部のことに囚われて作品が楽しめなくなるのは残念なので、作品は作品として、個人の思想から切り離して楽しめると良いですよね。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

日本市場の読者の需要(一般的に、可能であれば、誰もが自国の人々が悪役を演じないことを望んでいます)を考えると、ポリコレのためでなくても、 ある程度のローカリゼーションが必要です。(本作だけではありません。現代の世界観を持つ他の多くの韓国の作品は、主人公とメインステージの設定を韓国から日本に変わってしました。特にこの種の現実に存在する国に基づいた勢力の間の內容を含み作品は、さらに必要がある)

そうよね、個人的には、常識や偏見の観点から、原作者が日本で多かれ少なかれ悪趣味であるかどうかは疑う余地があると思います。(設定を調整可能な部分もあるたが、そういう誤解を避けられないのは少し不謹慎と思いますだから。でも本作が置かれている本国市場では、この感覚の内容が、作品の人気要素の一部になれるかもしれんけど……さすがに、今のところどの国の人も大体同じ、このような狭い世界観を完全に手放すことは難しいそうね)
しかし、やはり作品自体の内容だけで、差別思想を持っていると見えるほどではありませんね(「まあまあ別に」の程度)。将来的には、みんながちゃんと二者を区別して、アニメそのもの自体を楽しんで評価してくれることを願っています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください