漫画「俺だけレベルアップな件」最新話137話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載している「俺だけレベルアップな件」制作DUBU(REDICE STUDIO)、原題・나 혼자만 레벨업 。

ピッコマにある小説版を参考にしながら、韓国の漫画アプリkakaopageの内容と照らし合わせてまとめてみました。実際に公開された漫画版と違う所があれば、後ほど修正致します。

毎週金曜日に最新話が公開されます。

※前回のエピソードはコチラ

※登場キャラクター一覧はコチラ

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話137話のネタバレ

討伐に成功した旬のもとに、賢太が駆け寄る。

ボス級巨人を倒したものの、ダンジョンの所有者を倒したとは通知されなかったので、まだレイドは終わっていないようだ。

この巨人の死体からは黒煙が昇らないので、影の抽出もできない。

巨人の口が僅かに動き、一瞬警戒するが、ベルが出てきた。

この巨人は、死んだのにも関わらず、ベルの気配がわからなくなるほどの魔力を纏っていたようだ。

すると突然、ゲートから巨大な魔力の嵐が発生し、ゲートが巨人の魔力を吸収し始めた。

賢太はイグリットが守っていたので無事だった。

魔力だけで旬の皮膚が傷つくほどだったので、賢太にはここで待機するよう指示し、旬は確認するためにベルと共にゲート内に飛び込んだ。

中は巨大な城のようだった。

敵がゲートに侵入したことが面白かったのか、城内には笑い声が響いていた。

声の主である巨人は、卑劣な支配者の奴らめ、誰が一番最初に訪ねてきたか見るべきだ、と笑っていた。

巨人は、鎖と魔法陣によってきつく拘束されていた。

現れた旬に、よく見つけてくれた君主よ、鎖を解いてくれ、私は支配者の計画を知っている、他の君主に知らせなければいけないと、拘束を解くように話しかける。

だが旬は様子を覗ったままだ。

この巨人も、旬が自分の知っている君主ではないと気づく。

旬が、その支配者の計画のためにこのようにされたのかと問うと、巨人は、真の戦争の礎のために利用しようとしているのだと答える。

これまで旬が会話した知性あるモンスターで、このように自分の根源について答えたものは初めてだった。

旬が、支配者とは何かと尋ねると、長きにわたる君主の敵、とのことなので、旬の敵でもあるようだ。

その支配者がこの巨人を縛り付けていたということは、この巨人もまた君主である。

おそらく他の君主も支配者も旬を狙っていること、だがまだ旬にはそれらに対抗する力がないことを指摘し、立ち向かうには勢力が必要だから、封印を解いてくれれば力になると話す。

旬は、モンスターが人間を助けるだなんて信用できるかと返す。

巨人は、信じさせてやろうと言い、何らかの呪文を叫んだ。

するとウィンドウが開き、巨人の王・太初の君主レギアが信実の誓いを詠唱した、この誓いを受け入れれば詠唱者・受諾者ともに嘘をつけない、信実の誓いを受諾するかY/N、と表示された。

旬はイエスと答え、誓いが破棄されるまでは互いに嘘を言うことはできなくなった。

レギアがまた、封印を解いてくれたら助けると言うので、旬は、そう簡単に信用できないと答えようとするが、誓いが影響し、途中で言葉が途切れてしまった。

旬は話題を変え、他のモンスターとは違い、何故お前は自由に対話できるのかと問う。

モンスターとは何か聞き返され、ゲートから出てくる奴らだと説明すると、どうしてそのような混世の住民どもと我ら君主を同格にみることができるのかと言われる。

ゲートから出てくる混世の住民は、支配者の戦いに敗れ、長い年月もの間捕らわれていた敗残兵なので、自我が崩壊していてもおかしくないのだと、レギアは説明する。

だがレギアはそれらとは違い、奴らの手から逃げるその日まで、永い間耐え続け理性を保ち、こうして旬に出会ったのだと言う。

旬が、もしかしてその支配者の奴らと言うのは、銀色の鎧を着て翼が生えた奴かと尋ねると、やはりその銀鎧達が支配者の兵士だそうだ。

ではどうしてその支配者の奴らは、しきりにこちらにモンスターを送ってくるのかと旬が尋ねると、レギアは目を細めるのだった。

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話137話の感想

巨人の王・君主が登場しましたね。酷寒とヨグムント、あの毛皮を巻いた男も君主なのでしょう。悪魔王バランも君主の一人なのでしょうね。

そして天空の兵士達は、支配者と呼ばれる存在でした。支配者=神ですよね、どう考えても。

そういえば111話で、ヨグムントや酷寒が、南の地に支配者達がレギアを放つということを話していました。それが今回のDFNのS級ゲートのようです。レギアとはラテン語で王の意味があるようなので、名前はぴったりです。

バランはもう旬が倒しましたが、他の君主達と支配者に、旬は狙われています。君主たちが探している最もきらびやかな光の破片とは、旬のことなのでしょうか。だからこそ支配者も狙っている?

まだ旬には、全てに対抗できる力はないので、レギアが協力してやるともちかけますが、信用できるか怪しいです。嘘はついていないようだけど、どういった意味の協力かはわかりませんし。

旬はいつも慎重なので、この取引を受けてやすやすと解放するイメージがないですね。

まとめ

・巨人を倒したものの、レイドはまだ終了しておらず、ゲートが死んだ巨人の魔力を吸収し始めた

・ゲートの中には、支配者(天空の兵士を束ねるもの)によって封じられた巨人の王・太初の君主レギアがいた

・レギアは、真実しか話せない誓約を使い、自分を解放してくれれば旬に協力すると持ち掛けた


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください