漫画「俺だけレベルアップな件」最新話142話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載している「俺だけレベルアップな件」制作DUBU(REDICE STUDIO)、原題・나 혼자만 레벨업 。

コチラは韓国の漫画アプリkakaopageの方の内容を翻訳してまとめてみました。日本版と違うところがあれば、後ほど訂正いたします。

毎週金曜日に最新話が公開されます。(韓国版は木曜)

※前回のエピソードはコチラ

※登場キャラクター一覧はコチラ

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話142話のネタバレ

旬がアメリカに到着する日、空港に大勢の記者が集まった。

ドイツ代表リヒターギルドのレナトは、今話題の旬が近くにいると聞き、強いハンターと知り合っておいて損はないからと、挨拶するために近寄る。

だが旬の影に、アメリカ相手に戦争できそうな程の召喚獣が潜んでいることに気づき、レナトは冷や汗をかき、足を止めた。

旬と賢太は、固まっているレナトを見て、サインが欲しくて寄ってきたのではないかと勘違いする。

賢太が犬飼をからかっていると、ハンター管理局のアダムらが、旬の迎えにやってきた。

賢太達は先にホテルに案内され、旬はアダムに案内され、別行動をとることになった。

父のことかと、一瞬険しい表情になる旬だが、アダムは、旬に害のある話ではないと言い、ハンター管理局本部へと車を走らせる。

国家権力級ハンター・クリストファーが殺害されたことはまだ非公開だが、アメリカの戦力の軸だったクリストファーが亡くなった今、戦力補強をしなければならず、代わることのできるハンターのために総力を尽くすと、アダムは話し始めた。

旬もその対象の1人だそうだ。

アダムは、ルーン石の勝ちは、そのルーン石をもっていたモンスターの強さと比例すると言い、旬をある場所に連れてきた。

人類最悪の災いであるドラゴン・カミッシーのレイドで、カミッシーから入手したルーン石の主人を捜しているのだと言う。

これがハンター管理局の、新しい提案なのだそうだ。

旬は、資料として見せてもらった映像で、カミッシーの死体が保管されているのを知り、驚く。

貴重な時間を譲ったのだから、カミッシーの死体が保管されている場所に行きたいと言うも、アダムは上から許可された情報を話しているだけなので、保管場所はわからないと言う。

だが、旬の要望であれば許可がおりるかもしれない、少々待ってもらえるかと言うが、旬は、どうせ待つなら一緒にいくと言いだした。

本部にやってきたアダムを半眼で迎える局長ブレナン。

アダムは指示通り、旬にルーン石の話をしたのだが、彼が興味を持ったのはカミッシーの死体の方だったと報告する。

ブレナンはアダムを下がらせると、副局長に、旬がカミッシーの死体を見たいというのは何のためだと思うかと訊く。

副局長は、スキルの価値は命に直結するものなので途方もなく、最上級ハンターは必要なルーン石を得るのにお金を惜しまない、彼にとっては死体を一度見ることが、スキルを得るより大きな利益になるのでしょうと答える。

ブレナンが、彼の能力は自身で倒したモンスターに限定されないのかと言う。

旬の狙いがカミッシーを召喚獣にすることだと、副局長が気づくと、ブレナンは、1人の力がそこまで強くなってはいけないと困惑する。

だが、彼の要求を断れば友好的な関係を維持できなくなると指摘され、考え込んだブレナンは、旬の能力を直接確認できる機会にもなると、自ら旬を案内することにした。

旬は、ブレナンと副局長、通訳のアダムとともに、管理局の地下にあるカミッシーの保管場所へと向かった。

8年前に死んだにも関わらず、地下に魔力が漂っているので、影を抽出したらどれほど強力な兵士になるだろうかと、旬は期待した。

数百の精鋭ハンターを全て殺したカミッシーは、国家権力級ハンターによって倒され、その姿のまま保存されていた。

カミッシーから得た魔法石で、ハンター管理局の建物の電力を補っていると、ブレナンが話す。

満足したか尋ねられた旬は、さがってほしいと言い、ブレナンの許可をもらい、カミッシーの手前まで移動する。

ブレナン達は、見守ることに決めたのだ。

旬は、自身とカミッシーを隔てているガラスに手をあてると、影の抽出を試みた。

一度目は失敗したが、二度目は成功。

影となった真っ黒なカミッシーが、強く咆哮するのだった。

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話142話の感想

まさか、カミッシーの影を抽出するなんて。人間で旬に敵う者はいないのではないでしょうか。

カミッシーの死体を保管していたのは極秘だったと思うのですが、旬が召喚したらバレそうですね。

しかし、カミッシーの話がでたときには、あのルーン石を使うときがきたのかと思いましたが、影の方だったとは驚きました。8年も経っているので、抽出できないと思っていました。

影の君主の黒い心臓を持った今なら、時間が経った死体でも問題なく抽出できるようですね。全然関係ないのですが、死体という言葉について、死体=動物、死骸=虫、遺体=人格を含めて人間(ざっくりですが)、で表現するそうです。意識したことがなかったので少し賢くなりました・・・

ルーン石も残っているので、さらなる成長が期待できますが、受け取るにはアメリカに所属しないといけないような雰囲気ですね。旬はどう判断するのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください