漫画「俺だけレベルアップな件」最新話170話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載している「俺だけレベルアップな件」制作DUBU(REDICE STUDIO)、原題・나 혼자만 레벨업 。

コチラは韓国の漫画サイトの内容を翻訳してまとめてみました。日本版と違うところがあれば、後ほど訂正いたします。

毎週金曜日に最新話が公開されます。(韓国版は水曜夜)

※前回のエピソードはコチラ

※登場キャラクター一覧はコチラ

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話170話のネタバレ

竜帝は口から炎を吐き、アダムの命を奪った。

電話越しにそれを察した旬は、自分の判断ミスだと思った。

戦いが長引けば長引くほどより強くなる影の軍団が相手だったので、戦場を減らしたい君主たちは、計画通りに8つのゲートを全て開けて、旬から最も離れたゲートに全兵力を集めたのだった。

このまま移動するにしても、全面戦争が始まるだけで、時間稼ぎの意味がなくなったので、どうするべきか、旬は考える。

その頃カナダでは、竜帝が、命や被造物などあらゆるものが失われていく音に酔いしれていた。

そして、ヨグムントともう一人の君主の準備が終わったので、竜帝は、全てを破壊しろと命じるのだった。

ハンター管理局にいたブレナンは、人間が太刀打ちできないものが押し寄せたので、全てが終わった、死んだのだと絶望し、酒に逃げていた。

この状況ならアメリカにもすぐ押し寄せるだろう、水篠旬ハンターがなるべくゲートから離れろと言っていた意味がわかった、世界は終わったのだと、一人ぼやく。

すると目の前に旬が現れ、カミッシーが残したルーン石を渡してほしいと言う。

ブレナンは、ハンター管理局の物だから断ろうとしたが、国自体が危うい状況で今更なんだと思い、ルーン石を渡すことにする。

用途を尋ねると、旬は、反撃に使うと答えた。

2人はルーン石のある地下へ。

ブレナンが、支配者はモンスターをこちらに送るとのことだが、ではモンスターの体に入っているこれらの石は何かと尋ねる。

旬は、人間とモンスターの戦いでこの地に魔力を根付かせたい支配者たちの狙いにより、モンスターを効率よく狩るためにモンスターが死ぬとモンスターの能力が自動的に封印されるものだと説明する。

これがあればモンスターを阻むことができるのかと問うブレナンに、旬は、やってみなければならないと答え、さらにもう1つ頼み事するのだった。

そうして旬は、セルナ夫人に会わせてもらった。

夫人が旬を見て、かつては深いところに闇があったが、今では闇そのものだと言うので、旬は、夫人が見た闇と自分が1つになったのだと言い、夫人に未来をみてほしいと頼む。

旬の手を取り未来を見たセルナ夫人は、旬が何もかも背負い、誰の記憶にも残らない孤独な戦いをするつもりであることを知り、涙を流すが、旬はその未来がくることを確認できればよかったようだ。

その後、一人になった旬は、お互い忙しくてなかなか会えなかった雫に電話をかける。

雫が、会いに来てくれると約束してくれるかと尋ねると、旬は、もう一度会いに行くよと約束するのだった。

アジアハンター連盟、欧州ハンター連合等々、世界中の数十万人のハンターが、戦場へと出発した。

竜帝は、私はここにいる、既に数千万人の命が失われた、いつまで隠れているつもりかと、遠く離れた旬にテレパシーを飛ばす。

旬は、すぐに会いにいくと答えるのだった。

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話170話の感想

アダムが死んでしまいました。大勢の人が亡くなってしまいましたが、よく知っているキャラクターが亡くなるのは悲しいですね。

君主たちの作戦ですが、死者を次々と仲間にできる影の君主を相手にするには、最初から全力で叩き潰さないと勝ち目がないのでしょう。消耗戦になると、影の軍団がどんどん増えていきますから。

だから君主たちは、旬がすぐに駆けつけることができないように、離れた場所で全軍団を集めたようです。

ゲートからでてすぐに攻撃されると、軍団が全員揃っていない状態で戦うことになるので不利ですよね。

皆の準備が整うまで、竜帝自ら場所を整えたのでしょう。

恐ろしいモンスターの軍勢を前に、ハンター管理局のブレナンは絶望し、ウィスキーを何本も飲んでいました。まともな精神でいられる人はほとんどいないと思うので、仕方ないですよね。

そんな酒に逃げているところに旬が現れ、ついにカミッシーのルーン石が使われる日がきました。115話でブレナンは、このルーン石の主が現れることを楽しみにしていましたよね。

どんなスキルが収まっているのか、とても楽しみです。

その後、旬はセルナ夫人に会いにいき、自分の未来がどこまで確定しているか調べにいきました。誰にも覚えられない孤独な戦いとは、意味深ですが、皆を守るために1人きりで頑張るようです。

夫人が泣くほどなので、途方も無いことなのでしょう。

でも旬は、雫にもう一度会いにいくと約束したので、成し遂げて戻ってきてくれるのでしょうね。

まとめ

・君主達は、影の軍団に対抗するため、旬から最も離れたゲートに現れ、全軍団の準備を終えた

・旬はブレナンに会いに行き、カミッシーのルーン石を受け取る

・セルナ夫人に未来を見てもらい、旬がやろうとしている誰にも記憶されない孤独な戦いが確定していることを確認する

・世界中のハンター数十万人が、戦場へとむかった


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください