漫画「俺だけレベルアップな件」最新話155話の翻訳ネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

※6月17日に更新予定の156話は休載だそうです。

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載している「俺だけレベルアップな件」制作DUBU(REDICE STUDIO)、原題・나 혼자만 레벨업 。

コチラは韓国の漫画アプリkakaopageの方の内容を翻訳してまとめてみました。日本版と違うところがあれば、後ほど訂正いたします。

毎週金曜日に最新話が公開されます。(韓国版は木曜)

※前回のエピソードはコチラ

※登場キャラクター一覧はコチラ

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話155話の翻訳ネタバレ

東京は避難する人々でごった返していた。

葵は母に、避難しないのか聞くも、どうせ戦地になるなら死ぬ場所は自分で決めたいとのこと。

葵は、お酒などまだ未経験のことが多いのに、何故死ななければならないのかと怒る。

母は、父がそうしたように旬が守ってくれると言う。

その頃旬は、ビルの屋上で奴らの気配を捜していたが、なかなか見つけることができずにいた。

あのゲートを防いだとしても、犠牲なしに終わることはできないだろうと考える。

護るべきものが増えた旬は、もし最期だとしたらとスマホを眺め、友達欄を見つめる。

その頃、雫は馬渕に稽古をつけてもらっていた。

だが最近の雫の剣に躊躇いが見られる、何かを怖れているのではないかと、指摘される。

馬渕が、自分の腕が失われたときの恐怖を話していると、雫に電話がかかってきたので中断する。

雫は、電話の主と少し話すと、頬を赤らめた。

そして馬渕に、予定ができたから稽古を中断したいと言う。

そうして雫は旬と遊園地デートへ。

目立つ2人は他の来園者から注目される。

旬は注目されることをあまり気にしておらず、こんな状況なのに意外に人が多いと言う。

このような所が好きなのかと雫に訊かれた旬は、特に好きではないが一度来てみたかったのだと答える。

雫が、何故自分を誘ったのかと尋ねると、友達は雫さんだけだ、天使像の前で友達だと言ったではないか(130話)と、旬は答える。

聞かれていたことに顔を真赤にする雫。

注目される2人の周辺に人が集まってくるので、旬は影の兵士を並べ、目隠し代わりにした。

雫がハンターになってから2年経つが、気楽に出かけることができたのは久しぶりだった。

心から楽しそうな雫の笑顔を見た旬は、来たがったのは自分だけではないのだなとホッとする。

その後、全てのアトラクションを試してみるが、戦闘慣れしている2人には乗り物全てが遅く感じられ、何の刺激もなかった。

旬は、本当に楽しめる物に乗ろうと誘い、2人でカイセルの背に乗り、夕陽を楽しむ。

雫は旬に、このような経験ができるのに、何故あの遊園地に行ったのかと尋ねる。

旬は、あの遊園地は、父が失踪したゲートが出現した場所だから、一度行ってみたかったのだと答える。

それを聞いた雫は、いつも助けてもらってばかりだから、きちんと挨拶しておきたかった、ありがとうと言う。

まだ見せたいものがあると言い、旬は彼女を、星空がよく見える場所まで連れていく。

雫と旬は寄り添いながら、流れ星が降る夜空を眺めるのだった。

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話155話の感想

ロマンチックなエピソードでしたね。

これまでにない旬の行動だったので、今回のゲートはかつてない戦闘になるのでしょう。旬と旬の軍団だけでなく、他国のハンターも呼んで総力戦にしないと厳しそう。

とりあえず、酷寒ら3君主が旬の命を狙っているので、ゲートが開くより先に襲ってくるのではないかと思います。酷寒以外の君主がどんな攻撃をしてくるか楽しみですね。

旬が最期に会う相手として選んだのが、雫でした。旬にとっても彼女は特別な存在でしたね。天使像戦で、雫も旬のために命を張りましたし。

家族や賢太は近い存在だからこそ、会わずとも気持ちを理解しあえるから、まだ気持ちが通じ合っていない雫を選んだのでしょうか。

まとめ

・旬は超大型ゲートは犠牲なしには攻略できないと考え、最期にと雫をデートに誘う

・デート場所は、旬の父が行方不明になったゲートが生成された場所だった

・旬と雫は恋人に?


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください