漫画「俺だけレベルアップな件」最新話129話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載している「俺だけレベルアップな件」制作DUBU(REDICE STUDIO)、原題・나 혼자만 레벨업 。

ピッコマにある小説版を参考にしながら、韓国の漫画アプリkakaopageの内容と照らし合わせてまとめてみました。実際に公開された漫画版と違う所があれば、後ほど修正致します。

毎週金曜日に最新話が公開されます。

※前回のエピソードはコチラ

※登場キャラクター一覧はコチラ

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話129話のネタバレ

影の君主が勝利したはずだったが、突然空に巨大な赤と青のゲートが発生した。

青のゲートからは、悪魔城でみた家門リカード、フェイトス、エシルがいたラディール家等の旗を掲げた、悪魔の軍隊が現れた。

赤いゲートからは、真っ白な巨大な狼が率いる魔獣の軍隊が現れた。

影の君主はそれらと睨みあう。

一方カルテノン神殿では、負傷者は後方へ運べと最上が指示を出す。

迫る石像たちとハンタースで戦闘が始まるところだ。

天使像は、私の人形が全て倒れるまで生き残っていた者には、栄光なる王の誕生を見届ける機会を与えると言い出した。

一人でも生き残れたらなと、神像の光線でハンターたちを狙った。

避けろと叫ぶ最上は、光線を放った神像の顔面に炎の塊をぶつけ、この隙に石像を破壊しろと指示。

犬飼が渾身の力で石像を殴るが、石像はびくともしない。

その石像に最上が火球をぶつけたが、石像は物理耐性も魔法耐性もあった。挑発スキルも効かず、念動力魔法も効かなかった。

打つ手がないので、水篠旬を目覚めさせるしかないと、最上が棒立ちの旬に火球を飛ばす。

だがそれを天使像が防ぎ、王の眠りを妨げるのかと言い、最上に襲い掛かった。

最上の危機に、犬飼とハンタースの近接職が天使像を押し戻す。

犬飼は雫に、ここは自分達が対応するから、水篠旬ハンターを目覚めさせてくれと頼む。

旬に向かって真っすぐ突き進む雫。

一方その頃、旬は影の軍団と悪魔&魔獣軍団の戦闘を見ていた。

影の兵士がどんどん破壊されても復活を繰り返していたが、今の旬では魔力が底をつくだろうと考える。

一体どれほどの魔力を持っているのか想像もつかない。

この戦争がモンスターと天空の兵士達との戦いだったら、モンスター同士で戦うことにはならなかったはず、影の君主はモンスターではないのか、そうでなければ内紛なのかと考える。

影の君主が悪魔族の王に、今日こそ奴らとの戦いを終わらせられたのに、何故私を裏切ったのかと問う。

悪魔族の王は、貴様を倒すチャンスだったのに惜しかったなと笑う。

影の君主は、再度なぜかを問う。

悪魔族の王は笑いながら、旬には聞き取れない言葉で何かを語った。

その言葉は影の君主を怒らせ、影の君主は悪魔族の王を殺した。

その悪魔族の王の目つきは見覚えがあった。

影の君主がその兜を外すと、中身は悪魔王バランだった。

何故・・・と思う影の君主と旬の意識は重なり、いつの間にか影の君主は旬になっていた。

一体いつの間に、何故気づかなかったのかと思う旬。

旬の体内に、影の君主の心臓が宿っていた。

旬が振り返ると、天空の兵士達が彼の傍まできていた。

そして、ロードしたデータが終了したと、システムが告げるのだった。

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話129話の感想

影の君主は、悪魔と魔獣の軍団に裏切られた上に、最期には天空の兵士達の襲撃を受けたようですね。

連戦でさすがの魔力も底をつき、敗北することになったのでしょうか。何故影の君主がここまで狙われたのか、バランは何を話したのか気になります。

一方、ハンタースは大変なことになりましたね。最上でさえも、石像すらまともに倒すことができません。当然、神像も天使像も無理でしょうね。

こうなったら旬を起こすしかないと、雫がその命を受け向かいました。ちょうど旬のデータ読み込みも終わったので、もう少しで覚醒しそうですが、それまでハンタースがもつかどうか心配です。

とりあえず今回わかったのは、影の君主は裏切られたため命を落とし、その命が天使像のシステムによって旬に授けられたようですね。

まとめ

・影の君主は同族に裏切られ敗北した

・ハンタースは石像を破壊することもままならないので、旬を目覚めさせることに

・旬の体内には影の君主の心臓が宿っていた


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください