漫画「俺だけレベルアップな件」最新話128話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載している「俺だけレベルアップな件」制作DUBU(REDICE STUDIO)、原題・나 혼자만 레벨업 。

ピッコマにある小説版を参考にしながら、韓国の漫画アプリkakaopageの内容と照らし合わせてまとめてみました。実際に公開された漫画版と違う所があれば、後ほど修正致します。

毎週金曜日に最新話が公開されます。

※前回のエピソードはコチラ

※登場キャラクター一覧はコチラ

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話128話のネタバレ

天使像は、答えは旬の中にある、選択は任せると言う。

旬の目の前には、メモリに保存されたデータを読み込みますか・Y/N、というウィンドウが出ていた。

旬は緊張しながら、イエスと答えた。

すると旬達を中心に光リ輝き、旬はその光に飲まれる。

精神状態になった旬は、とてつもないモンスターの群れの上空にいた。

モンスターたちが上を見上げているので、何があるのだろうと旬も目線の先を見る。

そこは、いくつもの巨大なゲートのある紫色の空だった。

ここは地球ではないのかと驚く旬。

アイスエルフ、ハイオーク、ゴブリン、多種多様なモンスターたちがじっとゲートをみあげているので、もしこれらのモンスターがゲートの先へ出てしまえば、人類に勝ち目はないだろうと考える。

だがモンスターの敵は人間ではなく、ゲートを押し割り現れた、銀色の鎧を着た天空兵士の軍勢であった。

モンスターたちは力を合わせて、天空の兵士達と戦った。

天空の兵士達は強く、モンスター達は全滅しそうだった。

だが、破竹の勢いでモンスター達を殺す天空の兵士達は、一人二人と動きを止めていった。

影の抽出に、君主の領域、旬のよく知るスキルが目の前で展開された。

不死の軍隊を持つ、影君主がそこにいた。

旬とは比較できないほど、膨大な数の軍隊を作りあげた。

モンスターは不死の軍隊として生まれ変わり、再び天空の兵士と戦争になった。

先ほどまでは一方的な戦争だったが、ただ一人の登場が、戦争の運命を変えてしまった。

影君主も旬と同じで自ら戦い、スキル・支配者の権能も使った。

影君主によって、モンスター達が勝利した。

彼らが現れるまでは。

一方その頃、協力要請された最上と雫が、犬飼の案内で二重ダンジョンの扉の前に到着した。

扉の奥から尋常ではない魔力を感じるが、旬のものではないので、雫は困惑する。

犬飼は、二重ダンジョンのモンスターを倒したのは自分ではないと旬が言っていたことを思い浮かべ(64話)、それならば何故またここにきたのか、偶然ではないだろうと考えた。

扉を開けると、破壊された石像と巨大な神像が目に入り、犬飼らは驚く。

すると、人間を招いた覚えはないのにと言い、天使像が笑みを浮かべて立ち上がる。

モンスターが言葉を喋ったと、ハンタースのハンター達は唖然とする。天使像は、王の睡眠を邪魔するな、静かにしろと、口に指を当てる。

王と呼ばれた旬は、意識がここになく、ただじっと立っていた。A級ハンターの一人が、水篠旬ハンターはあそこで何をしているんだと呟くと、天使像が一瞬で3人のハンターを殺した。

そして、強い人間は王の最初の供物にちょうどいいと言うのだった。

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話128話の感想

モンスター達が戦っていたのは、天上から現れ、白銀の鎧に真っ白な翼、まさに天使ですね。

モンスターたちが不死の軍団となるまでは、天空の兵士たちに一方的にやられていましたが、修復と復活可能で君主の領域の付加がついた不死の軍団は、あっという間に劣勢を巻き返しました。

すごいスキルですね。それだけを動かす膨大な魔力が必要です。いつか旬もあれほどの軍勢を使役することができるのでしょうか。

しかし圧倒的な影の君主も、何者かには勝てなかったようです。ヨグムントや酷寒でしょうか。毛皮男も。何者かは次回にわかりそうですね。

二重ダンジョンですが、最上たちは入ることができましたね。いきなり数人殺されるという悲惨なことになりましたが。

天使像は、王の供物にすると言っていたので、旬の影の兵士に加えるつもりでしょうか。そんなことをしたら、戻ってきた旬に、天使像は破壊されそうですね。

しかし旬が戻るまでに、ハンタースは何人生き残れるのでしょうか。

まとめ

・旬は、精神世界で本来の影の君主の記憶を見ることになる

・影の君主は膨大な不死の軍団を率い、天空の兵士の軍団と戦い、勝利した

・二重ダンジョンに入ったハンタースの最上・雫・A級ハンター達だが、王の最初の供物にすると言われ、天使像にA級ハンター達が殺される


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください