漫画「俺だけレベルアップな件」最新話97話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※最新話も含む全話一覧はコチラ

ピッコマにて小説版が連載スタートしましたので、そちらを参考にしながら、韓国の漫画アプリkakaopageの内容と照らし合わせてまとめてみました。実際に公開された漫画版と違う所があれば、後ほど修正致します。

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載している「俺だけレベルアップな件」制作DUBU(REDICE STUDIO)、原題・나 혼자만 레벨업 。

主人公のハンター・水篠旬が、強さを求めただ一人レベルアップしていく、大人気のアクション&ファンタジー系の漫画です。

毎週金曜日に最新話が公開されます。

※前回のエピソードはコチラ

※登場キャラクター一覧はコチラ

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話97話のネタバレ

日本チームは、産卵場所の兵隊蟻と戦っていた。

1匹1匹がS級に匹敵するが、所詮モンスターなので、あらゆる技術を駆使するハンターには敵わない。

町田が盾で止めた蟻を、雫が華麗に切り裂く。

思ったより硬いと言う雫。

町田は、兵隊蟻だから普通の蟻とは違う、数が少ないのが救いだと話す。

心配しないでください、僕がサポートしますという美濃部。

美濃部を茶化す白川に、そっちこそ初心者のような狩りをしないでくださいと言い、美濃部は持っていたメイスで蟻の頭を叩き潰す。

蟻は頭を落とされても数十分は動くことができるので、手足を斬り落とすとかきちんと動けないように始末してくださいと。

まだ女王蟻の部屋ではないので、ここのの蟻は、旧世代のようだった。

この先は第二世代の蟻が出てくるだろうと白川が言うと、では準備していきましょうと言い、美濃部が皆にバフをかける。

それぞれに合ったバフをかけてもらい、力がみなぎる一行。

これで各々数匹ずつ相手するのはどうか、僕もA級程度の攻撃力はあると言う美濃部。

白川はヒーラーのくせにおかしな奴だ、ここは任せて後ろで見ていろと言い、ニヤっと笑うのだった。

その頃、DFNチーム。

ケン達Cチームと連絡がとれなくなったため、イザとKのDチームが彼らの元へ向かう。

蟻の死骸が転がっている場所に到着。

戦闘の跡があり、地面に血まみれのシーマの眼鏡が落ちていることに気づく。

仲間の首無し死体を見つけ驚愕するイザ。

すると突然Kが吐いた。

これまで嗅いだことのない悪臭が彼を襲ったのだ。

藪から異様な魔力を感じ、Kは周囲に物凄い勢いで氷をまき散らす。

だが一閃で、Kは氷とともに切断されるのだった。

日本チームはバフの甲斐あって、5分もかからず湧き出た親衛隊を制圧していた。

特に雫の活躍はすごかった。

ここまで15分かかったので、戻る時間を考えれば、あと30分以内に女王蟻を始末しなければならない。

匂いで、女王蟻と親衛隊の近くまで来たことに気づく雫。

白川が魔獣の眼を使い、洞穴の奥をスキャンする。

すると巨大な女王蟻と護衛を発見する。

町田は、このメンバーなら自分が女王蟻をひきつけている間に、他の蟻を処理できるだろうと判断する。

最上は、普段は力をセーブしているが、今日のようなときに加減するのはもったいないですねと言い、炎の龍を蟻にぶつける。

黒須も白川も同じ気持ちだ。

白川は完全にライオン人間のように魔獣化し、その剛腕で蟻の頭部を握りつぶすのだった。

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話97話の感想

日本チームは今の所順調に進んでいますね。

S級ヒーラーだけあって、美濃部はとても優秀ですね。それぞれの特性にあったバフをかけることができる上に、攻撃力もA級程度あるとのことなので、普通の蟻なら始末することができます。

今回の討伐戦は、最強の呼び名を持つ最上を超える、魔力持ちの雫がいるので、このまま女王を討伐できるかもしれません。DFNチームが蟻の集団をひきつけていてくれるから可能なのでしょう。

そのDFNチームですが、どんどんとやられています。あの蟻兵士は、Kが突然吐くほどなので、相当な魔力を持っているようです。

このままDFNチームが全滅してしまうと、日本チームも危うくなってしまいます。リューはなんとか応戦できるでしょうか。

日本で放送されているのは、日本チームの快進撃だけなので、旬はまだ気づかないかもしれませんね。

まとめ

・連絡のとれなくなったDFNのCチームの所に、イザとKのDチームが駆け付けるが、最強蟻の襲撃をうける

・日本チームは、美濃部のバフのおかげで、15分間で女王蟻の部屋前まで進んだ

・残り30分、日本チームと女王蟻との戦いが始まった


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください