漫画「俺だけレベルアップな件」最新話149話の翻訳ネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載している「俺だけレベルアップな件」制作DUBU(REDICE STUDIO)、原題・나 혼자만 레벨업 。

コチラは韓国の漫画アプリkakaopageの方の内容を翻訳してまとめてみました。日本版と違うところがあれば、後ほど訂正いたします。

毎週金曜日に最新話が公開されます。(韓国版は木曜)

※前回のエピソードはコチラ

※登場キャラクター一覧はコチラ

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話149話の翻訳ネタバレ

アダムは、水篠ハンターと戦いたくないと言っていたから、リウ・ヂーガンの発言は悪い意味ではないのでは、とフォローする。

そこへブレナンがやってきて、どういうわけか旬をセルナ夫人のところまで案内した。

セルナ夫人は、この頃毎日、最上級のハンターが何者かに狩られる夢ばかり見る、そして数日後にそれは現実となって現れるのだと話す。

クリストファーのことも夢で知り、彼に警告したのだが聞き入れてもらえず、あのような結果になった、ハンターを狩るこれらは止まらないので、世界を支えてくれた強力なハンターが続けて死んでいくと言う。

旬が、注意するよう自分に警告してくれたのかと尋ねると、セルナ夫人は、ハンターを守って欲しいと答える。

セルナ夫人は、夢で狩る者達の顔を覚えようとしたが上手くいかず、旬の目を覗いたときと同じ能力を使い、それらの実体を確認しようとしたそうだ。

だがそれらの途方も無い力を目にしたとき眠りから覚めるしかなかった、そしてそれらは、戻って大人しく戦争を待っていろと言ったのだと言う。

それがレギアから聞いた支配者と君主の戦いだと察した旬は、ハンターを狩っているのはどちらなのか考える。

セルナ夫人の話が、どうして旬が守ることに繋がるのかと尋ねると、その者達と旬の力が同じだからとのこと。

夫人が影の君主の力を見たのならば、ハンター狩りをしているそれらは君主である。

ブレナンは、ハンター以上の存在であるそれらに対抗するには対等な力を持ったハンターが必要だ、ハンター管理局は水篠ハンターでないと防げないという情報に半信半疑だったが、昨晩のトーマスとの戦闘を見て考えを改めたと話す。

協力してくれるならカミッシーのルーン石でも何でも用意することができるとブレナンは提案するが、旬は、敵をよく知らないからと断る。

立ち去る旬に、ブレナンとセルナ夫人が戸惑う中、アダムは、世界中を敵に回しても家族を守るという旬の発言を思い出していた。

旬は立ち止まると、その名簿に書かれたハンターと会う席でも用意してもらえば良いと、アダムに伝える。

国際ギルドカンファレンス最終日に、ハンターの夜という宴会が開かれ、すっかり良くなった賢太とともに旬は宴会に参加した。

モンスター処理専門業者が、巨人族を買い取りたいと声をかけてきたので、レイド担当の旬ではなく、ビジネス担当の賢太が対応する。

アダムが旬のところに例の名簿を持ってきた。

ハンター管理局では、ハンターの活躍を点数化しているのだが、そのハンターポイントの最上位10人の護衛を頼むことになると説明する。

ちなみに旬は、巨人族の記録まで含まれれば、3位か4位になるとのこと。

1位はトーマス・アンドレ、2位はリウ・ヂーガン、3位クリストファー・リード、4位シッダルト、・・・覚えるのが面倒だと思った旬は、とりあえず宴会の参加者に影兵士をくっつけておくことに。

これで誰が敵で、誰が味方かわかる、また誰とどう戦うのかも把握することができる。

会場にギブスを着けたトーマスがやってきた。

トーマスは、この前の戦闘でヒーラーの治療が受けられないほどのダメージを負い、完治には時間がかかると言われるほどだった、旬の実力であればスカベンジャーギルド全員始末することができたのに、騒動を起こした右京以外は誰一人死ななかった、何故自分達を生かしてくれたのか、と旬に尋ねる。

旬は、死に値するほどの罪ではないと答える。

それを聞いたトーマスは、右京の葬儀は最上級のものを行う、死ぬほどの罪を犯した人間だが葬儀程度は見逃してくれと言う。

腕が治ったら食事でもしたいと言い残し、トーマスは帰った。

ローラはトーマスの代わりに旬に丁寧にお礼を言い、トーマスは世話になったらお返しをしなければ気の済まない性格だから、望むものがあれば教えて欲しいと言う。

旬は、使える短剣が欲しいと答えた。

ローラが去ると、アダムは、名簿に載っているハンターまで案内しましょうかと旬に声をかけるが、旬は断り、それよりも何故一人いないのかと尋ねる。

どうして知っているのかとアダムは戸惑いつつ、そのハンターは数日前から連絡がとれず、秘密裏にブラジル政府まで捜し始めたが見つけることができないとのこと。

残ったのは7人かと、険しい目つきになる旬。

その頃、日本の後藤会長は、近頃心臓が震えが止まらず気になっていた。

もともと心臓の調子は良くなかったが、最近特に酷く、主治医にすぐに仕事を辞める様言われていたのに無視していたから、そろそろ限界になのかと考える。

何故まだ来ないのかと妻から急かす電話がかかってきたので、すぐに行くと答え、背もたれに寄り掛かる。

その瞬間、尋常でない何かを感じ取り、外を見る。

だがそれはもう室内にいた。

酷寒が怪しげな笑みを浮かべて、ソファーに座っているのだった。

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話149話の感想

そういえば後藤会長も、S級ハンター並みに魔力を持っているのでしたね。ハンターではないので実力のほどはわかりませんが、君主の酷寒相手にどこまで戦えるものなのでしょうか。

心臓が限界なこと、奥さんからの急かす電話と、なんだか死亡フラグが立っている気がします。夫が戻ってこないと後藤会長の奥さんがハンター協会に連絡し、職員が後藤会長の無残な姿を発見する展開になるのではないかと心配です。

旬の方は、セルナ夫人とブレナンから、ハンター達を守るよう依頼されましたね。旬は変わらず慎重なので、そう簡単には依頼を受けません。でもいつも自分に良くしてくれるアダムには思うところがあるようで、彼には協力する姿勢をみせました。

国家権力級について、143話でカミッシーが「왕이시여 네 명의 인간이 지배자들의 힘을 빌렸습니다(王よ四人の人間が支配者の力を借りました)」と発言していたので、支配者の力をもつのは残り4人の国家権力級だと思っていました。

でも今回の旬はブラジルのハンターが行方不明になっていることについて「그럼 남은 사람은 모두 일곱 명(では残った人は全七人)」と言っていたので、なんだか数が合わないですね。

君主であればレギアとバランは死亡しているので、9人中7人生存で数は合うのですが。

酷寒が後藤会長のところに現れたのは、後藤会長が光の破片=支配者の力を持っているからでしょうか。カミッシーレイドで支配者の力を得た人物が残り4人、他に所持しているものを含めると計7人ということですかね。

魔気が濃い場所は君主の数と同じで9つ。支配者の力を持つ者は全部で7人、とりあえずこの数だけ把握できていればいいのかな。間違っていたらすみません。

あとトーマスは見た目が豪快なだけで、普通の感性の持ち主でしたね。他のハンターと違い、旬にすがろうとはしないので、今後も旬と仲良くやっていくのではと思います。

まとめ

・セルナ夫人とブレナンは、ハンターを狩る者と同じ力を持つ旬に、最上級ハンター達を守って欲しいと依頼する

・旬は、国際ギルドカンファレンスの宴会の出席者全員に影をつけ、情報を集めることにする

・後藤会長のところに酷寒が現れた


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください