漫画「俺だけレベルアップな件」最新話139話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載している「俺だけレベルアップな件」制作DUBU(REDICE STUDIO)、原題・나 혼자만 레벨업 。

ピッコマの小説版を参考にしながら、韓国の漫画アプリkakaopageの内容と照らし合わせてまとめてみました。実際に公開された漫画版と違う所があれば、後ほど修正致します。

毎週金曜日に最新話が公開されます。

※前回のエピソードはコチラ

※登場キャラクター一覧はコチラ

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話139話のネタバレ

クリストファーは、セルナ夫人に数回お世話になったが、冗談を言い合うような仲ではないはずだと凄む。

セルナ夫人は、クリストファーが男たちに囲まれて殺される夢を見たと話す。

クリストファーは、わざわざ遠いところから訪ねてきて言うことが、夢の話なのかと苛立つ。

夫人の独特な力は、覚醒者になる前は霊能力者だったからではと指摘するクリストファーは、自分は国家権力級ハンターだ、誰にも殺されないと言う。

夫人がそれでもと話を続けようとするので、クリストファーは、たとえそれが予知夢だとしても、国家権力級を誰が守れるのかと声を荒げる。

セルナ夫人は、水篠旬ハンターなら可能かもしれないと答える。

一方その頃、旬は王を殺したことが間違いではなかったと考えていた。

特殊な鎖で封印されてもなお圧倒されたあの君主が、完全に解放された状態で動き回ったらどうなったかと考えたのだ。

もっと強くならなくてはと思う旬。

旬が巨人を倒したことは、あっという間に世界中に広まった。

海を越えて移動した巨人は、中国のリウ・ヂーガンが倒した。

DFNのゲオ会長は、自分なりの責任を負うつもりなのか、自首した。

メリーランド州のS級ゲートを攻略したアメリカのハンター達は、政府主催の祝賀会に参加していた。

トーマス・アンドレは、旬が生き残るかどうかで賭けをしていたハンター達(134話)のところまで行くと、賭けで負けたのだから払えと要求する。

適当にからかい、ネクタイだけもらう。

トーマス・アンドレのマネージャー・ローラは、国際ギルドカンファレンスの参加名簿に、我進ギルドの名前があったことを報告する。

水篠旬がアメリカに来るのかと、トーマス・アンドレは笑みを浮かべる。

その頃、賢太は、旬の召喚獣とその実力を見て驚いているDFNの人々の反応に、やはり水篠さんはすごいと誇らしく思っていた。

そんな中、賢太に電話が。

賢太は旬に、家に問題がおきたから帰国すると言う。

電話越しの母の声が震えていたのが気になったが、もしかしたら何でも無いかもしれないと思い直し、賢太は空港に向かう。

賢太が日本の空港に着くと、父親の秘書が待っていて、詳しいことは移動中に説明すると言う。

病院に到着し、最期の睡眠状態に入ってしまった父を見る賢太。

魔力をコントロールできないハンターは、病状を悪化させるので、賢太は父の病室に入ることはできなかった。

自分は役に立たない息子だと落ち込む賢太に、秘書は、諸菱父のスクラップ帳を渡す。

賢太のことばかりまとめられたスクラップ帳を見て、好きな記事をまとめておくのはそっくりだと呟く。

秘書は、子供たちのコンクールやコンテストなど、最近のことまで全てまとめておられたと言う。

父が自分を愛し、期待してくれていたと知った賢太の涙が、ぽたぽたとスクラップ帳に落ちる。

秘書に促され、賢太は一旦家に帰ることに。

ふと後ろに気配を感じたが、振り返っても誰もいなかった。

賢太が去ると、旬が隠密を解除し、その姿を現した。

旬は賢太の父に命の神水を使った。

賢太の姉・美希が病院に到着し、見覚えのある人物とすれ違う。

父の病室に向かうと、最期の睡眠状態だったにも関わらず、父が覚醒していた。

こんなことがあるなんてと、医師たちは驚く。

病院から出た旬は、騒がしくなった病室を眺め、少し早いが賢太への誕生日プレゼントだと呟き、その場を立ち去るのだった。

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話139話の感想

S級ゲート騒ぎ終了後、ガラっと内容が変わりましたね。

国家権力級が命を狙われるという、目的も犯人もわからない件です。クリストファーは、誰かに酷く恨まれているのでしょうか。右京ほどの極悪さは感じないので、それほど恨みを買っているようには見えないのですよね。

セルナ夫人は、旬ならクリストファーを守れると教えました。クリストファーはセルナ夫人を信じ、旬に依頼するでしょうか。旬は慎重なので、そう簡単に依頼を受けたりはしないでしょうけど、国家権力級が狙われるという意外性に興味を持つかもしれないです。

また、旬がアメリカに呼ばれたので、トーマス・アンドレと接触することになりそうです。このように国家権力級ばかり出てくるので、S級の右京程度ではパっとしないですね。右京はすっかり影が薄くなってしまいましたが、今どうしているのでしょう。アーティファクトがあっても、もう旬には勝てないでしょうね。

今回は、心があたたまるようなエピソードでした。賢太は賢太の父の愛を知り、旬は賢太の父を治しました。やはり親友の涙を見て、そのままにしておけなかったのでしょうね。貴重な命の神水ですが、賢太の心を救うことができて良かったと思います。

まとめ

・セルナ夫人は、旬ならクリストファーの命を守れると言う

・アメリカで開かれる国際ギルド会議に、我進ギルドが招かれることになった

・目覚めることのない最期の睡眠に入ってしまった賢太の父を、旬は命の神水を使い、救った


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください