漫画「俺だけレベルアップな件」最新話161話の翻訳ネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載している「俺だけレベルアップな件」制作DUBU(REDICE STUDIO)、原題・나 혼자만 레벨업 。

コチラは韓国の漫画アプリ(kakaopage kakaowebtoon)の方の内容を翻訳してまとめてみました。

毎週金曜日に最新話が公開されます。(韓国版は水曜22時30分)

※前回のエピソードはコチラ

※登場キャラクター一覧はコチラ

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話161話のネタバレ

獣の王に背中から胸を貫かれた旬は、レベルが上がった今ならこれくらい治せるのではと考えるが、酷寒に正面から氷の短剣で刺される。

旬が完璧な君主ではないから回復できないだろうと言う酷寒。

君主達の軍団が到着し人間を殲滅すること、だが旬のいる国だけは酷寒が直接凍らせて永遠に苦しめると言い、旬をあざ笑った。

旬は死亡したが、黒い心臓を持っていたため、パッシブスキル・不明の要求条件を全て満たすことができた。

不明が発動すると、旬は無傷の状態で病院のベッドにいた。

君主に胸を貫かれたことを思い出すが、夢か現実かわからず、そこへ入ってきた犬飼との会話で、自分だけが過去に戻ったことに気づく。

その後、旬は考えたいからと1人にしてもらう。

見た目やステータスはLv.146の時のまま、倉庫に入れておいたカミッシーの怒りなどもそのままで回帰したようだった。

過去と同じように、葵が病室にやってきたが、旬のあまりの変わりぶりに、一瞬他人かと間違う。

旬は、ハンター協会にハンターを辞めると伝えにいくと言い、葵には学校に行くよう促す。

病院の前で待っていたりんにも、ハンターは諦めて学校に通うように促す。

影の兵士はいなくなってしまったので、また集めなければならなかった。

どうして過去に戻ったかと困惑しながら、旬はハンター協会へ。

魔力を再測定し、S級だと確定した後、1人でさっさと後藤会長の部屋へ向かう。

途中のエレベーターで、旬は道門と一緒だった。

道門は、また悪いことを企みニヤニヤしていたが、突然隣にいた旬に、隠密スキルを持っているのに報告しなかったことなど指摘される。

腰の短剣に手を伸ばす道門だが、既に旬に抜き取られていた。

旬は、お前に娘の復讐を頼むものが現れるが、犯罪者はどうでもいい、ただ罪のない人を傷つけるなら殺すと言い、道門を脅した。

混乱する道門を放置し、旬は後藤会長のところへ向かった。

生きている後藤会長に会い、一瞬目を見開く旬だが、初対面を装って接した。

旬の目の前には、世界の再起動を選択するウィンドウが現れた。

後藤会長は旬が手続きに来たと思い、今後の話をしようとする。

旬は、架南島で兵を補充したかったので、ハンターの召喚獣も攻撃チームの人数に含まれるように規則を変えてほしい、代わりに架南島の蟻を全て捕まえると提案した。

とんでもない提案に、後藤会長は驚くが、旬が国家権力級を超える魔力を放っていることに気づく。

過去をなぞる間、世界の再起動の選択ウィンドウは、旬の目の前にずっと表示され続けていた。

架南島でベル達を配下した旬は、この全てが偽物だとわかっている、正体を見せろと怒鳴った。

すると旬の周辺が岩場から真っ暗な世界に変わり、前の影の君主が姿を現すのだった。

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話161話の感想

現時点で最新話は162話まで韓国で公開されているのですが、以前のようにピッコマで公開されている範囲でネタバレしようかと思います。

さて、パッシブスキル・不明は、旬を過去に戻すもののようでしたが、再起動するかの選択が出ているので、旬の精神だけ偽りの過去に戻ったということでしょうか・・・?

再起動してこのような世界を歩み直すことができるよという、サンプルみたいなものなのでしょうか。

現実では、旬が幻想を見ている間、あの酷寒や獣の王が暴れているかと思うと、かなり悲惨ですね。

タイムリープや転生物で毎回思うのですが、実際に転生したわけではなくて、本人の魂だけが、自身を癒すためにそのような夢を見ているだけなのではと、ねじ曲がった考えを持ってしまいます。

(ちなみに、タイムリープは意識・精神だけの時空の移動、タイムトラベルは体ごと移動の使い分けがあるようです。)

旬の過去戻りこそまさにそれで、現実では何も変わっていないとか恐ろしいですね。

でもここで、再起動を選択すれば、本当に全てが巻き戻るのかもしれません。それだけの力が黒い心臓にはあり、設計者にも因果律に干渉できる技術があったのですかね。そこまでの実力者なら、失うにはもったいない才能ですが、人類には害でしかないのですよね。

さて、旬に力を譲った前の影の君主が登場しました。初めて旬と直接会話するのではないでしょうか。

どのような会話になるのか、何を望んでいるのか、次回ではっきりするといいですね。

まとめ

・プレイヤーである旬の死亡、黒い心臓所持で、パッシブスキル・不明の発動条件が揃い、旬は二重ダンジョン後の病院にタイムリープした

・レベルとアイテムはそのままで過去へ戻ったが、影の兵士は失われたので、すぐに協会でS級ハンターの再登録をし、後藤会長に交渉して、架南島の蟻を兵士に変える

・旬の目の前には、世界を再起動するかどうかのウィンドウが現れ続けていたので、旬は姿を見せろと怒鳴り、前の影の君主を呼び出した


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください