漫画「義家族に執着されています」全話エピソードネタバレ一覧|登場人物まとめ

無料漫画アプリ・LINEマンガにて連載中の「義家族に執着されています」作画:seungu、原作:Han Yoon seol、原題:시월드가 내게 집착한다

ペレシャティは、愛していた継母・義妹・恋人に殺されるが、過去に戻った。裏切り者達から遺産と命を守るために、呪われた家門と噂されるラピレオン大公を頼り、1年の契約結婚をする。1年経てば離婚するだけなのだが、夫だけでなく義家族までも、ペレシャティに執着し始めるのだった。

恋愛ファンタジー漫画です。毎週月曜に最新話が更新されます。

見やすいように一覧を作りました。青字のところから、各エピソードに移動できます。

購入や考察の参考にしてください。

漫画「義家族に執着されています」全話エピソードネタバレ一覧

~4話5話 6話 
7話8話9話
10話11話12話
13話14話15話
16話17話18話
19話20話21話
22話23話24話
25話26話27話
28話29話30話
31話32話33話
34話

漫画「義家族に執着されています」登場人物まとめ

ペレシャティ・ラピレオン(ペレシャティ・ザハルト)

ザハルト伯爵の一人娘。愛称シャシャ。爪を噛む癖がある。

実の両親が亡くなり、ペレシャティが遺産を相続すると、夫のシーフ、継母とその連れ子レイナに、毒のような呪いで殺される。

その後、何故か父が亡くなってすぐの頃にタイムリープする。ただの伯爵令嬢の自分に力がないことはわかっていたので、戦争マニアと呼ばれるラピレオン大公に交渉しにいく。

そこで、ラピレオン家の呪いと、復活するペレシャティ自身の謎の体質を知り、1年の契約結婚をすることに。

テルデオ・ラピレオン大公

無愛想。愛称テオ。

長期に渡ったシュワーツ王国との戦争で勝利に導く。

昔、粘り強くアプローチしてきた令嬢と結婚したが、初夜も夫人の部屋を訪ねることもなく二ヶ月も経たずに離婚したことがある。

皇女との縁談を避けるために、ペレシャティと契約結婚をするが、後に溺愛予定。


呪われたラピレオンの血筋は生まれながらに体に毒を持ち、数滴の血で人を一瞬で殺せる。また、毒耐性もあるので一般的な毒では死なない。

先代ラピレオンは、過去に先代皇帝を助け、カスター帝国が大帝国へと飛躍するのに貢献し、大公の爵位をもらった。以前からラピレオン家は、皇室の最側近として、戦争や反乱軍制圧を導いていた。

セルフィウス・ラピレオン

テルデオの亡き兄の息子で、母親はセルフィウスを捨てて出ていったので、テルデオが養子として引き取り、後継者にした。

現在8歳。愛称セルフィー。特に強い毒性を持つ。

セルシア・ラピレオン

テルデオの姉。当主になるはずが、事故で夫と息子を呪いで死なせてしまい、爵位を継がなかった。

フィニアス・ラピレオン

テルデオの叔父。家門の主治医。

アイレット・ラピレオン

ラピレオンの傍系血族。血の流出事件で、テルデオに保護される。

出生届を出されず、医師の父親に血を抜かれていた。

グローリア・ラピレオン

先代大公夫人。テルデオの祖母。

同じ家門同士で結婚した。ラピレオンにしては社交活動を行った、帝国の有名人。

ジェン

ラピレオンの傍系血族。以前、フィニアスと一緒に働いていた医師だった。

自身の娘アイレットから血を抜いて、ラピレオンの血を流出させていた。

バッハ・モルトン子爵

テルデオの補佐官。

モルトンの家門は代々ラピレオン家に仕えているので呪いのことを知っている。

モルトン長男

ラピレオン家の、首都の屋敷の管理人。

レイモン卿

エリート騎士。テルデオに命じられ、ペレシャティの護衛を行う。

間違った思い込みで、一度ペレシャティを危険に晒してしまう。

レベッカ・ナイツ

ナイツ男爵家の令嬢で、ペレシャティの専属侍女。

アデウス・フォーツン子爵

子爵家次男。レベッカをラピレオン家に紹介したレベッカの友人。社交界に詳しいらしい。

ザハルト伯爵夫人

ペレシャティの継母。

レイナ

継母の連れ子。過去では、ペレシャティを騙し、シーフと付き合っていた。

シーフ

ペレシャティの元恋人。平騎士。

ドドレア・カスター

カスター帝国の第4皇女。過去では先天的体が弱く、死を待つのみだったが、現在は克服した。

テルデオに執着しており、毎日何通も手紙を送っている。

デクレン・カスター

カスター帝国、皇帝。

ダリア・カスター

皇太女。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください