漫画「義家族に執着されています」9話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・LINEマンガにて連載中の「義家族に執着されています」作画:seungu、原作:Han Yoon seol、原題:시월드가 내게 집착한다

ペレシャティは、愛していた継母・義妹・恋人に殺されるが、過去に戻った。裏切り者達から遺産と命を守るために、呪われた家門と噂されるラピレオン大公を頼り、1年の契約結婚をする。1年経てば離婚するだけなのだが、夫だけでなく義家族までも、ペレシャティに執着し始めるのだった。

恋愛ファンタジー漫画です。

毎週月曜に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「義家族に執着されています」9話のネタバレ

割れる音がする方へ、ペレシャティとモルトンが駆けつけると、メイド達が、セルフィウスが置物を投げて手から大量に出血したが、部屋から追い出されて治療ができないと報告した。

モルトンが、すぐにテルデオの馬車を追いかけるように指示する。

ペレシャティは、自分がセルフィウスにつくからと、モルトンにメイド達を任せた。

ペレシャティが救急箱を持ってセルフィウスの部屋に入ると、セルフィウスの投げたものが額にあたった。

セルフィウスは驚いたが、どこまでバカにするのかと怒鳴り、布団にくるまってしまった。

部屋の中は荒れ、血が飛び散っていた。

セルフィウスは、声をかけてくるペレシャティを追い払おうとするが、自分のせいでペレシャティが額から血を流しているのを知り、大公に知られると追い出されるから言わないでほしいと、頭を下げた。

テルデオに嫌われたらこの世の終わりかのような、セルフィウスのただならぬ様子に、ペレシャティは言わないと約束し、セルフィウスの手当を行う。

ペレシャティが、別邸に戻りたくないなら一緒にテルデオ説得しようと提案すると、セルフィウスは、テルデオがセルフィウスを役立たずだと思っていると周囲から言われているらしく、そんなことをしても無駄だと暗い表情だった。

ペレシャティはセルフィウスの頬をつまむと、セルフィウスのおかげであの騎士を追い払えたと言う。

セルフィウスが、それは大公がしたことだと言っても、ペレシャティは、何でもすぐに否定しない、ペレシャティも自虐的なのを改める、自分を傷つけても得られるものは何もない、と強く訴えた。

セルフィウスに気持ちが伝わったのか、彼は大人しくなり、ペレシャティの怪我の心配をする。

また、呪いの血のことも心配していたので、ペレシャティは、飲んでも死なないと言う。

だがどちらも怪我していたために、ペレシャティの体内に血が入ってしまい、苦しくなってしまった。

セルフィウスのためにここで倒れるわけにはいかないと、ペレシャティはなんとか耐えようとしたが、テルデオのときより苦しく、結局倒れてしまうのだった。

漫画「義家族に執着されています」9話の感想

セルフィウスはまだ子供なのに、大人の対応を求められてもついていけないですよね。

テルデオ達がどのような環境で育ったのかわかりませんが、地盤がグラグラだと大人になっても不安定だと思うので、今はしっかり愛情を注いでおくべきではと思います。人それぞれ違うので、一概には言えないですが、今のセルフィウスは愛情不足のようです。

セルフィウスの血は毒性が強いのに(8話)、暴れて血を撒き散らしていたので、かなり危険な状態でした。だれも犠牲にならなくて良かったです。

でもペレシャティが倒れてしまいましたね。すぐに復活するので酷いトラウマにはならないと思いますが、セルフィウスは、自分の血のせいで誰かが死ぬという事実を目の当たりにし、行動を改めるキッカケになりそうです。

ペレシャティも、自虐的なセルフィウスを見て、自身を顧みるキッカケになったようですね。

セルフィウスとペレシャティの二人で支え合うことができそうです。そして、まずはテルデオの説得ですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください