漫画「義家族に執着されています」19話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・LINEマンガにて連載中の「義家族に執着されています」作画:seungu、原作:Han Yoon seol、原題:시월드가 내게 집착한다

恋愛ファンタジー漫画です。

毎週月曜に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「義家族に執着されています」19話のネタバレ

ラピレオン家の屋敷は、定期的に1週間後の有給休暇を与えるので、少数を除いたメイドや執事が休暇をもらい離れており、レベッカもメイド長も休暇中だった。

ペレシャティも、号外の件で大変だろうと、テルデオから別荘で休むことを勧められたが、状況がどう動くか直接見ていたかったこと、弁護士と連絡がとりやすいこと、体調が悪いセルフィウスを残してゆっくり休むきになどなれないことから、断った。

人手が減ったせいで、普段会わない屋敷の管理人・モルトンの長男にも、よく出くわすようになった。

多忙なせいか、そそっかしい長男は、モルトンに厳しく指導されていた。

屋敷にセルシアが訪ねてきて、セルフィウスを抱きしめて可愛がった。

ペレシャティを見て、セルシアはやや気まずそうに、セルフィウスはとても嬉しそうに微笑んだ。

アカデミーの入学手続き以降、セルフィウスは外部と隔離され、全快するまで登校を延期することになった。

医者も風邪だと言っていたので、そこまで酷くはなさそうだったが、テルデオは皇宮での仕事を持ち帰り、常にセルフィウスのそばにいた。

移るからという理由で、ペレシャティは滅多に部屋に入れてもらえず、常駐しているメイドもいなかった。

ペレシャティはそっとセルフィウスに近づき、何か食べたいものはないか尋ねる。

ペレシャティはテルデオに、交代で看病しないかと提案したが、何故か体調不良の原因がわからないからと却下された。

テルデオは、家門の主治医の叔父がもうすぐ来るので、セルフィウスを診てもらうこと、叔父がペレシャティに会いたがっていることを話す。

セルシアに言われ、テルデオは叔父を迎えに行くことになり、ペレシャティも一緒にセルフィウスの部屋を出る。

ペレシャティは歩きながら、皇女からまた手紙が届いたが返事はしなくて良いのかと訪ねると、テルデオは、無視しろというので、ペレシャティも皇女に会いたくなかったことからテルデオに任せることにした。

ふと足をとめたテルデオが、ペレシャティに何かを伝えようとするが、結局やめてしまう。

その後、ペレシャティは、叔父を迎えに行くテルデオの馬車を眺めながら、呪いを解くために医者になったのか、呪いは何百年も焼失したそうだが(15話)、ラピレオン家の呪いはいつ始まったのかと考えていた。

夜になり、まだテルデオが戻ってこなかったので、ペレシャティは、セルフィウスのリクエストであるイチゴケーキを持ってセルフィウスの部屋へ。

部屋の前まで来たが、ノックしても応答がなく、咳き込む音と吐くような音が聞こえた。

心配になったペレシャティがドアを開けると、セルシアにしがみつき、血を吐きながら苦痛に耐セルフィウスの姿が見えた。

ようやく帰ってきたテルデオは、叔父とモルトン長男と一緒に歩いていたが、桶を持って血まみれのドレスで走り回るペレシャティを見て、目を見開くのだった。

漫画「義家族に執着されています」19話の感想

ラピレオン家の長い有給休暇のおかげで、いつ淡々とした態度のメイド長ですら、笑顔を見せていました。これは嬉しいですよね。さすがラピレオン家。

ペレシャティも別荘を勧められましたが、過去に戻ってきたことが確定したのもあり、状況把握を優先させました。彼女が死ぬ日は、近々ある祭典の最終日なので、その日までは気が抜けません。

石像破壊+号外の件も、過去ではテルデオだけが標的だったのに、今回はペレシャティも標的に加えられたかもしれないので、今はラピレオンの屋敷から離れない方が良いですよね。

さて、ずっと微熱のセルフィウスは、世話するためにセルシアが来たこと、ラピレオン家とモルトン親子以外を遠ざけたこと、家門の主治医がきたことから、普通の風邪ではないようです。大掛かりですよね。

血で死なないペレシャティさえも面会させず、テルデオは何か言いにくそうにしていたので、セルフィウスがあのように苦しむことを知っていたようですね。本当はペレシャティに見せる気はなかったのでしょう。

なので、血まみれのドレス姿のペレシャティを見たときは、しまったと思ったのでしょうね。ペレシャティを屋敷に残したことは、彼なりに色々悩んだ結果なのでしょう。いつも彼女を護ろうとしてうまくいかないですよね。

テルデオは、彼の目の下のクマと相まって、日々疲れ切っているように見えます。

セルフィウスは、かなりの量の血を吐いていましたが、大丈夫でしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください