漫画「義家族に執着されています」39話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧・登場人物まとめはコチラ

無料漫画アプリ・LINEマンガにて連載中の「義家族に執着されています」作画:seungu、原作:Han Yoon seol、原題:시월드가 내게 집착한다

恋愛ファンタジー漫画です。

毎週月曜に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「義家族に執着されています」39話のネタバレ

ペレシャティは、自分の噂のことで社交活動が心配だったが、グローリアのおかげで順調に終わった。

グローリアのアドバイス通り、大きなパーティーがあるまでは、小さな集まりに出席するようにした。

すると、初めはペレシャティを見て驚いた人も、グローリアと共に出席したことが知られると、快く受け入れてくれた。

グローリアがここまでの人望を持ったのは、権力があるからではないはずだと思い、ペレシャティはグローリアがどれほど努力したのかを知った。

社交活動を続けていたものの、テルデオとは別行動だったので、会話すらままならなかった。

レベッカは、ペレシャティが頻繁に出す手紙の宛先が気になって尋ねると、事業関連で友人のもとへだと答え、アデウスの薬はもう送らなくてよさそうだというと、アデウスに反応したレベッカは愚痴りだす。

ペレシャティはレベッカから、アイレットが夕方でも庭園で花を見ていることを聞き、様子を見に行く。

本当に花が好きなんだねと話しかけると、アイレットは、前に夢でみていた花の話をした。

その話を聞いたペレシャティは、顔色が変わった。

その後、皆で屋敷に歩いて戻る途中、ちょうどテルデオが帰宅した。

テルデオは、ペレシャティの顔色が悪いことに気づき、心配する。

そこへセルシアも合流し、嬉しそうにペレシャティに話しかける。

これから直系の者たちが集まって、血の流出事件の状況報告をする予定なのだが、ペレシャティもそこに参加させてほしいという。

ペレシャティがそうお願いしなくても、セルシアは誘うつもりなのだった。

漫画「義家族に執着されています」39話の感想

ラピレオン大公夫人としての初めてのパーティーは、グローリアのおかげで、とても順調に終わりました。

ペレシャティは、グローリアがここまで人望を持つのに、相当な努力をしたのだと察します。

確かに、ラピレオン家は人を避けるように生活していますし、高位貴族で恐れ多いし、見た目もかなりの威圧感がありますよね。おいそれと話しかけることができませんよね。グローリアは努力家です。

そして前回のパーティーに引き続き、またアデウスの名前が出てきましたね。アデウスは一体何者なのでしょう。レベッカのおかげで、今回はコメディっぽい扱いになっていましたが、怪しくて仕方ないのですが・・・

ところで、アイレットの話は、衝撃的な内容だったようですね。ペレシャティ以外に一緒にいた、レベッカや、ラピレオン傍系の女性医師は、特に動揺していないようだったので、ペレシャティにのみわかる内容だったようです。

ペレシャティも、テルデオの登場で気が抜けたのか、彼の前でだけ表情が変わっていたので、テルデオも知っていることのようですね。

ひとまず、血の流出事件について報告しあうようです。一体誰が購入していたのか、どこまで広まっていたのか、回収できたのか、色々と気になりますね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください