漫画「義家族に執着されています」24話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・LINEマンガにて連載中の「義家族に執着されています」作画:seungu、原作:Han Yoon seol、原題:시월드가 내게 집착한다

恋愛ファンタジー漫画です。

毎週月曜に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「義家族に執着されています」24話のネタバレ

シーフが雇ったごろつきどもに襲われ、ペレシャティ達は捕まってしまった。

大声をあげても誰も来てくれず、狭い路地に引きずり込まれ護衛一人では対処できなかった。

ごろつきどもは、護衛をつけるぐらいだから大公に愛されているのではないか、愛より権力をとった女だぞと、ペレシャティのことを好き勝手言っていた。

ペレシャティがどうしようとパニックになっていると、シーフが、会うのがどれほど大変だったかわかるか、監視がつけられるのは君だけではないと言う。

ペレシャティは、監視のことなど知らないので戸惑う。

彼らは、気絶しているレベッカの首に剣を当て、ペレシャティに大声を出さないよう脅しながら、ペレシャティの口元を縛っていた布を外した。

レベッカは、襲われた際、自身の首が傷つくのも構わず、身を呈してペレシャティを逃がそうとしたので、ペレシャティは開口一番に、彼女たちを逃がして欲しいと頼んだ。

シーフは、今言うことはそれではない、何故俺を捨てたのか、プロポーズが気に入らなかったのか、爵位が無いからか、平騎士だから弄んだのかと言う。

ペレシャティは、結婚後に私を殺すと知っていたからだと言うと、シーフは、例えそうでも原因を作ったペレシャティが悪いと言う。

そして金髪碧眼の美青年を引きずって連れてくると、ペレシャティがこの男に会おうとしているのを知っていた、あの大公でも満足できずこの男と浮気していたのかと言う。

ペレシャティはその青年に見覚えはなかったが、彼がレベッカの友人だと気づいた。

シーフが、コンプレックス丸出しで、その青年の顔をナイフで傷つけ始めたので、その青年はフっと笑った。

シーフが激怒したのを察したペレシャティは、私に何を望むのか、皇室騎士になりたいのか、お金かと叫ぶ。

シーフはそれは当然だと言いながら、青年から手を離すと、一度提出されると皇室相手でも絶対的な効力を持つ、神殿誓約書を取り出し、これで自分と結婚しろと言う。

提出された書類を無効にするには長い裁判が必要になり、大公と契約している今のペレシャティには無理なことだった。

シーフは、伯爵夫人がペレシャティを殺そうとしているのは自分が止めた、ペレシャティを心から心配しているのは自分だけだから署名しろと言う。

ここで全員死ぬかと脅され、ペレシャティは署名せざるを得なかった。

ペレシャティに血判まで押させ、シーフは満足そうに誓約書を眺める。

すると突然周りが騒がしくなり、シーフは後ろから頭を掴まれ、壁に叩きつけられて投げられた。

テルデオがペレシャティの危機に気づき、助けに来たのだった。

漫画「義家族に執着されています」24話の感想

テルデオは汗をかき息も切らせていたので、ペレシャティのために必死に走ってきてくれたようです。大切な人ですものね。

やはりあの元テルデオの騎士への呼び出しは、罠だったようですね。テルデオなら、ペレシャティの安全を確保してから、騎士を呼び出すはずです。

シーフたちはペレシャティを監視していたようなので、ペレシャティの護衛に身が入らないその騎士が狙い目だとわかっていたのでしょう。

レベッカとレベッカの友人については、手酷くやられているのでグルではなく、タイミング悪くシーフたちに利用されてしまったようです。

そもそも待ち合わせ場所を、どこかの店内などにできなかったのでしょうか?ペレシャティが話題の人なので、人目を避けたのでしょうか。だったら馬車の中でも良かったような・・・

今回の事件は、全員が迂闊でしたね。

シーフは何か狂気じみていましたね。ペレシャティが高位貴族に助けを求めたことが、彼のコンプレックスを刺激したようです。爵位は努力だけではどうにもならないので、悔しくて仕方なかったのでしょうね。

今回、テルデオだけでなく彼の騎士も駆けつけたと思うので、シーフ達は大公夫人を襲った罪で捕らえられたでしょう。シーフはこれで表には出てこれなくなったでしょうか。

ペレシャティは皆の命で脅されて、署名と血判をする羽目になりましたが、あの誓約書はどうなったのでしょう。シーフがテルデオに投げ飛ばされたときには、手にもっていなかったので、地面に落ちたのだと思うのですが、誰かの手に渡る前に、確保し廃棄しなければならないですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください