漫画「義家族に執着されています」34話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧・登場人物まとめはコチラ

無料漫画アプリ・LINEマンガにて連載中の「義家族に執着されています」作画:seungu、原作:Han Yoon seol、原題:시월드가 내게 집착한다

恋愛ファンタジー漫画です。

毎週月曜に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「義家族に執着されています」34話のネタバレ

アイレットが赤い瞳に怯えるため、医師は目元を隠し、鏡や窓を隠すなど、赤い瞳が見えない工夫をし、治療を進めた。

また、フィニアスの提案で、セルフィウスもアカデミー終了後に、ペレシャティとともに毎日アイレットの部屋を訪ねることで、アイレットも落ち着いてきた。

アイレットは、父に大事な子だと言われ名付けてもらったが、部屋に閉じ込められていたこと、自分の年齢も文字も知らないこと、世話をしてくれる人(メイド)がいたがある時から来なくなったことを、セルフィウスとペレシャティに話した。

ペレシャティは、まだ5,6歳と幼いにも関わらず、悲惨なアイレットの境遇に胸を痛めた。

父に怯えるアイレットに、望むならもう二度と父親に会わなくてよいと言い、この屋敷にいる人はアイレットの嫌がることをしないから一緒に暮らそう、アイレットがすべきことは一緒に遊ぶことだと教える。

また壊れたかと睨んだりとアイレットに冷たかった父との差に、アイレットはぬいぐるみを抱きしめて泣いた。

その頃、出張から戻ったセルシアは、テルデオの案内でジェンの地下牢へ向かっていた。

知らせは数週間前に届いたのに、まだ解決していないのかとセルシアが言うと、テルデオは黙って俯いた。

ジェンは、落ち込むテルデオとセルシアの登場に笑みを浮かべ、親しげに話しかけようとするが、セルシアに引っ叩かれて倒れる。

セルシアは無言で、血まみれになるまでジェンを蹴り続けた。

セルシアはテルデオに、自分が痛いのは嫌だからと、幼いの娘を虐待していたコイツが可哀そうにみえるのか、このような調子なら当主を辞めろと指摘し、クリップス様に送り、死なない程度に拷問して口を割らせろと命じる。

ジェンはなんとかセルシアの気をひこうとするが、セルシアは無視した。

セルシアはテルデオに、同情は不要であること、血が流出した以上、我々は加害者だから、すぐに収拾しなければならないと話す。

この件はセルシアが受け持つから、状況を整理しろと言われたテルデオは、また俯くのだった。

漫画「義家族に執着されています」34話の感想

フィニアスだけグルグル眼鏡。

さて、アイレットは治療を受けられるようになり、体も心も少しずつ回復してきました。体中の傷跡が痛々しく、とても可哀そうです。

アイレットは、メイドのおかげか言葉は話せますが、まともな教育は受けてはこなかったので、血を摂るだけの素材だったのでしょう。

いつからか世話するメイドが来なくなったと話していましたが、一体何があったのでしょう。ラピレオンの血を欲しがる者は多いと思うので、収入はそれなりにあったはず。

セルシア主導で、詳しく吐いてくれると良いのですが、すぐに解決できることではないですよね。客に誰がいたのか、どこまで流通したのか、ずっと悩まされることになりそうです。

セルシアは、もと当主だっただけあり、犯罪者ジェンの言う事など全く耳も貸さず、冷酷に対応しました。ピンヒールで血祭りにあげましたね。あれは痛そうです。でもアイレットの受けた痛みや、家門のダメージとは比べようもないですよね。

テルデオの方は、前回ジェンに、ペレシャティにも血を使って試したのだろうと指摘されたことが、まだ尾をひいているのでしょうか。かなり落ち込んでいますね。

そのためか、判断が甘くなってしまったようですが、頼れる姉がいて良かったです。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください