漫画「義家族に執着されています」30話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧・登場人物まとめはコチラ

無料漫画アプリ・LINEマンガにて連載中の「義家族に執着されています」作画:seungu、原作:Han Yoon seol、原題:시월드가 내게 집착한다

恋愛ファンタジー漫画です。

毎週月曜に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「義家族に執着されています」30話のネタバレ

テルデオが夜遅く帰ってきたのは、あの祭典最後の日に、ペレシャティが話したことが原因だった。

ペレシャティは、襲撃犯の死に方について、手の傷だけで苦しんで死ぬのはおかしい、あの苦しみ方は自分が呪いで死んだときと同じようだった、もしかしてラピレオン家の血が流出しているのではないかと話した。

テルデオは、シュワーツ王国出身だという襲撃犯の死体を調べにいき、襲撃犯の死体を移送中に一度息を吹き返したが未報告だったこと、男の短剣には毒蛇の毒が塗られ、男の奥歯にも毒が仕込まれていたが遅効性のため、個人差があるのかもしれないが突然死は不自然であることがわかった。

その説明と報告書を確認したテルデオは、帰宅後、男には別の毒が使われていたので、ラピレオンの血とは無関係だとペレシャティに話した。

ペレシャティは、短剣に強い毒が塗られていたにしても突然死ぬのはおかしい、直接襲ってきたわりに短剣だけだったのもおかしい、もう少し調べた方が良いのではないかと言うが、テルデオが遮り、ラピレオン傍系は少数であること、流出していないか毎月検問をしていること、流出で利益を得ようとする者などいないことを説明する。

ペレシャティが、そのように言い切れるものなのか指摘すると、テルデオは激怒し、ペレシャティこそ何故確信できるのかと怒鳴った。

ペレシャティは、自分にラピレオンの血が効かないのは、その血で一度完全に死んだからではないかと考えていた。

だがそれを今のテルデオに説明しても無駄と思い、調査が終わったのに未だに帰りが遅いのは、閣下も疑っている面があるのではないか、本当に違うのならば良いが、そうでなければどうするつもりなのかと言うと、テルデオは上着を掴んで部屋から出て行った。

そうして一週間、これまでどんなに遅くても屋敷に帰ってきていたテルデオは、帰ってこなくなったので、遠くまで調べているようだった。

テルデオを怒らせたことは気になったが、本当に血が漏れているなら止めなければならないと、ペレシャティは考えていた。

その日はレベッカを連れ、実家のザハルト伯爵家に戻った。

実家はペレシャティの叔父が管理しており、叔父は、ペレシャティに書類を確認してもらいながら、二人で書類仕事を始めた。

ペレシャティはラピレオン家やモルトンから学ぶことができたので、父が計画していた福祉事業について進めたいと話した。

叔父は、ペレシャティの頼みでここの管理をしているが、家族のもとに帰りたいが、またペレシャティに襲撃のような問題が発生するかと思い、心配だと打ち明けた。

ペレシャティは、もう少しだけ協力して欲しいと頼んだ。

叔父は、債権者が継母の家を訪れていることを、ペレシャティに報告し、一度継母に会ってみてはどうかと提案するのだった。

漫画「義家族に執着されています」30話の感想

ペレシャティがテルデオに打ち明けたのは、彼女がずっと疑っていたことでした。

テルデオなど、ラピレオン家の呪いで苦しむ人達には言い辛いことですよね。好きでこの血筋に生まれたわけではないので、ペレシャティの言葉に腹が立ったでしょう。

確認のためにペレシャティに自身の血を飲ませ、一度は故意に死の苦しみを味わわせた過去もありますが、テルデオは本来は優しい性格のようなので、今回もペレシャティの指摘に激怒しながらも、協力しました。

ペレシャティにラピレオンの毒が効かないカラクリは、一度完全に死んだかろというものでしたね。テルデオに執着しているドドレアも体が弱かったはずなので、実はドドレアも一度死んでいたしして。

今回は、ペレシャティの叔父が初登場でした。人が良さそうな叔父ですが、ペレシャティに、継母と話をしてみないかと提案しました。ペレシャティ的には会いたくないでしょうけど、彼女はどう答えるのでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください