漫画「実は私が本物だった」最新話48話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」原作March、漫画yuun、原題 사실은 내가 진짜였다 

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

登場人物まとめはコチラ

漫画「実は私が本物だった」最新話48話のネタバレ

キイラとコゼットは、大伯母ジョアンナの屋敷を訪ねる。

出迎えたジョアンナは、コゼットがあまりにもラディックに似ていたので驚く。

夕食時に集まることにして、それぞれ部屋に向かうが、コゼットはキイラの後ろでひっきりなしに話しかける。

するとベアトリーチェの精霊石を見たことがあるかと訊かれたので、何故知っているのかとキイラは思わず立ち止まり、それがどうかしたのかと問う。

コゼットは、公女だから見たことがあるのだろう、精霊石を身につけると精霊術が使えるらしいと言う。

キイラは、それが可能なら皆が精霊士になれるので、パルビス一族が優遇されるわけがない、精霊石に興味があるのかと言い返す。

コゼットが、世の中に一度も公開されたことがないから興味がある、精霊石なら特別な力があるかもしれないと言うので、公開されないのは理由があると言い、キイラは話を断ち切ろうとする。

それでも、嘘がバレるから逃げるのかとしつこいので、キイラは、本物の公女になりたいならふさわしいマナーを身に着けてこいと言い返す。

キイラが立ち去り、準備を終えたメイドのエミリーがやってくると、コゼットはエミリーに、平民だからキイラと仲良くなれないと泣きついた。

だが内心では強かに、自身を疑い始めた人間は確かな証拠を求めるはずだから、キイラが動き出すまで待とうと考えていた。

深夜、自室にいたキイラは、精霊石に触れただけで精霊士になれるわけがない、姉妹の共鳴でもない限り関係がないと考え、コゼットの思い通りになるつもりはないと、気を強く保っていたのだった。

漫画「実は私が本物だった」最新話48話の感想

キイラはコゼットの監視のために、ジョアンナのところに一緒に滞在することになりました。

コゼットの狙いは、精霊石のようにみえて、キイラを嵌めることのようです。さすが過去でキイラを処刑までした元凶なだけあります。

常にキイラの印象を悪くしようと狙っているので、本当に厄介な相手です。まずは専属メイドになったエミリーから籠絡するつもりのようですが、さすがにキイラも対策済みだと思うのですよね。

精霊士になるには、精霊石を触るより、共鳴のほうが可能性があるのですが、コゼットも一緒に来ているので、キイラだけしてもらうわけにはいかないですよね。

精霊石が公開されない理由とは何でしょうね。キイラは一度、精霊石を神殿で見ているので(28話)、コゼットがキイラに見たのでしょうとつっかかっているのは間違いではありません。

しかし過去の精霊士の日記を読むことができて良かったですね。これがなければコゼットに嵌められていたかもしれません。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください