漫画「実は私が本物だった」登場人物まとめ

※各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」原作March、漫画yuun、原題 사실은 내가 진짜였다 


精霊士の一族パルビス家の長女キイラは、突然現れた異母姉妹コゼットによって偽物公女&悪女にされ、父に処刑されてしまう。だが次の瞬間、コゼットが現れる前に回帰していた。新しい生を得た彼女は、得ることのできない父の愛など見限って、自分を大事にしてくれる人々と生きようと決心する。恋愛ファンタジー漫画です。


毎週土曜日に最新話が更新されます

漫画「実は私が本物だった」 登場キャラクターまとめ

キイラ・パルビス

出典元:「実は私が本物だった」32話

主人公。精霊士の一族、パルビス家長女。

異母姉妹コゼットの罠にはめられ、処刑されたが、何者かによって過去に転生した。

目つきが悪く誤解されるが、本人は至って素直。

ジーク(ジークハルト)・パルビス

出典元:「実は私が本物だった」33話

キイラの弟。

回帰前回帰後もキイラを信じている。

ラディック・パルビス

出典元:「実は私が本物だった」27話

キイラの父。精霊士の一族の当主、パルビス大公。

回帰前、キイラのことを信じず、彼女を処刑する。

回帰後、いつもキイラを処刑する悪夢にうなされるが、内容は覚えていない。

ジョアンナ・パルビス

出典元:「実は私が本物だった」28話

現存する唯一の精霊士。キイラの大伯母。

シモン・エディンバラ

出典元:「実は私が本物だった」24話

侯爵。キイラの母方の祖父。

回帰前は、最後までキイラを信じた。回帰後も協力してくれている。

ジョゼフ

出典元:「実は私が本物だった」31話

パルビス家騎士団、副団長。

回帰前も後も、キイラを信じている

ウォルフォード・アーサー

出典元:「実は私が本物だった」14話

パルビス家の騎士。

ロゼ

出典元:「実は私が本物だった」33話

キイラの専属メイド。

エレズ・ショア

出典元:「実は私が本物だった」31話

魔塔の魔法士。

キイラを回帰させたが、術者は記憶を保存できないため、回帰前のことは知らない。

ダフネ・ショア

出典元:「実は私が本物だった」26話

キイラに社交界の情報を流してくれる友人。キイラを慕っている。

ショア子爵夫人

出典元:「実は私が本物だった」15話

エレズとダフネの母

アラベラ・ディアク

出典元:「実は私が本物だった」27話

皇女。

これまでキイラを嫌っていたが、誤解だとわかり、関係が改善する。

ミカエル・ディアク

出典元:「実は私が本物だった」30話

皇子

コゼット・バインベルグ

出典元:「実は私が本物だった」1話

キイラの異母姉妹でロエナ・バインベルグの娘、大公の実の娘だと主張する。

回帰前、キイラを罠にはめ、処刑されるように誘導した。パルビスの娘にしか召喚できない精霊を召喚できた。

ロエナ・バインベルグ

出典元:「実は私が本物だった」3話

コゼットの母。不妊だったためパルビス家を追い出された。

アイザック・バインベルグ

ロエナ・バインベルグの兄。20年近く、公の場に姿を見せなかった。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください