漫画「実は私が本物だった」最新話49話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」原作March、漫画yuun、原題 사실은 내가 진짜였다 

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

登場人物まとめはコチラ

漫画「実は私が本物だった」最新話49話のネタバレ

コゼットがキイラに、ベアトリーチェの精霊石について聞いてきたことについて、過去も精霊石が目的でここにきたのかと考えたが、それ以外にも何かあるのではないかと気になった。

すると部屋に、キイラが頼んだ服を持ったロゼがやって来て、キイラが読んでいる本(コゼットに読ませないためにもってきた精霊士の本)が、貸した小説だと勘違いし、黒髪男子が人気だが、自分は金髪碧眼が好みだと話し出した。

その後、キイラとロゼは、ジョアンナの執事ゴードンに会いに行き、地下室のワインを取りに行きたいと言う。

ただ深夜なので、ジョアンナに知られたら怒られるかもしれないからと、ゴードンにお願いし、手続きを省略して鍵を受け取る。

ゴードンは、もしかしてアレを探しているのならばと、キイラに何かを耳打ちする。

ロゼは、ジョアンナの許可なしでトラブルになった場合、コゼットに付け込まれるのではないかと不安だった。

キイラは大丈夫だと言い、チラッと背後を見ると、物陰に隠れていた何者かが立ち去るのが見えた。

エミリーは慌ててコゼットに報告しに行き、キイラがジョアンナに内緒で、ワインを取りに地下室に向かったようだと話す。

コゼットは思わずニヤっと笑ったが、その笑顔にエミリーは恐怖を感じた。

しかもキイラは普段お酒を飲まないと言うので、コゼットは、キイラが精霊石までの秘密の通路に向かうつもりだと考え、私が先に発現すると死を免れないからやはり恐ろしいのだろうと、またもニヤついた。

コゼットは、侵入者だと大騒ぎし、騎士らも呼んで地下へ向かった。

地下への鍵も無断で持ち出されていたため、コゼットは、やはりキイラが作り話を信じて焦り、やってはいけないことをしたのだと思った。

騎士に地下室の入り口を封鎖させ、地下室にいるであろうキイラに向かって、出口はふさいだから大人しく出てきなさいと、コゼットは自信たっぷりに大声を出すのだった。

漫画「実は私が本物だった」最新話49話の感想

キイラはちゃっかり、コゼットが読まないように精霊士の本をまとめて持ってきたのですね。ロゼは、共通の趣味の恋愛小説だと思ったようですが。

小説の人気キャラクターは、ジョゼフのような黒髪青年だそうです。これは現実の漫画でも黒髪のヒーローが多い気がしますね。黒髪だとメリハリがついて顔が引き立つからでしょうか。

でもロゼの好みは、金髪碧眼のエレズのような青年でしたね。エレズは泣きぼくろまである色気たっぷりの青年なので、ロゼが実際に会ったら感激しそうです。

キイラはジョセフとエレズどちらと結ばれるのでしょうね。皇太子も混ざったら面白いのですが、可能性は低そうです。

今回は、コゼットの腹黒さが徐々に表に出てきましたね。エミリーが怯えています。

コゼットはわざと騒ぎを大きくして、キイラを蹴落とそうとしていますが、キイラは先に手を打っていました。

精霊石は神殿にあるのかと勘違いしていましたが、ジョアンナの屋敷に隠されているようですね。紛らわしいことを書いてしまい、すみませんでした;;

さて、地下室前にコゼットは騎士やメイドを集めましたが、おそらくキイラはそこにいないと思います。

次回はざまあ的な展開になるのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください