漫画「実は私が本物だった」最新話47話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」原作March、漫画yuun、原題 사실은 내가 진짜였다 

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

登場人物まとめはコチラ

漫画「実は私が本物だった」最新話47話のネタバレ

家族そろっての食事の場は、皆が沈黙する中、コゼット一人だけが喋り続けるという異様な空間だったので、メイド達は怯えていた。

コゼットが、挨拶するためにジョアンナ大伯母さんに会いにいきたいと言い、ラディックは許可する。

ジョアンナ大伯母に会ったばかりだったが、キイラも行くと言う。

キイラとコゼットは、口元では笑みを浮かべながら、この偽物がと思いながら睨みあった。

過去でもコゼットが大伯母に会いに行ったことがあったので、そのときは仲違いが目的かと思ったのだが、大伯母の態度が変わることはなかった。

そこでキイラはコゼットの企みを探るために、同行することにしたのだ。

キイラは、コゼットの専属メイドがいない件について、志願者がいなかったから交代で担当することにしたと話す。

コゼットは勝手に決められたことに反発したく、ラディックにすがるような視線を向けたが、ラディックはその視線に応えることなく、食事が終わったからと席を立った。

キイラはコゼットに、父は反対しないようだと言い、他に不便があれば何でも言って欲しいと、微笑んだ。

コゼットが苛立ち、その場を辞すと、ジークはキイラの毅然とした態度に感動し、姉に抱き着いた。

キイラはジークの頭を撫でながら、悔しさで歪むコゼットの顔は痛快だと思うのだった。

漫画「実は私が本物だった」最新話47話の感想

ラディック、キイラ、ジークのパルビス一家が、黙々と食事するなか、コゼットだけがにこやかに喋っていました。

周囲からすると恐ろしい空間ですよね。メイド達が怯える気持ちはわかります。

キイラとコゼットはどちらも笑顔ですが、目の奥が笑っていないので、ギスギスしています。

ジークはコゼットがいる時点で不機嫌ですし、ラディックはただ食事に集中しているだけだと思います。

でもラディックは、過去のようにコゼットを優先させることはなくなりましたね。コゼットへの対応はキイラに任せているようです。

コゼットは、過去でジョアンナに接触したようですが、目的不明でした。もしかして共鳴をしてもらったのでは。

共鳴が作用するのはパルビスの血筋なので、コゼットが偽物なら関係ないはずです。

なのでコゼットは本当にパルビスの血筋なのかもしれません。不妊で追い出されたロエナは、実は身ごもっていたのではないでしょうか。

そうなると今度は、精霊士は1人だという神託がおかしくなります。神託では、ラディックの血をひく精霊士が一人とのことなので、コゼットの父はラディックではない可能性が?

謎が多く、面白いですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください