漫画「実は私が本物だった」最新話28話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」原作March、漫画yuun、原題 사실은 내가 진짜였다 

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「実は私が本物だった」最新話28話のネタバレ

キイラは庭園で考え事をしていた。

転生してから2週間経ったが、未だにコゼットが見せた精霊が何なのかわからなかった。

そこで、現存する唯一の精霊士である、大伯母のジョアンナに相談したいと考えた。

ヨハンナは、精霊士の後継者であるキイラの面倒をよくみてくれ、精霊士しか出入りできない邸宅の書庫や、神殿に連れていってくれた。

神殿で見たベアトリーチェの精霊石を、もう一度見ることができれば、何か思いつくかもしれないと考えた。

だが、大伯母に連絡を取れるのは、陛下と父である大公だけだった。

キイラは父に頼みたくはなかった。

そこへ執事のロバートがやってきて、大公がキイラを心配して執務室に呼んでいると伝える。

父に気にかけてもらえると思わなかったキイラはポカンとする。

ロベルトが、最近活発になったキイラの社交について話したので、キイラは、私の心配ではなく、家の中立性のためかと理解した。

キイラが父の執務室に行くと、お茶と色々なスイーツが用意されていた。

慣れないことに気まずそうな父ラディック。

キイラはラディックに、相応しい人は見つかったかと尋ねられ、うまくいかなかったのかと言われる。

次回は必ず成功させると焦るキイラに、ラディックは、ただの言い訳でなく本当に結婚したいのかと理解する。

ラディックはパルビス家の主人である以上、他の親のように愛せない代わりに、子供に干渉しないと決めていた。

そしてパルビス家のマイナスにならないように、キイラに対処してもらえばいいと考える。

キイラは、ジョアンナの体調を聞き、挨拶に行く日程をラディックに頼んだ。

用が済み、さっさと部屋を出ていくキイラ。

キイラは、不満げだった父の顔を思い出し、パルビス家の中立性が損なわれるのがそんなに嫌なのかと考えた。

また、祖父が隠している何かが、決定的なカギになるかもしれないと考えるのだった。

漫画「実は私が本物だった」最新話28話の感想

父娘間が歪なままですが、寄り添うことがあるのでしょうか。

ラディックは頭の中で、自分の考えにあれこれ言い訳をしていましたが、本当は罪悪感も愛情も持っているのではないかと思います。

キイラのために大量のスイーツを用意しましたが、キイラは食べることなく、さっさと出ていってしまいましたね。

大公も祖父も本心がわからないので、キイラが唯一安心できる家族は、弟のジークだけなのでしょう。

せめて今度登場するジョアンナが、キイラの味方のままでいてくれたら良いですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください