漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」148話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも記憶と能力を維持したまま復活する、無名のスケルトン兵士が主役の転生ダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」148話のネタバレ

※主人公の骸骨兵士は『彼』で、他の男性キャラクターは個人名でまとめてあります。

ビブリオは、彼に授けた権能・隠蔽について、レアンドロ侯爵や、どれほどの強者相手でも、自身の気配を隠せるものだと話す。

レアンドロ侯爵については、首都で一番めざわりでも懐柔できるか確かめたいので、今はまだ殺さないとのこと。

そうして彼は授かった力を使い、レアンドロ侯爵のすぐ脇で見張り始めた。

彼は、ボティスの隠蔽の力は、マルパスの暗黒より強力かもしれないと思う。

彼がビブリオに、幽霊もボティスの力を使っているのかと尋ねたとき、幽霊も知っているのかとビブリオは面白がり、確かに幽霊にボティスの力を貸している状態だと話した。

ネクロン紳士会、幽霊は、全てビブリオに繋がっていたのかと彼が理解すると、帝国の黒幕に関する情報が更新され(ボティスの大祭司の正体、ボティスとの契約)、クエストクリアとなり、これまでの活躍と合わせて兵士ポイント23,750ポイントを獲得した。

これにより購買力が25.6%と大幅に上がったので(110話参照)、世界の真実にまた少し近づいたと思った。

幼虫のことや、皇室がエラストを気にしているのがまだわからないが、ビブリオに従えば何でも得ることができるようだ。

彼がビブリオに、幽霊の方がうまくやれそうなのに、何故、仮契約の自分にレアンドロ侯爵の監視をさせるのかと尋ねると、幽霊の上司がレアンドロ侯爵を溺愛し、報告内容を偽る可能性があるため、幽霊以外の実力者に任せる必要があったとのこと。

彼は、少女公爵が気配遮断について話していた(87話)のを思い出し、少女公爵もボティスの力を持っているのだと気づく。

また、少女公爵が何故ビブリオに従わないのか、彼は理解できなかった。

場面は変わり、レアンドロ侯爵は、青獅子騎士団に対し、リジェントダイヤモンド盗難事件はバティエンヌ・フォンレアンドロ個人の任務であること、失敗した場合に騎士団の名誉を傷つけることから、レアンドロが単独で捜査をすると説明した。

既に、王室に背く自分勝手な剣主と噂されていた。

彼は隠蔽を使いながら、報告できるような弱点はないかとその様子を窺っていた。

すると一人の騎士が、イザベル伯爵から手紙が届いたと持ってきた。

レアンドロは、それが公文でなく私的な手紙だと知ると、読むことなくびりびりに破った。

過去でイザベルのためにあれほど激怒したのにと、様子を見ていた彼は驚くが、レアンドロが騎士団を業務に戻れと退室させた後、破いた手紙を集めてならべて微笑んだのを見て、イザベルがレアンドロの弱点であると知られないための行動なのだと理解した。

レアンドロが、剣気まで使って手紙を燃やしていたので、誰かに狙われていることは理解しているようだ。

その後レアンドロは、夜の神殿でイザベルと会った。

針金を曲げいくつもの輪にして、何かある場合この印を使うから、この印を見せるもの以外誰も信じないでほしいとお願いした。

彼はそのことをビブリオに報告すると、ビブリオは、これを目の前で作ったらどんな顔をするかと満足そうだった。

そして彼に褒美として、約束通りルビアを領主にすると話す。

そのタイミングで、ビブリオの部下が慌ててやってきて、レアンドロ侯爵が騎士団を連れて動き出したと報告するのだった。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」148話の感想

ボティスから授けられた隠蔽は、彼も感じていましたが、暗黒より使えるようです。使い勝手が良いですよね。

同じ力をもつ幽霊や少女公爵には効かないかもしれないので、幽霊が帝国のあちこちに潜んでいるなら、勝手な情報収集はできないかもしれませんが。

ビブリオは既にレアンドロ侯爵が邪魔なようですが、少女公爵のお気に入りであることと、彼の地位と能力の高さのせいで、始末すると厄介だから懐柔しようとしていたのでしょうか。

135話でボティスが『私を選ばないあの者のように愚かだ』と言っていたのは、もしかしてレアンドロのことでしょうか。おそらく懐柔に失敗したビブリオは、少女公爵にレアンドロを始末させて幼虫の餌にし、レアンドロを増殖させたのかなと思います(140話)

87話でも、少女公爵は彼にレアンドロを殺したのかと訊かれて、責任をとるためやったと認めていました。少女公爵は今はビブリオに忠実ではないようですが、どうしても抗えないようですね。

彼がビブリオと接触したことで、この流れがどう変わるのか気になりますね。

さて、彼は隠蔽を使い、レアンドロが大切にしているイザベル・シモーヌとの秘密の印を、ビブリオに教えました。

それと同時に、単独で動くと言っていたはずのレアンドロが、騎士団を引き連れて動きだしました。ビブリオのところに慌てて報告がきたこともあり、盗難事件とは関係ないことで動いているのでしょうか。

まとめ

・彼はビブリオから、どの強者相手でも気配を隠せる、隠蔽の力を貸してもらう

・彼は隠蔽でレアンドロ侯爵を監視し、レアンドロとイザベルの暗号の印を、ビブリオに報告する

・レアンドロ侯爵が動き出したと、ビブリオに緊急の報告が入る


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

34 COMMENTS

TaoCheng

隠ぺいの権能は凄い効果でしたね。彼がだんだんリラックスした格好になっていくのは面白かったです。バティエンヌはあの蒼白い部屋に映える彼を雇ったほうがいいかもしれません。
エラストのためを思うなら少女公爵にビブリオの他にも祭司が大勢いて、人間の血を魔王の力に変える技術を持っているので、連合やアンバーを倒しバティエンヌと共に英雄となる道など無いと教えてやれば良いのですが、そうするとビブリオの計画に支障が出るかもしれないので難しいところです。
あと引火する剣気が作中初めて登場しましたが、世界線の変更でバティエンヌもパワーアップしているかもしれませんね。

返信する
猫野

TaoCheng様

確かに、前回の天井張り付きは何だったのかと思うぐらい、彼の格好が変わっていっていますね笑
ビブリオを出し抜いて少女公爵に接近するのが先ず難しそうですね。彼は少女公爵とそれほど接していないので、信用できず、情報を与えたくないと思うかもしれません。
剣気は、ほぼ魔力と同じような使い方ができるようですね。バティエンヌもパワーアップしているなら、レナやルビア以外のキャラクターも期待できそうです。皆が力をつけていけば、いつかは皇室を黙らせることができそうですね。

返信する
TaoCheng

愛する者にバレたら困るような事に手を染め悩んでるところを前世で会った不思議な骸骨が会いに来たら仲間になってくれそうかと思いましたが、彼が少女公爵を信じようと思える流れは確かにまだ無いですね。
シナリオキャラ以外もステータスが変わるのは間違いないでしょう。最初の武闘会の時点でレイ・カークを守ってたネクロンのみすぼらしい衛兵と比べても弱いはずのクリスティーナが何故か後の武闘会で優勝し、たった2年後の首都攻略戦では連合の兵達を圧倒してました。そして今世では彼女はルビアが雇うに値する(強者幽霊に何とか対応できる)と彼は判断したようです。

返信する
猫野

TaoCheng様

なるほど、確かにクリスティーナは成長しているようですね。彼は成長すると見越してルビアのもとに送ったのかと思っていました。ではもう狂戦士として目覚めているのでしょうか。
クリスティーナがトーナメントで優勝しているところを見ると、彼に剣気の存在を教えたデバルド(すっかり忘れていた人物)は、どの生でも棄権していたようですね。

返信する
TaoCheng

レナの言うところでは“世界は作りが甘い“らしいのでスキルの継承などとは無関係にクリスティーナは強くなっている気がします。もしかしたらアイザックの言うような因果や観察者の計らいが関係しているかもしれませんが。

あと狂戦士の力はもちろん剣気さえ期待しても良いかもしれません。彼はたまに世捨て人のような物言いをしますが残酷な見放しはしないタイプですので、グラスミアの二の舞になるなら勧誘自体諦めるでしょう。

返信する
猫野

TaoCheng様

因果ということであれば納得です。剣気まで得たとすると相当な成長ですね。
物語の流れも変わるだろうから、シナリオキャラクター以外の者が、どこまで成長するか気になります。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

TaoChengさん

申し訳ありませんが、「クリスティーナが後の武闘会で優勝」は推測的な結論ですか?それとも私は何かを見落していますか?教えていただければ幸いです。

返信する
TaoCheng

133話で主人公が推測しています。レイ・カークは負けた者には興味がないらしいので優勝で間違いないと思います。
ちなみに彼女の顔がボコボコになっているのは作中では言われてませんが、彼女に自分と似た境遇を感じたテバルドが素手の勝負を挑んでいたとすれば面白いと思います。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

TaoChengさん

どうもありがとう。
これらの情報は当時もメモを取り、また少し考えましたが、なぜ今まで思い出せなかったのか本当にわかりません……
このような明確なことをわざわざに尋ねるのは少し恥ずかしいです。

そして、これは確かに非常に可能性のある状況ですね、チャンドラーの言葉(69話)から判断すると、その生のその武闘会で、彼女をそのレベルで負傷させることができるのはテバルドだけであり、そして彼が使用した武器を考えると、それは非武装の戦闘に進化したのではないかと思います。
私は思う最終的にはこの種の形式で、テバルドは棄権して武闘会終了しました。(武器を使って戦うとテバルドが勝つのは当然ですが、素手で戦うと必ずしもそうとは限りません。そしてより強い者として、非武装の戦闘自体の方向に戦闘を進化させることは、すでに手加減≒棄権させる方向になっています。主人公が過去にしたことと同じように、クリスティーナは戦わずに勝つことに満足のいく表情を見せてような性格ではないからです)

返信する
TaoCheng

テバルドが素手の戦いに進化したなら、その因果が今世で主人公からエイドリアン武闘を習う流れになるかもしれませんね。しかも剣を売ってしまったとかの理由で。
個人的に敵の技から習う流れは面白く思います。灰色の騎士から習得した“一刀両断“も今や主人公の決め技ですよね。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

ビブリオはなぜレアンドロ侯爵を殺すことを避けます、懐柔を試して、それほど遠回りな行動を取るのか?
レアンドロ侯爵の規格は小さくはありませんが、最終的では、裏舞台の部外者として取るに足らないはず(しかし、彼は少女公爵に近く、彼が知らないはずの多くのことに気づいたようです)、彼らが彼をこのように異なって扱うようにするのような価値がありますか?
ただ一枚の駒、過去の生の経験から判断すると、厄介は厄介ですが、彼を処分すると、それほど傷つくでしょうか?(だから懐柔を試してみて)
前の推測のように、少女公爵の純粋な好みに加えて、いくつかの特別なポジションがあるかもしれません。

今更弱点を調査する理由は(レベル差が大きいので、将来彼の計画を脅かす可能性のあるレアンドロ侯爵のような厄介な要素をは、より早く制御されるべきはずです)、少女公爵(幽霊達の上官)のような他の派閥の障害のせいでそのような行動しにくいで感じます。(主人公のような強力な駒が到着するまで、それは非常に厄介です)

ネクロン紳士会と幽霊達の両方がビブリオのいる「側」にいることが確認されており、少女公爵はおそらく同じ線上にあるでしょう。
しかし、今後のメインプランの実施では、レアンドロに対する態度に違いがあります。(少女公爵だけが一人でいるのではないかと思います)

なぜ少女公爵もボティスの力を使うはずであるのに、ビブリオによって制御されるべきではないのですか?
ビブリオは強さや地位の面では確実に少女公爵の上だと思いますが、それでも司祭長のビブリオの支援によって自身のグループの戦力を保有しような状況で、自身のグループの独立性を維持することができる、ビブリオは彼の考えを無視して恣意的に調略することはできません。
この件だけで、少女公爵の株が大きく上がった。

ビブリオの正体と彼の居場所は本当に十分に秘密ですか?彼と紳士会のつながりは他の人に気づかれますか?
他の雑魚のような存在が彼の住居から直接彼に報告できるという事実から判断すると、紳士会はコマンドシステムの階層とセキュリティの取り決めを持っていないようです。
紳士会全体に他に有能な幹部はいないのですか?他の章に登場するの存在の強さも非常にイマイチであり、主人公のような外援のみ頼ることができるという羽目に陥っているようです。
入れ墨のせいか、セキュリティを気にせずに紳士会のメンバーを信頼できます。ビブリオはすべてを自分で管理でき、魔王の力は自分の手にあり、内部の他の幹部を育成するために使用されませんのようです(ただし、彼は幽霊に力を貸しました)。これらの組織の狀況はすべて、ボティスの疑い深くに関連している可能性があります。(そして、おそらく同じ主義から、主人公を本当に信頼していません)

レアンドロ侯爵は、誰かが彼に対処しようとしていることをすでに感じており、彼はもともと帝国の多くの黒幕を意識していましたね。(少女公爵のせいか?私は彼が公爵にどのように支持されたかについて本当に興味があります)
イザベルとの具体的な関係は何ですか?レアンドロからの特別に念を押しますと皇帝暗殺事件での彼女の死の経緯から判断すると、彼女は単純な部外者のように感じるです。(同じことがレイリーにも当てはまります)

ボティスから授けられた力は、仮契約と言われるが、並外れた性能を持っていますね、実際、彼に与えられた効果の強さは、幽霊達よりもはるかに高いようです。
主人公は、自分がとても近くにいても発見できないことにゆっくりと気づきます。そのため、ますますリラックスした姿は本当に非常に人間らしさですね。(骸骨はまったくありません)

また、仮契約であるため、期限があります。
更新がない場合は、36時間以内に次のプロットが完了することを知ています。

返信する
TaoCheng

ビブリオはボティスを他の魔王達に勝たせるという目標はあるにせよ、それはレアンドロ達無しにネクロンの雑魚を集めて遊んでるだけで達成できるとの計算でしょう。
少女公爵のようにビブリオとは反対の目標を持った者でも興味深ければ仲間にするし、レアンドロのように性格が合わなそうな者も一緒に何かやったら面白いくらいに考えてると思います。
ビブリオの居場所に関しては精神を操作する結界が張られてるでしょうね。いくらなんでもネクロンのチンピラが出入りしているのをT&Tが見逃すはずないです。
その他のセキュリティに関しては彼の戦闘力はS級モンスター相当(広域の制圧の威力はワドゥルスより低そうですが)なので特に無いと思います。オスカル伯爵のような中、上級の帝国騎士が数十名で襲撃してきても簡単に壊滅できるでしょうね。
イザベル・シモーヌは近衞団長なので大勢いる剣主達より実力は上のはずですがレアンドロは少女公爵から侯爵位をもらってますので、彼女に対し“黙って俺について来い“くらいに考えてる気がします。ビブリオとっては従順な性格の彼女は面白みの無い部外者かと思います。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

外部のセキュリティの問題は本当に簡単に解決できます(彼自身の強さを考えると、彼は間違いなくさまざまな手段を持っています)、主に内部的に言えば、それは恣意的主義ですね。(特に入れ墨があるのせいか、地位や強さのない人の信用を心配するにはない、だから管理する有能な幹部の必要はありませんね)

朝を食う蛇の領域は、ワドゥルスのSランクスキル存在感に比較するようです。
しかし、力が限られているアイザックは、まだワドゥルスは眠気に负けを作ることができます、司祭長レベルの強さはSランク以上にあるべきだと思います。

イザベル・シモーヌの強さについて:私は別の見方をしています
彼女はギスによって完全に圧倒された(ギスは彼女を封じ込めるために2人のデュラハンだけを使用した)。そして、剣主レベルはレッドフレークレベル(多分、ギスは特に強いです)よりもそれほど弱くはないだろうと私は感じています。(65話で剣主に対する青狐の態度から)
だから私はイザベルを剣主のような世俗最強の戦力の下に置きました。(作中世界で繰り返し強調されているから判断すると、それらは確かに表面上の帝国で最も強い存在であると思います)
確かに「皇室騎士団長」の身分から判断すると、その強さは少し微妙ですが、彼女と皇帝(影武者)はただの捨て石だと思います。

返信する
TaoCheng

ビブリオはまだ力を隠してるかもしれませんが、彼が本当に“魔王の代理人“ならばアイザックに勝つことは出来ないでしょう。なぜならアイザックはおそらく“組織“の一員であり作中で明言されてませんが、侍従部二品などの階級がある魔界の中の序列です。73話でもアイザックは魔界で術を行使したことがあるかのように発言しており、96話では(文の切り方により分かりづらいですが)魔王達を祭祀で呼び出せる下級悪魔と呼んでおり、普段の彼の魔王達に対する態度もやはり下級悪魔に対するものですね。
カラスの状態でもS級モンスターを制圧できるあたり本当は女神の呪いの影響が無いのか、制限があっても計り知れないほどなのか、いずれにしても上位の魔王そのものかそれ以上の実力です。

個人的にはアンバーの殺し屋達の力は帝国の人材を上回ってる気がしますが、これは今後の展開で見たほうが面白いかもしれません。アンバーと帝国の繋がりを絶った原因にまつわる戦いがあるはずですので。誰が何の陣営か楽しみですが主人公はネクロンですよね。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

レッドフレーク達は剣主達よりも優れていることに私も同意します。(質であろうと量であろうと)
しかし、全体的な戦力は、帝国側ではまだ計り知れないようです。(魔塔主、少女公爵と幽霊、ビブリオとネクロン、黒騎士など)

ちなみに、ナニャウの強さについて、皆さんはどう思いますか?彼女は私が今のところどこに置きのか最もはっきりしないキャラクターですね。
私は一時的に彼女を魔塔主の上と少女公爵の下に適当に置きました。

返信する
猫野

Google翻訳様

ナニャウは確かに、実力がよくわからないキャラクターですよね。私も塔主よりは強いと思います。
300年生きている&全身ル・リウムなので、おそらく人間である少女公爵よりは若干上なのかなと予想します。ただこれまでの活躍を考えると、僅差だと思います。
ナニャウに少女公爵が借りている隠蔽が効くかどうかが影響しそうです。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

設定面から見ると、もともと同じ時代に生きた長生者アイザックに近づくことができると期待されていましが、ストーリー面で部隊の一員として直接に行動が参加し、そして黒騎士の手で死ぬだけ(あっさりと株が下がる)、全体的にもやっぱり司祭長レベルほどの全能感は全然ありません。

彼女の強さが少女公爵よりも高くなく、さらに弱いと思うのは、114話で作戦会議でナニャウも行動に参加することを前提に、T&Tギルドのメンバーは、少女公爵の登場の可能性について非常に慎重な態度で話し合う。そしてその作戦におけるナニャウの役割は多分最悪の場合、少女公爵を封じ込めるためにあるべきであることを考えると、二人の差も大きくないと思います。(彼より強い場合はそれほど緊張しないはずです)

彼女は確かに300年生きている&全身ル・リウムの規格を持っていますが、少女公爵はとても強いので、彼も同じく普通の人間ではないと思います。(魔塔主も百年以上の人生を持っています)

返信する
TaoCheng

レッドフレーク達は能力の癖が強く、星色の青狐の物理攻撃の能動的無効化は、雷の塔主の雷電や超高速には無力だと思います。
しかしありえない対戦かもしれませんが雷の塔主とレアンドロでは高レベルの剣気とバリアで、レアンドロの完勝な気がします。
ナニャウに関しては、スティグリッツの打撃や主人公の剣気Lv3を受けてどうともない灰色の騎士が鎌を手でガードしてるあたり攻撃力が極めて高いですが、レトリック・アエザールには及ばない(もし彼より見込みがある存在ならプルソンの方針に消極的なスライム園長やブロディ・バルドフを引き抜けてるはず)でしょう。そしてアエザールは帝国の主力である剣主にさえ勝てないと思います。もしプルソン信者の幹部達で剣主達を倒せるなら、プルソンな望み通り人類撲滅に取りかかってるでしょう。
更に具体的に追求するなら、ブロディ・バルドフやオスカル伯爵より少し弱いくらいかもしれません。彼女の300年以上の人生もギルド運営をおろそかにするほどル・リウムの研究に費やされており、そもそも戦闘に関心が無いタイプの人物な気がします。(その割に主人公をすぐ殺そうとしてきますが)

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

確かありそうかもしれませんね、実際の対戦の相性を考慮に入れるのは別の問題であり、今回は全体的な強さの「格」についてのみ話します。

描写の観点から、レアンドロの素の強さ(遺産などの存在を脇に置いて)は青狐よりも強いと思います。

私はナニャウはとにかくレトリック・アエザール、さらにはオスカル伯爵よりも弱くなることはないと思います。
少なくとも、彼女は剣主レベル以上の強さである必要がありと思い、そうでない場合、彼女がT&Tギルド本格派メンバーの頂点と見なされる場合(彼女不在後にT&Tギルドの拠点が帝国によって簡単に全滅するという観点から、彼女よりもはるかに強い幹部はいないだろう)、彼らの組織(T&Tギルド本格派)の規模と世界で勢力干涉力の大きさはおかしくに思える。(例えそのレベルの戦力では、国家レベルでの勢力の競争に干渉することはあまりにも苦労的です、そんな組織としてが帝國皇室と敵対することをあえてすることは不可能はず、そのような行動のリスクが高すぎるです)
私も彼女は戦闘が得意な人物ではないと思いますので(80話で、ナニャウは、自分が300年ル・リウム研究に明け暮れている間に、魔王の信者にギルドが飲み込まれてしまったとと述べた)、300年以上の人生を送っていても、アイザックらとはまだまだ大きな強さの格差があります。 ただし、この世界に足場を築きたいのであれば、いずれにせよ、彼女自身(と自身の組織勢力全体)はかなりの程度の戦力を保有しなければなりません、それほど戦闘力を軽視することはできませんはずです。(軍事力は、すべての独立した組織が立つ基盤です。 商人ギルドのような組織でさえ、規模が十分に大きく、政府の支配から外れている、国軍の保護に頼りない場合は、傭兵団を雇って、自身の私兵を育成することも必要あります。国家権力に直接に敵対的な行動を出すT&Tギルドのような違法組織は言うまでもありません、彼らの活動の規模に対応する戦力を持っている必要があります)

これまでに登場した魔塔主がアイザックから虫のように扱われていることを考えると、ナニャウが彼らより格下とは想像しがたい。
アイザックの態度から考察すると、彼が彼女のことに対して上から目線で話していても(111話で,アイザックにとって、同じく長命のナニャウはひよっこ扱い)、彼はまだ彼女を真剣に受け止めています。そして、ナニャウも同じような感じ、同年代の人として、彼女はそんな全盛期があるのアイザック(それほどの大呪術師)に畏敬の念を示さなかった。
二人は同じ時代に住んでいて、お互いの存在を知っており、お互いを「なかなかの者」だと思っていると思います。(確かに格差はありますが、お互いに対する態度の観点から、お互いを過小評価したり、過大評価したりしていませんね。多分それはビブリオと少女公爵の關係のような感じですかと思う)

戦闘面に限らず、正直に個人的には彼女将来の株がもう少し上がることを願っています。さもないと、この背景設定はちょっと残念になります。
だって、これまでのところアイザックのレベル(無数の力と制限があると感じ、深さを知るのは難しい)に近づくことができるように見えるのは彼女と少女公爵だけであり、こんな物語の中で非常に重要な役割を果たしてと思います。

スライム園長とブロディ・バルド・バルドフは、他の理由でのみプルソン信者派に一時期に従属するべきであり(たとえば、魔王の力、亜人のアイデンティティなど)、リーダーの強さだけを見込みの指標として直接使用することはできませんと思います。(実際、今のところプルソン信者派が彼女がまだ生きていることを知っているかどうかは疑わしい)

プルソン信者派のトップ幹部達で剣主達を倒せないことに私も同意します。(そうでなければ、彼らが把握できる情報から判断すると、おそらくより積極的な行動があるでしょう)
情報が限られた、アンバーと戦争関係などの機密情報の無知から判断すると、魔王の要素を考慮せずに、T&Tギルドプルソン信者派の格はレッドフレークと直接関係のあるT&Tギルド本格派よりも低くすべきだと思います。(規模に関しては、彼らはT&Tギルドのほとんどのリソースを所有するのにまだ優れているはずです)

返信する
TaoCheng

鎌を振り回すナニャウはスタイリッシュで好きですが、彼女のT&T首都“秘密本部“はアンバーの本部と違い弱小そのものだと思いますよ。実際にナニャウの戦いぶりを見た主人公(レベル100未満と思われる)に、その勢力の小ささを心配されるレベルで、次のレナが本部長になった状態でも彼女がルビアに用意した“最強の護衛“は帝国の捕手に敗れてます。もしレッドフレークと連携してるなら近くにいるルーメン・バルドフを動員して捕手を蹴散らしてるでしょう。(ルーメンはビブリオ監視下の首都を遊び歩けるアイザックも認める強者なので、たとえ剣主が複数で来ても撃退するはずです)

猫野

Google翻訳様

そうなんですよね、ビブリオがレアンドロをわざわざ懐柔しようとするのが、少女公爵が溺愛しているからとしか思えないですよね。あとは剣主としてバシリスク討伐等やらせたい仕事があったからですかね?
ネクロン紳士会ですが、ボティスが祭司長一人にしか力を与えていないとのことなので、刺青が入ったものだけがボティスの信者で、刺青のない少女公爵と幽霊は力を与えているのではなく『貸して』いるので正式には信者ではなく、契約か誓約みたいなもので縛っている状態でしょうか・・・?だからある程度、少女公爵は自由なのかもしれません。
また、確かにビブリオ一人に力が偏っているせいで、ネクロン紳士会にまともな幹部がいないようですね。
イザベルについても、重要なキャラクターではないかもしれませんが、それすらろくに調べることがままならないほど、ネクロン紳士会が人材不足なのかもしれません。
彼はビブリオに気に入られ、彼も情報を欲し、ルビアをエラスト領主にしたいため、本契約しそうですね。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

私も、135話でボティスの発言は、レアンドロ侯爵に言及している可能性が高いと思います。
現在、この種の推論は最も自然であり、その生の展開の方向性と一致しています。(皇室の直接の裏切りはないので、他の剣主と一緒にアンバーに送られました、彼は非常に遅く死んだ)

見た目からすると、手紙を燃やすために使われる青い炎は、剣気の応用のようです(レアンドロ侯爵は純粋な騎士と剣士などの職業で構成され、魔法などのスキルを使用していないようです)。剣気も非常に深いシステムですね。

レアンドロ侯爵は既に、王室に背く自分勝手な剣主と噂されていたが、これは悪名ではなく、過去の描写から現在までずっと見られてすると(81話で首都での大葬儀と人気;142話でルビアと彼の家臣たちは安らぎなど)、世間での評判が非常に良いことは明らかです。
様々な領地の臣民は、彼らは「明らかに彼は高い地位にありますが、彼は率直に発言し、人々の側に立ち、権力者に反対することを躊躇します」どういう「正義無私、正真正銘の騎士」などとして、人々によく知られているようです。
主人公だけが彼についてかなり違う意見を持っていますね(笑。142話でレアンドロ侯爵の名前に対する反応差)。 確かに、これのすべての反面は、その狂気の裁定者のスタイルですね。

本話の終わりにあるレアンドロ侯爵の突然の動きに関して、それが盗難事件に関連している場合(そうでなければそれは完全に新しく展開て予測不可能です)、恐らく、いくつかの重要な情報を突然入手した後自信を持って、騎士団に個人の失敗を巻き込むことを心配する元の主義を変え、部下を連れて出擊するだろうが。
元々の進捗のない狀況を考​​えると、少女公爵が協力するほどのレベルの情報源があるのではないかと思います(当初は公爵が特別に割り当てた仕事であり、彼を昇進させたい少女公爵は、おそらく、レアンドロがこのように失敗するのを見るだけではないでしょう)
もしそうなら、この事件自体はある程度の自演(皇室の中の暗躍者達の行動)がかもしれませんが?このように見ると、ビブリオ自身もこの事件と関係があるのでしょうか?(部下の報告反応は特に慌ただしく見えます)

返信する
猫野

Google翻訳様

レアンドロの評判について、確かにそうですね。皆、レアンドロについては肯定的な意見が多く、彼だけはトラウマを引きずった評価ですね。民心を失わないために、やはりレアンドロを殺さずに、懐柔して利用したほうが良いのでしょうね。
レアンドロの動きは謎ですよね。真面目な性格だから、単独でやると言った以上、撤回しないかなと思ったのですが、少女公爵レベルが持つ情報を得たとすれば納得できます。ただ、ビブリオに目をつけられるようなことを、少女公爵がレアンドロにさせるとも考えにくいので、全く別の勢力が絡んでいそうです。そうなるとやはり今回の動きは予測不可能ですよね。

返信する
猫野

Google翻訳様

指定されたコメントを削除しましたが、間違いなかったでしょうか。
また一度削除すると、システム上、コメントに再承認が必要になるかもしれません。その際はなるべく早く対応しますので、宜しくお願いします。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

間違えなかった、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

返信する
猫野

Google翻訳様

合ってて良かったです。お気になさらず、いつもコメントありがとうございます^^

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

TaoChengさん、ナニャウの強さについて(前のスレはいっぱいのようで、返信できません)

それは確かに良いエントリーポイントですね。そこに示されているものがナニャウのすべての強さではないと思います(前述の議論によると、彼女の強さが一定の程度に達していない場合、力間のゲームのバランスは非常に微妙しているように見えます。レトリックらでさえ皇室をそれほど大胆に攻撃しませんでした)。でも、やはり彼女の強さに明確な位置を与えるのは本当に難しいと思います。
そして主人公(ちなみに66話で、主人公の総LVはすでに135に達しました)の心配から判断すると、全体的な力の大きさはそれほど大きくはないようです(やはりプルソン信者派はT&Tギルドのほとんどのリソースを所有するよね)。T&Tギルド本格派が最終的に格上を見えるの根拠は、彼らはアンバーと帝国についての黒幕をよりよく知っており、レッドフレークとの関係はプルソン信者派の関係よりも近いはずです。(ただし、彼らのメンバーを直接借りて作戦を実行できるそれほどの連携関係かどうかはわかりません、実際彼らはル・リウム強奪作戦を支援しませんでした。 そういえば、ルーメンが公務や個人的な理由で首都に来たのかどうかはまたわかりません)
また、当時約束されていた“最強の護衛“の強さ(ルビアを守ることができなかった)が少し気になります。
ルーメン・バルドルフの強さは、このように見ると、確かに剣主レベルを上回っているが適切だと思います。

返信する
猫野

ナニャウの強さについて、皆様の考察大変参考になります。
私としては、ナニャウは骸骨の彼と同じイメージです。
基本能力は高く、単体での戦闘能力はかなりのものだと思いますが、性格と攻撃スタイルは、集団戦や集団を率いることが不得手で、今のようなポジションに収まっているのかなと思います。

返信する
TaoCheng

私も彼は集団行動が苦手なように見てますが、本人は“陰の戦術家“を自認してるようです。
ビブリオと契約するとサディストになるように、アイザックと契約すれば自惚れ屋になるのかもしれません。

返信する
TaoCheng

66話の数値を確認したところ武闘会の面々が遥か昔に感じられるほどの成長でしたのでレナのシナリオクリア時は確かに相当のものでしょうね。
ナニャウの凄さはT&T本格派のメンバーがル・リウムを彼女に渡せば必ず大きな事になると信じていることでしょうか。それが因果を変える力なのか転職のようなパワーアップなのか、遺跡のようなアイテムを作ることなのかは、まだわかりません。
個人的にナニャウは主人公に灰色の騎士のような回路が刻まれた鎧を作ってほしいですね。すると特典“指定保護“が有効活用できるかもしれません。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

彼女は300年の間ル・リウムを研究していて、今日でもそれを追求しています。
彼女にはどのような目標があり、どのような目的でT&Tギルドを創設しましたか?
彼女は最近まで本格派のメンバーの前に再登場したようです(ギルドを再びリードし、行動に参加する)、この300年間、どこでどのような活動が行われてきましたか?

そして、T&Tギルド創設者の二人のもう一人は一体誰でしょうか?彼はもともとギルドを実際に面倒していましたか?
かなり興味深いですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください