漫画「接近不可レディー」29話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧・登場人物まとめはコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「接近不可レディー」原作:Kin、作画:Mingsung、原題:접근 불가 레이디

毎週月曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「接近不可レディー」29話のネタバレ

ヒリスとアクシオンが次に会うのは、二日後に決まった。

アクシオンは、ヒリスがこの前の手のケガを、医者に見せずにメイドに治療させただけだと知り、変に思うかもしれないが、あなたのことを気にかけていたい、その手の傷も未然に防げなかった気がしてと打ち明けた。

部屋がくすぐったいような雰囲気になったところで、ディエゴが怒鳴りこんできた。

ディエゴは、アクシオンがいることに固まり、しかもイノアデン前当主と呼ばれ、愕然とする。

アクシオンはディエゴに、体調が良くないと聞いたがそのようにしてて大丈夫なのかと確認すると、それではお引取りくださいと指示する。

イノアデン当主との重要な話を邪魔されたくないのだと、アクシオンは冷たい目を向け、ディエゴはぐっと我慢してその場を辞した。

アクシオンがヒリスに、やはり事前に連絡をすべきだったと言うと、ヒリスは、とても面白かった、お客様が気を遣う必要はないと突っぱねた。

その後、ヒリスはカリキア当主、ルネ・カリキアのもとを訪ねた。

ヒリスとルネは、直接話すのは初めてだった。

そこへマゴが大喜びでやってきて、ヒリスに抱き着いた。

ルネは噂通り体の調子が悪く、寝室での面会になった。

ルネは、両家にとって重要な話になるかもと言うのだった。

漫画「接近不可レディー」29話の感想

アクシオンは結構積極的ですね。いきなりヒリスに会いに行ったかと思いきや、ほぼ愛の告白をしています。

ヒリスの表情は見えませんでしたが、背景がまばゆい感じだったので、嬉しかったのかもしれません。

過去生で彼女を必要としたり、大事にしてくれた人は、マゴとペラノぐらいです。

クリスはヒリスを愛していましたが、愛情表現が歪んでいたので伝わっていません。

認めてもらえず、孤独な人生を送ってきた彼女からすれば、アクシオンの少し強引な愛情表現は、胸に響くものがあるのではないでしょうか。

ヒリスをきちんと立てて、ディエゴを華麗に追い払っていましたし。

また、ディエゴの乱入で、甘酸っぱいような雰囲気は続きませんでしたが、あのままだとヒリスもどう反応していいかわからなかったと思うので、珍しく空気を破壊したディエゴに感謝したのでは。

さて、カリキアの現当主が登場しましたね。重要な話とは何でしょう。とりあえずマゴが可愛いです。

まとめ

・アクシオンは、ヒリスのことが気になっていることを本人に打ち明ける

・ディエゴが乱入したが、アクシオンが追い払う

・ヒリスは、カリキア当主ルネ・カリキアに面会する


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください