漫画「接近不可レディー」28話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧・登場人物まとめはコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「接近不可レディー」原作:Kin、作画:Mingsung、原題:접근 불가 레이디

毎週月曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「接近不可レディー」28話のネタバレ

ディエゴは、親族ペラノが自分ではなく、ヒリスの所に挨拶に行ったことが許せず、ヒリスは何処だと怒鳴り散らしていた。

ヒリスがいるという応接室に怒鳴りこんだディエゴだったが、そこにいたのはヒリスとアクシオンだった。

その1時間前、ベルゼット家の執務室で仕事をするアクシオンの所に、前当主である彼の母ゼノン・ベルゼットが訪ねてきた。

皮肉めいた親子の会話をした後、ゼノンは、アクシオンがカリキアを手伝ったので、カリキアの涙を譲ってもらうべきだと、長老たちが騒いでいると話した。

さらにヒリス・イノアデンとアクシオンとの結婚を勧めてきたそうだ。

ゼノンとしては、アクシオンが結婚を望まないならする必要はないが、恋愛はした方がいいと言う。

またゼノンは、夫から禁煙を強制されているので、アクシオンの執務室で一服するために来たようだった。

アクシオンが、父に宜しくと伝えると、ゼノンは、また来ると言い帰った。

一人になり仕事を再開するアクシオンだが、ヒリスの笑顔を思い出すと、本日の仕事は十分だと判断し、ヒリスのもとをいきなり訪ねたのだった。

次回の約束を決めてなかったからと言い、やって来たアクシオンに対し、ヒリスは、今まで通り手紙でやりとりすれば良かったのではと言う。

アクシオンは、そう思っていたのだが、何故だか今回は返事をしてくれないかもと思い、居ても立っても居られなかったと、ヒリスの目をまっすぐ見つめて話した。

お茶の準備をしながら聞き耳をたてているメイは、集中しすぎてお茶を溢れさせたが、それよりも二人の関係には何かがあると興味津々なのだった。

漫画「接近不可レディー」28話の感想

ディエゴですが、もう当主ではないディエゴに用はないと、親族もペラノも帰ってしまったようですね。仕方ありません。

しかも怒りに任せて突入した先には、ベルゼット家当主がいたので、なんとも微妙な雰囲気になったでしょう。

ベルゼット家当主アクシオンは、ヒリスの笑顔にやられてしまったのですね。よくわからない理由で、事前連絡もなしに訪問しています。

もう少しクールなキャラクターかと思いきや、意外に可愛い性格でしたね。歪んだ愛のクリスティアンとは違うタイプですし、不器用そうな彼の今後の恋愛がどうなるのか楽しみです。

メイも、無感情な主人の突然の恋愛話に興味津々でしたね。

ヒリスはビクっとはしていましたが、ずっと無表情だったので、アクシオンの言葉を半分は聞き流していそうですね・・・

まとめ

・ディエゴは、親族もペラノも自分に挨拶にこないので激高するが、既に皆帰っていた

・アクシオンは、ベルゼットの長老達が、自分とヒリスを結婚させるよう騒いでいると聞き、ヒリスを意識してしまう

・アクシオンは、事前連絡なし&大した理由でもないのに、ヒリスのもとを訪ねた


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください