漫画「彼女が公爵邸に行った理由」外伝6話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「彼女が公爵邸に行った理由」原作Milcha漫画Whale・原題그녀가 공작저로 가야 했던 사정

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」外伝6話のネタバレ

ハッシュラップ渓谷に到着したノア一行。

そこはかつてノアとアダムが出会った場所だった。

本人が望まないにも関わらず、ノアとシアトリヒの間には王位継承問題が定期的に浮上していた。

ノアが18歳になったころ、参戦し請け負った任務は、ハッシュラップ渓谷の生存者救出だった。

先遣隊は敵の罠にやられたため、ノアは少人数で現地に入った。

そこで見たのは、たった一人で全てを倒し生き残った、赤い目のアダムだった。

ノアは、それほどの化け物なら、弾除けに使えるだろうと思い、アダムに手を差し出すのだった。

そして現在、ノアが弾除けと考えていたアダムだが、お菓子好きの子供にしか見えなくなった。

アダムは、レリアナからのお菓子を嬉しそうに頬張る。

そうして寛いでいると、標的の姿が目に入ったのだった。

一方、レリアナは、ノアを迎える準備のため、母親とともに街に買い物に来ていた。

結婚式は春がいいと言う母は、ウェディングドレスはどうするのかとレリアナに尋ねる。

レリアナは、婚約式のときに頼んだマリー・ウェイン工房に任せたと答える。

数年待ちの人気店だが、ウィンナイト家の権力とお金でどうにでもなるようだ。

すると母親が、とある男性を目にして固まってしまった。

父親から、母には好きな人がいたということ(103話)を思い出したレリアナは、このままモヤモヤした気持ちでいたくないと思い、その男性を追いかける。

だが振り返ったその男性は若く、とても母の初恋の相手だとは思えなかった。

人違いでしたと謝るレリアナ。母にどうしたのかと訊かれ、レリアナは父から聞いた話を説明する。

母は、その人は危険な運動に参加していたから、もう死んでいるのではと、あっけらかんと答えた。

不安なら私に相談すればいいのに、いい加減な気持ちで結婚したみたいじゃないかと、母は父に呆れる。

さっきの男性は、その人物に似ていたため、少し感傷に浸ったとのこと。

それでも今愛しているのは夫だと言うのだった。

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」外伝6話の感想

ノアとシアトリヒは、ずっと複雑な兄弟関係でしたね。

それでもノアはマイペースですね。ひやかしのためにドラゴン狩りに来ています。

だからこそノアという人物なのでしょうね。彼に腹をたてることはあっても、憎みきれない人柄があるため、シアトリヒも口では恨むとは言いつつ、弟を守ろうとするのでしょうね。

レリアナの両親の話がありましたが、母は強しでした。結婚して子供までいるのだから、レリアナの父を選び、愛していることは間違いないのです。

父の方は過去を引きずっていますが、母の方は過去は過去だと、愛するものは夫だときっぱり割り切っています。母親のこの話が父親にも伝わるといいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください