漫画「接近不可レディー」21話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「接近不可レディー」原作:Kin(ROXANA作者)、作画:Mingsung、原題:접근 불가 레이디

悲劇の中で死を迎えるたびに、タイムリープするヒリス。7度目に裏切られたときに、ヒリスはついに未練から開放され、今度は彼らを捨てることにしたのだった。恋愛ファンタジー漫画です。

毎週月曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「接近不可レディー」21話のネタバレ

何故知っていたのかと、にこやかな表情で尋ねるアクシオン。

ビオレッタも、カリキア家とベルゼット家で秘密裏に進めていたことを何故ヒリスが知っていたのか、気になるそうだ。

ヒリスは、マゴの存在を知っていたのはカリキア家当主とビオレッタだけだったので、覚醒した自分が突然救助したのだから疑われて当然だと思う。

嘘をつけば真実の目で見抜かれるだろうが、ヒリスにとっては何の意味もなかったので、彼女は気にせず、マゴのことはカリキアと同じように偶然知ったと答える。

テルゾは真実の目を使いながら、現在イノアデンが保有している宝玉はないかと尋ねると、ヒリスは、保有しているものはないと答える。

ビオレッタは、歓喜の涙のみが宝玉に変わるというカリキアの涙を、拾ったアクシオンから見せてもらう。

そして、経緯はどうあれ大切な子を取り戻してくれたのは事実だから、この御恩はなんとしてでも返すと言う。

そこでヒリスは、計画ではカリキアの当主に直接頼もうと考えていことである、当主に四季の森にヒリスと一緒に同行してほしいことを話す。

そのことに驚くビオレッタとテルゾ、アクシオンは冷ややかな表情だ。

ビオレッタが、当主に相談してみるが、当主の体調が良くないから前向きな返事はできないかもと言うので、ヒリスはわかりましたと返事をするが、計画を変更しなければならないようだ。

するとアクシオンが、四季の森の中に入ることが目的で、カリキアと一緒でなくてもよいのなら、自分が力になると申し出るのだった。

その後、客人たちが帰ると、ガブリエルが寄ってきて、姉一人で対応するのは大変だっただろう、私が付き添って教えてあげるべきだったと、一人で喋りだした。

ガブリエルが、ベルゼット当主の訪問理由を聞いてきたので、ヒリスは、アクシオンが確認したいことがあると言っていたことを思い出し、結局何のことかわからなかったが、そのまま帰ったのなら重要なことではないのだろうと考えた。

ガブリエルは、アクシオンは冷たい感じで怖い、カリキア家を継ぐのはビオレッタでなくあの子なのかと話し続けるが、ヒリスは全て無視した。

ヒリスがメイから、ヒリスの父は食欲もなく臥せっていること、リカルドは書斎に閉じこもっていることを聞く。

ヒリスは、イノアデン家の当主が変わった事実を公表するため、4大家門に手紙を送るのだった。

漫画「接近不可レディー」21話の感想

ガブリエルは幼児か小学生のようなので、環境が変われば、まともな?性格になるのではないでしょうか。

今は、彼女を持ちあげてくれるディエゴもリカルドも閉じこもっているので、ヒリスにマウントとるぐらいしか自尊心を保てない状態のようです。

相手にされていないので、ただ悔しい思いをしているだけですが、それすらあまり気にしていなそうな、ポジティブさを感じますね。

さて、ヒリスの計画では、カリキア当主に協力してもらい、四季の森の中に入るつもりだったようですが、本当に当主の体調が悪いのか、警戒されているのか、やんわりと断られてしまいました。

それでアクシオンが協力を申しでますが、これも彼女を調べるためなのでしょうね。彼がヒリスに確認したいこととは、マゴのことでなければ、夢のことでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください