漫画「接近不可レディー」22話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「接近不可レディー」原作:Kin(ROXANA作者)、作画:Mingsung、原題:접근 불가 레이디

悲劇の中で死を迎えるたびに、タイムリープするヒリス。7度目に裏切られたときに、ヒリスはついに未練から開放され、今度は彼らを捨てることにしたのだった。恋愛ファンタジー漫画です。

毎週月曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「接近不可レディー」22話のネタバレ

ヒリスが12歳の頃、舞踏会でベルゼットの新しい当主となった、当時15歳のアクシオン・ベルゼットを初めて見る。

冷たそうな彼と目が合いそうになり、ヒリスは慌てて隠れてしまったが、どうせ二度と会わないから大丈夫かと思うのだった。

そうして現在、アクシオンと待ち合わせて、ヒリスは王の宮殿にやってきた。

見上げる位置にいる彼を見て、前世で暴走し虐殺したときと逆だと思うヒリス。

アクシオンは、ヒリスから危険な感じの香りがすると言うが、そのうち慣れるだろうと自己解決し、目的の場所へ移動し始める。

ヒリスは、今後何度も同行をお願いすると思うが大丈夫かと尋ねると、アクシオンは、しばらく暇だから問題ない、でも相手がヒリスだから受けたと言う。

ヒリスが、確認したいと言っていたことは何かと尋ねるも、急ぎではないから後日と流される。

四季の森の門に到着すると、アクシオンは、四季の森に入るには肉体的接触が必要だと説明し、ヒリスに手を繋ぐように求める。

仕方ないと思いながら、ヒリスがアクシオンの手に手を乗せると、クリスティアン・パルベノンらが通りがかった。

クリスは、何故二人が一緒にいるのかとアクシオンを睨むが、アクシオンは無視してヒリスの手をギュっと握り、門へ入ろうと促す。

森から出るときも、同様にしなければならないそうだ。

アクシオンとヒリスが門に入っていったのを見て、クリスはとても不機嫌になる。

アクシオンは、四季の森に入れるのは4大家門の当主だけなのだが、閉鎖された空間で万が一の事が起きないように、手を繋ぐ掟があるのではないかと言われていると、ヒリスに説明する。

二人で中に入って、そのうちの一人が死んでしまえば、外にでることができなくなるので、こっそり他家の当主を殺害するのを防ぐ目的があるようだ。

3人で入った場合はどうなのかと考えるが、別にどうでもいいと思い直すヒリス。

そうして四季の森の神殿に到着したのだが、ヒリスはここに死ぬ方法を探しにきたのだった。

漫画「接近不可レディー」22話の感想

ヒリスもガブリエルも、アクシオンを冷たくて怖いと感じたようですね。

今のアクシオンは、社交的に笑顔で接するようですが、その笑顔は本心からではないのだろうなと思います。

クリスティアンほど腹黒くはないと思いますが、普段は冷めた目つきで無表情なので、笑顔がわざとらしく見えるのでしょうね。

そういえばクリスティアンは、運がいいのか悪いのか、妙なタイミングで二人の前に現れました。手に入れようと思っていた女性は、自分を拒絶するくせにアクシオンの手はとるのかと、さぞかしご不満でしょう。

アクシオンがヒリスの過去を夢で見るように、クリスティアンもヒリスとの過去を知ることがあるのでしょうか。

さて、ヒリスは四季の森に入りたがったのは、死ぬ方法を探すためでした。何度も辛い回帰を繰り返してましたからね。周囲を見捨てることにしたので、求めるものは何もないし、そのループから抜け出したくなったのでしょう。

せっかく当主になって虐げられなくなっても、望むのは死というのは、悲しいですし、彼女の人生の凄惨さを感じますね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください