漫画「お父さん、私この結婚イヤです!」最新話37話のあらすじネタバレと感想

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「お父さん、私この結婚イヤです!」原題:아빠, 나 이 결혼 안 할래요

皆に嫌われる悪女ジュベリアンに生まれ変わってしまた主人公は、割り切って父のお金で裕福に暮らそうと考えた。だがサイコパスな皇太子が自分の結婚相手だと知り、父の弟子であるマクスに契約恋愛を申し込む。そのマクスの正体は、サイコパス皇太子マクスミリアンだとは知らずに。それぞれの思惑と勘違いで迷走する、恋愛ファンタジー漫画です、

毎週日曜に最新話が更新されます

前回のあらすじはコチラ

漫画「お父さん、私この結婚イヤです!」最新話37話のネタバレ

全て私が悪いんですと、ジュベリアンがその場に座りこんだので、男二人はショックを受けた。

ジュベリアンは、自分が悪いと謝って、とにかく付き合うと押し通すつもりだった。

マクスは、謝るのは俺の役割だ、きちんと謝罪すると、かなり取り乱した。

ジュベリアンが、父の許しがない限り立ち上がれないと言うと、レジスがマクスと彼女の間に割って入り、わかったから一旦立とうと言い、手を差し出してきた。

二人は、どうにかしてジュベリアンを立たせようと慌てていた。

ジュベリアンはレジスに、マクスの行動は私を愛するが故の無礼なので、私がよく教育するから大目に見て許してほしいと言う。

ジュベリアンに立ってほしいレジスは、許すと即答したので、ジュベリアンはポカンとする。

そうして元の席に戻ったものの、レジスは、失言は許すが交際は許さないと言い出した。

ジュベリアンは、すぐに認めてほしいわけではない、しばらく見守っていてほしいのだと説明する。

レジスは、マクスとの交際を認める気はなかったが、親バカなのを自覚し、分かったと返事をした。

ただ、それとなくマクスの本性を教え、別れさせるつもりだ。

許可がでたことに大喜びするジュベリアンを見て、レジスの表情も和らいだが、マクスと共にいるのは苦労するからと、心配するのだった。

その後、ジュベリアンとマクスは、ジュベリアンの部屋に移動する。

ジュベリアンは、あの父に恋愛を許可してもらえた成果に大満足だった。

そこで、ジュベリアンは改めて、契約についてマクスと話をする。

マクスが紅茶を飲む仕草があまりに優雅だったので、家出した貴族の子息かと思ったが、すぐにまずそうに舌を出したので、やはり違うなとジュベリアンは思った。

マクスの要望で、二人は互いを名前で呼び合うことになった。

ジュベリアンは、マクスの書いた文章を契約書らしい文に手直ししながら、苦労して契約書を仕上げた。

だが、それを読んだマクスは、この内容は認められないと、苦労したジュベリアンの目の前でびりびりに破ってしまった。

苛立つジュベリアンは、そういえば配慮のない男だったと思い出し、自分が我慢しなければ成り立たない関係だったと理解する。

これ以上バカにされたくないと思い、ジュベリアンは彼を睨み、私たちの契約は破棄しますと言うと、マクスは驚くのだった。

漫画「お父さん、私この結婚イヤです!」最新話37話の感想

ジュベリアンは、高貴な身分に関わらず、床に座り込むというパフォーマンスをしてまで、マクスとの交際許可をもらいました。

全ては本来のマクスとの婚約を回避するためですが、マクスはもうジュベリアンに惚れきってますし、気づかずに自ら外堀を埋めていくジュベリアンが可愛いですね。

契約書も一生懸命作成しました。破棄しましたが。ジュベリアンも我慢の限界だったようです。

マクスのこのような自分勝手なところが、レジスが受け入れられない一部なのでしょうね。レジスは徐々に、マクスの難ありな性格を教えるつもりだったようですが、マクス自ら墓穴を掘りました。

さて、愛しいジュベリアンを怒らせてしまったマクス、どう動くのでしょうか。今度こそ、心からの謝罪でもするのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください