漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」最新話30話のあらすじネタバレと感想

※全エピソード一覧はコチラ

漫画アプリcomicoで連載中の「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」原作 Jang Namu 、作画 Hagwa(STUDIO WOOGII)、原題 괴물 황태자의 아내가 되었습니다

毎週土曜18時に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」最新話30話のネタバレ

ブレイクは、スープに入っているもやしを見て、マクルというモンスターの仲間かと思う。

アンシアが、豆からできたもので、食べるともやしのように背が伸びると説明したので、背を伸ばしたかったブレイクは、緊張しながらもやしを食べた。

スープの味は美味しかったので、ブレイクは喜んで飲んだ。

楽しく食事しているブレイクとアンシアの様子をうかがっていたダイアナは、やはり映像石を隠すことなどできないと思い、その場を離れた。

その夜、映像石を何故持ち帰ったのか問われたダイアナは、壊れたからと答えた。

皇太子宮に怪しい動きはないか、呪いは進んでいるのかと訊かれ、ダイアナは、ない、よくわからないと淡々と答えた。

ベラシアン伯爵は、カシル公爵の長男がウェスティン侯爵令嬢との婚姻を発表したと悔しそうに言うと、アンシアのように美しく賢くないくせに、社交界の中心になれる能力もないくせに、父親の言うこともまともにきけないのかと、ダイアナをひどく罵った。

まだ屋敷に木剣が置かれているのを見た伯爵は、木剣を廃棄しようと掴んだ。

ダイアナは慌てて、姉からもらった大事な剣だと言い、取り返そうと手を伸ばす。

今度は剣術訓練で傷だらけの手を見られてしまい、ベラシアン伯爵に怒鳴られる。

ベラシアン伯爵の怒りは、ダイアナ自身を心配しているからではなく、ダイアナの結婚市場での価値が下がることを恐れてのもので、付属品扱いなのだとダイアナは気づいた。

ダイアナは、結婚する気はないこと、来年は騎士アカデミーに入りたいことを打ち明けた。

ベラシアン伯爵が、女のくせに騎士になるのか、下級貴族や平民の真似をすると言うのかと言うので、ダイアナは、それは偏見だ、第3騎士団長シャノン伯爵も女性ではないかと言う。

ベラシアン伯爵が、ダイアナが尊敬するその女性を行き遅れだとバカするので、言い合いになった。

そしてダイアナが、皇室の騎士になり姉を護りたい、もう変なことさせないでと言うと、ベラシアン伯爵はダイアナの頬を叩いたのだった。

漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」最新話30話の感想

もやしは、食物繊維やビタミン、アミノ酸が含まれているので、確かに栄養豊富です。

テステオンが、東方のチャン国から取り寄せてくれたそうですが、何でも揃えることができますね。さすがテステオン。

ブレイクは、もやしが淡泊なのであまり好んではいないようでしたが、スープと一緒に食べるよう、アンシアがしっかり注意していましたね。

このようにアンシアサイドは、銀漢の監視もついているので平和ですが、ベラシアン伯爵家がおかしなことになっていました。

ベラシアン伯爵は、これまでアンシアを虐げて、ダイアナを可愛がっていたというのに、ダイアナが言うことを聞かないからと暴力を振るい始めました。しかもかなり罵ってました。

アンシアがいればアンシアを殴っていたのでしょう。屑親ぶりは相変わらずですね。

ダイアナにとってベラシアン伯爵家は安全な場所ではなくなったようです。家から救いだせればいいのですが、アンシアのように結婚して出るのは、すぐできるものでもないので難しいので、心配ですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください