漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」123話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも記憶と能力を維持したまま復活する、無名のスケルトン兵士が主役の転生ダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」123話のネタバレ

鼻歌を歌いながら化粧をする少女公爵のもとに、貴族内に内通者がでたと言う報告が入る。

少女公爵は、報告しにきた幽霊に、自分は忙しいからリドバーレンにやらせろと指示を出す。

私の彼氏の誕生日プレゼントは一体いつ用意できるのかしらと、少女公爵は気怠げに呟くのだった。

一方、異空間でレナの死体を抱きかかえる彼。

レナのペンダントの予言は正確で、彼自身は無事だった。

だが、同じ異空間内に、ナニャウなどの他の死体が浮いていた。

死体から精髄吸収するが、魔法使い相手だと少し効率が落ちるようだ。

ナニャウからは多くのスキルを獲得でき、特に彼女がメインで使っていた死神の鎌マスタリー(レア)スキルが気になった。

早速使ってみようと思うが、魔導工学レベルが足りないのと所有権がないとのことで、彼女の武器が彼を弾いた。

それならばと、皇室のル・リウムを吸収しようと思うが、黒騎士が持ち去ったのか、異空間内に見当たらなかった。

黒騎士は皇室と関係があるのかと彼は考える。

さらに、ル・リウム獲得に失敗したが、皇室は黙っているわけがないから、T&Tギルドは制裁を受けると考えられ、ギルドが保護しているルビアのために、急ぎこの場所から脱出しなければならなかった。

すると、異空間内の物質が消滅し始めた。

着ていた鎧やレナの死体も消えた。

だが、彼の体や、ル・リルム回路は無事だった。

彼は、ここから脱出してルビアを守るために、スキルを使用し、空間を殴り続けた。

しばらく叩き続けたが、スキルの熟練度が上がっただけで、脱出はできなかった。

どれほどの時間が経ったかわからないが、彼はルビアのために、また殴り始めた。

すると、ガラスのように空間が砕け、ここにいたのかと、鴉型のアイザックの影まで現れた。

アイザックは、力が限られているから、早く出ろという。

アイザックの影についていくと、山の中に出た。

アイザック本体が待っていたのだが、結界を破るためにかなり苦労したのか、ところどころ羽毛が抉れ、くちばしにもヒビが入っていた。

アイザックの話では、彼は空間を保存して混ぜる結界に閉じ込められていたそうだ・

彼が、今はいつか、ルビアはどうしているのか、皇室はどう動いたのかと質問すると、アイザックは悲しそうに目を細め、彼が消えてから2年経ったと話し始めるのだった。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」123話の感想

彼は2年も結界に閉じ込められていたのですね。保存して混ぜる結界とのことでしたが、黒騎士は彼らをリセットしようとしたのでしょうか。

2年も経っていたということは、ルビアはもう、皇室に捕らえられているか、殺されているか、安全な状態ではないでしょうね。

リドバーレン家が元気なら、ルビアや彼のサポートが無くなったイボト家は、没落していそう。イボト家の衰退とともに、リドバーレン家が力を着け、さらに戦争が拡大しそうです。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください