漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」77話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※最新話・各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「シャーロットには5人の弟子がいる」原題・샬롯에게는 다섯 명의 제자가 있다

毎週土曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」77話のネタバレ

飼い主はペイルではない、と言われてエルドは動揺する。

目覚めたテンジェルは、いつものか弱そうな雰囲気ではなく、どこか淡々としていた。

エルドがここから出ようと言うも、必要ないと答える。

そして、何故エルドがここにいるのかと、ペイルに尋ねる。

ペイルが、誤って邸宅の通路を開けたままだったかもしれないと答えると、テンジェルは、わざとそうしたのだろう、以前も勝手にエルドに接近して困難な状況にした、何が狙いだと言う。

ペイルは、別の妖精の血があればテンジェルを傷つける必要はない、これ以上テンジェルを傷つけたくないのだと言う。

テンジェルは、エルドは引き入れないと言ったはずだと睨む。

そして、どうしたのと混乱するエルドを、眠らせるのだった。

過去のエルドは、境界で生まれたからと、他の妖精から疎まれていた。

そんな中、テンジェルだけが、エルドを差別せず仲良くしてくれた。

だからエルドは、テンジェルがあのような冷たい顔をするわけがないと思ったのだ。

ふと目を開けると、エルドは何故か、簀巻きにされてダンに運ばれていた。

そこにはシャーロットもいて、後ろには巨大クモの抜け殻が落ちていた。

エルドにつけた追跡魔法で、シャーロット達が来た頃には、抜け殻と、蜘蛛の糸に巻き付かれたエルドだけだったそうだ。

エルドは、シャーロット達が自分を利用してここを突き止めたのだと勘違いする。

シャーロットは、誤解させてしまったようだが、エルドを弟子にすることと今回の事件は無関係だ、追跡魔法はエルドを保護するためだと説明し、、どうしたいかは自分で決めなさいと言う。

エルドは、全てを話せば、テンジェルと自分を助けてくれるかと言い、シャーロットは、もちろんと答えるのだった。

話を聞いたシャーロットとダンは、妖精の血を利用して魔獣を操るつもりなのか、魔獣はさらに大きくなることを話す。

シャーロットが隠し通路をみつけ、3人で中へ。

すると目の前に魔法陣が現れ、マーベルの魔術師と、書簡を持ったジェフリーが現れるのだった。

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」77話の感想

テンジェルはペイルと殺人を繰り返していましたが、そんな中で、テンジェルはエルドを守ろうとしていたようです。殺人をしなければいい話なのですが・・・

テンジェルたちは魔獣を育ててどうしたいのでしょうね。テンジェルとペイルのやり取りを見ていると、テンジェルの目的と、ペイルの目的は、もしかして違うのではと思ってしまいます。

エルドのピンチに、やはりシャーロット達が駆けつけましたね。しかもなぜか、マーベルの魔術師をつれたジェフリーまで。

ジェフリーは、カルシリオンに頼まれてやってきたのでしょうか。

過剰なくらいの戦力が集まったので、魔獣対策はばっちりですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください