漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」最新話22話のあらすじネタバレと感想

※全エピソード一覧はコチラ

漫画アプリcomicoで連載中の「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」原作 Jang Namu 、作画 Hagwa(STUDIO WOOGII)、原題 괴물 황태자의 아내가 되었습니다

毎週土曜18時に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」最新話22話のネタバレ

皇太子宮は古く物寂しい場所だった。

愛という意味のアモリアという名前ではあったものの、まともな庭もなく、冬になると花の1つも咲くことが無かった。

テステオンは、湖を埋めてそこに温室を建てるという。

アンシアが溺れた湖だったので、アンシアが、もし私に気を使ってということなら、以前は場所を把握していなかっただけだからもう大丈夫だと言う。

テステオンは、嫁を溺れさせた危険な湖を放っておくことなどできないと、やたらと殺気立つ。

その後、アンシアはブレイクに、陛下が湖の所に温室を建ててくれる話をした。

ブレイクに、湖を埋めてしまっても大丈夫かと訊くと、アンシアが落ちてしまった湖だから、早く埋めてほしいと、テステオンと同じ反応をした。

おそらく広くなるであろう温室に、アンシアは白菜を植えて漬物をしたいと言う。

ブレイクは、アンシアのために真っ赤な薔薇を植えたいとのこと。

赤い薔薇は愛を意味し、プロポーズのときにも使われるので、アンシアは、自分はそのようなことをしてもらってもいいのだろうかと、少し胸が痛む。

舞踏会当日の朝になった。

アンシアだけ皇帝から贈り物をもらい、礼法を習い、舞踏会に参加するのに、アンシアの喜びは自分の喜びかというように、ブレイクは笑顔でアンシアを応援してくれる。

アンシアは侍女たちの手で美しく仕上げてもらい、それを見たテステオンは、綺麗だと褒める。

アンシアはテステオンを完璧すぎると褒め、二人は笑顔で手を繋ぎ、会場へ入るのだった。

漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」最新話22話の感想

アンシアが身投げした湖を埋めてくれるようです。

存在しているといつまでも嫌な思い出が蘇るので、埋めてしまうのは正解ですね。

でも湖を埋めるって、かなりの規模の工事になります。それだけお金と手間をかけるといことでも、皇帝がいかに皇太子妃を可愛がっているかがわかりますね。

さらに皇帝のエスコートで舞踏会に参加しますが、アンシアに近づこうとする者が大勢いるのでは。

変なのも寄ってくるでしょうけど、有力な貴族達と仲良くなり、ブレイクの後ろ盾ができるといいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください