漫画「悪役のエンディングは死のみ」57話の翻訳ネタバレと感想!あらすじまとめ

全話一覧はコチラ

韓国のkakaopage版(毎週金曜5週連載後、1週休載)を翻訳しました。日本語版が公開されたときに、間違っているところがあれば後ほど訂正いたします。

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「悪役のエンディングは死のみ」原題・악역의 엔딩은 죽음뿐

1~3話までピッコマで一気読みできます。

ピッコマ版は毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「悪役のエンディングは死のみ」57話のネタバレ

また今年は何の噂を作るつもりだと怒鳴るレナルドは、公爵に声が大きいと注意されたので、小さな声でペネロペに小言を言う。

ペネロペが無視すると、今度はデリックが、軽率な行動は控えろと注意する。

ペネロペが、父が許可したことだと言うので、公爵は、宴会場で武器所持を禁止されていないのではと誤魔化し、騒がずに座るよう促す。

ただ、今年も騒ぎをおこせば皇居の牢獄に入れられても放っておくからなと、念押しした。

デリックは、また家に泥を塗ることになれば監禁だけでは済まさないと警告する。

するとアナウンスとともに、カリストが宴会場に入場した。

ペネロペはいつも攻略対象の頭の上の数字に目がいくが、カリストに対してだけはその黄金の髪が先に目に入る。

カリストと目が合いそうになったので、彼女は思わず顔を伏せた。

カリストもすぐに別の方へ顔を向け、全体に挨拶した。

カリストは、皇帝陛下が静養のため南に向かったので今年の狩猟大会はカリストが主催すること、今年は親善国の貴賓も参加するから最も熾烈な競争になること、他国から来た珍しい獣もいるから楽しめることを話した。

カリストが挨拶を終えると、皇妃の父で第二皇子の祖父であるエレン侯爵がカリストを呼び止め、皇妃と第二皇子は何故今回の狩猟大会に参加しないのかと尋ねた。

カリストは、招待状に返事がなかったから陛下のように具合が悪いのではと返す。

エレン侯爵が、先日お会いしたときは元気だったのに急に具合が悪くなったのかと言うと、カリストは、私が主催するのを見たくなくて癇癪でも起こしているのではと言う。

第二皇子については、陛下を恋しがって泣くので、静養に同行したお子様だと皮肉った。

それを聞き、エレン侯爵が青ざめる中、周囲の貴族は笑った。

第二皇子は子供と言う年齢ではないので、カリストは皇妃と第二皇子にけなされたことを、支持勢力と一緒にやり返したようだ。

元のゲームにはなかった話である。

するとペネロペと目がったカリストは笑みを浮かべ、好感度が3%にあがった。

そして、開会の辞でさがるつもりだったが、宴会に最後まで参加すると言い出した。

その後、カリストは支持勢力と談笑しているようだったが、徐々にペネロペのいるテーブルに近づいているようだった。

エミリーはペネロペの様子がおかしいことに気づき、彼女を気遣い、飲み物を取りにいった。

公爵は挨拶に行ってしまったが、ペネロペの左右にはエカルト兄弟が残っていたので、いくらカリストでもこの二人の前で自分を殺さないだろうとペネロペは安心していた。

だがレナルドが立ち上がったので、ペネロペは思わず彼のコートを掴み、どこにいくのかと止める。

レナルドは戸惑いつつ、友人に挨拶に行くと言うので、どうしても行かないとなのか、私と一緒にいてと言うペネロペ。

レナルドは振り切って行ってしまったが、好感度が21%から22%に上がった。

ならばとデリックの方を向くと、デリックは既に他の人の所へ向かっていた。

置いていかないでと、心の中で叫ぶペネロペなのだった。

漫画「悪役のエンディングは死のみ」57話の好感度

漫画「悪役のエンディングは死のみ」57話の感想

ドレスに石弓を装備したペネロペに、レナルド以外は淡々と注意しましたが、とりあえず大目にみてもらえたようです。

一応彼女なりの自己防衛手段なのは理解してもらえたのならいいのですが、エカルトの男性陣なので期待はできません。

ただ、公爵はペネロペを甘やかすようになってきましたね。いい傾向です。

さて、ペネロペが誰よりも恐れていたカリストが登場しました。彼女と目があった瞬間、宴会に最後まで参加するよう変更していたので、会わないなんていう選択肢はないです。ペネロペは彼に好きな理由を答えなくてはなりません。

そして肝心なときにいなくなるエカルト男性陣。建国祭など、彼女が放っておいてほしいときには現れ、一緒にいてほしい宴会時にはいなくなるという。ペネロペと根本的な相性が悪そうです。

これはこのままカリストが接触してきそうですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください