漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」121話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも記憶と能力を維持したまま復活する、無名のスケルトン兵士が主役の転生ダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」121話のネタバレ

皇室の輸送隊は、幽霊を護衛とし、大きな銀の宝箱に入ったル・リウムを運んでいた。

洞察のブヘガスと火炎魔法使いのアロヒスも、輸送隊の護衛として同行していた。

すると彼らの進む先に、大剣を引きずりながら一人の剣士(彼)がやってきた。

レナ達の作戦が始まったのだ。

彼は剣気を纏い、輸送隊に襲い掛かった。

彼は時間稼ぎのために暴れまわる。

その地下通路の天井には、レナ達が潜んでいて、爆発のタイミングを見ていた。

レナと一緒に待機している男は、幽霊たちにうまく対処している彼の実力を目の当たりにし、是非対決したいと興奮する。

ここに来る前に、レナは彼に、いくらル・リウムが手に入るといっても、このような危険な作戦に参加する気になったなと言う。

彼は、レナを信頼していると答えた。

今回のことが無事済んだら、その信頼についてお礼でも言おうかなと、レナは考えるのだった。

アロヒスは輸送隊の前に立ち、障壁を張っていたが、蔓延する毒ガスは防げず、輸送隊は倒れてしまった。

ウィザードであるアロヒスだけは無事だったので、慌てて攻撃しようとしたが、もう遅かった。

ル・リウムの宝箱の真下が大爆発し、幽霊たちやブヘガスは毒ガスにやられながら落下。

彼はルビアが伸ばしたチェーンによって救助された。

地下水路に落ちてもまだ息があったアロヒスだが、一瞬でナニャウに殺される。

レナ達もナニャウに合流する。

彼に興奮していた仲間は、暗夜の銀色の拳がウズウズしていたのにと言い、獲物がいなくなったことを残念がる。

彼は、本当に皇室からル・リウムを略奪できるとは思わなかったと感心する。

全てレナのおかげだと言うナニャウ。

移動しようとすると、空中に見覚えのある赤黒い渦が発生した。

ナニャウもそれが何かわかり、驚きのあまり固まった。

赤黒い渦が広がると、中からあの黒い騎士が現れたのだった。

出典元:「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」121話

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」121話の感想

レナの事前情報の通り、ブヘガスとアロヒスがいましたね。この1エピソードで消滅してしまいましたが。

強くなった骸骨の彼は、剣主か少女公爵あたりでないと、対等に戦えないかもしれません。あの人数の幽霊がいても、以前とは違い余裕がありました。

幽霊課長がいれば違ったとは思いますが、幽霊課長はまた辺境に行っているのでしょうかね。課長がいなくて何よりです。

レナの考え通り、強奪作戦はうまくいったのですが、何故かあの黒騎士が登場しました。ギス・ゼ・ライのときは、皇帝の影武者を殺したときに現れました(55話)ギスもナニャウも、これが何者か知っているようですね。

彼にはノーダメージなのですが、他のキャラクターは全く歯が立たない最強の剣士です。空間を捻じ曲げて登場しているあたり、蒼天の窓のように、この世界に干渉している管理者のようなものではないでしょうか。

おそらく、もともと作られたシナリオから大きく外れるようなことになると、軌道修正しようとして出現するのでは。

彼の存在自体を消した方が早い気がしますが、あくまで彼はプレイヤー側なので、NPCというかMOB枠が消されてしまうのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください