漫画「帰還者の魔法は特別です」124話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」124話のネタバレ

メインクエストは、ユニークヒーロー剣聖ケイ・ハズマルンの切実な目的を達成すること。

デジール達はそのための傭兵となった。

アルディン・ケフェウスの生死は、クエストの達成に重大な影響を与えるので、デジール達は彼の目的の手がかりを知るケフェウスを守らなければならない。

単純なクエストだが、未知の目的によって難易度が変わるので、慎重に行動しようと考える。

剣聖であるケイ・ハズマルンは、影迷宮の生き残りラパエル・ツェーリンゲンと同等の力を持つので、ほとんどの敵は一人で倒せるはずだ。

デジール達のような傭兵を雇ったのは、それだけケフェウスの存在が重要なようだ。

ケフェウスは、デジールをみてセーガンに似ているとニヤニヤしだし、わけのわからないことを口走り始めた。

ハズマルンはワイバーンの後始末に行くというので、デジール達もついていく。

移動中、ハズマルンのオーラ攻撃について、プラムから訊かれたデジールは、専門外だから詳しくはわからないが、オーラの極みのオーラ・ブレード、剣だろうと答える。

プラムは、特訓を頑張ればいつかできるようになるかもしれないと、やる気を持った。

甲板に到着すると、船員たちがワイバーンを片付けていた。

ロマンティカは、飛行船から見える景色に感動し、船のふちまで移動していた。

彼女の近くに転がっていたワイバーンはまだ死んでおらず、ロマンティカはワイバーンに掴まれる。

ワイバーンはそのまま飛び立ち、急降下する。

しかもデジールもいなくなっていたのだった。

ワイバーンに掴まれたままのロマンティカは、ウィンドカッターでワイバーンの指を破壊し、脱出する。

だがここからどうやって助かればいいのかと、心の中でデジールに助けを求めると、デジールの声が聞こえた。

デジールはロマンティカを追ってきたのだ。

彼はロマンティカの手を掴み、しっかり抱き寄せる。

だがどうやって助かるかはわからないまま飛び出したのだと言うデジール。

ほんと馬鹿と言い、ロマンティカは涙ぐみ、彼に抱きつくのだった。

彼らは運がいいことに、衝撃を吸収してくれる砂漠に落下した。

プラムとアゼストにクエストを任せ、デジールたちは飛行船が着陸するエリアまで向かい、合流することに。

その頃、砂漠の都市にて、とあるマッドサイエンティストが資料が足りないと嘆いてた。

そしてこの街に近づく2人に気づき、神から材料が与えられたと興奮する。

一方現実世界では、魔塔本部にいるジョードのところに、アウターが大規模な軍を率いて宣戦布告したという報告が入る。

悪魔を従えたカラス仮面は、今度こそ絶望を味わわせてやると、アウター全軍に呼びかけるのだった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」124話の感想

剣聖ケイ・ハズマルンの目的達成がメインクエストになりますが、目的がはっきりしないというのは困りますね。キーパーソンはなんだか怪しいし、全てがモヤっとした状態で始まりました。

しかもスタート早々に、デジールとロマンティカが別行動に。

ロマンティカが連れ去られたのを見て、咄嗟に体が動いたデジール。前世でも現世でも、ロマンティカは彼にとってなくてはならない存在なのですね。この2人の固い絆には、さすがのアゼストも入り込めないものがあります。

なんとか無事に着地できた2人ですが、マッドサイエンティストがいるエリアに到着しました。またも怪しい人物です。人間がやってきて、材料だと喜んでいましたが、人体のパーツを使って何か作り出そうとしているのでしょうか。

120話で、死神仮面のアウターが、実験体の女性を作り出そうとしているようでしたが、それと何か関係があるのでしょうか。

一方、カラス仮面は、天敵のデジールや、他の有能な生徒が出払っている隙に、戦争を起こしましたね。西方王国やヘブリオン帝国の戦力や配置は、ディバイドから漏れているので、かなり厳しい戦いになりそうですね。

今回4コマ漫画がありました。アルジェリアの扱いはそんなもんだなとしっくりきましたね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください