漫画「悪役のエンディングは死のみ」32話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「悪役のエンディングは死のみ」原題・악역의 엔딩은 죽음뿐

1~3話までピッコマで一気読みできます。

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「悪役のエンディングは死のみ」32話のネタバレ

2階にも関わらず、風に乗って侵入した白い子ウサギは、キュウと可愛く鳴いた後、ご依頼完了しました、詳細の説明は白いウサギ商会までお越しくださいと、流暢に喋り始めた。

そしてまた風と共に去ったそのウサギは、ヴィンターからものだとペネロペは気づいた。

ノーマルモードでも、主人公のイヴォンと小動物を通して連絡していたが、あのように喋るとは思わなかったので、ペネロペは少し動揺する。

新エピソード、奇妙な魔術師ヴィンター・ベルダンディ開始、店に移動するかと表示されたので、ペネロペは支度をして向かう。

商会の入り口前に着いたが、ペネロペがノックする前に、ドアが勝手に開いた。

店内には誰もいなかったので、少し待つことにしたのだが、突然建物が揺れ始めた。

揺れは建物の奥から感じたが、その方向には、見えない扉を型取るかのように光の粒が並んでいた。

魔術師の隠し部屋に入るという、隠しクエストだった。

報酬不明と書かれていたので、敢えて手をださなくても良いかと考えるが、最初の隠しクエストの報酬が選択肢OFF機能だったので(6話)、ハードモードクリアの糸口かもしれないと考え直し、隠し部屋に入ることに。

隠し部屋の中は、広く幻想的な通路が続いていた。

廊下の先で揺れを感じると、どこを狙っているのかと、ヴィンターではない声が聞こえた。

それは子供の声のようだったので、何が起きているのかと、ペネロペは覗き込むのだった。

漫画「悪役のエンディングは死のみ」32話の好感度

前回と変わらず

(出典元:悪役のエンディングは死のみ)

漫画「悪役のエンディングは死のみ」32話の感想

白い子ウサギは、途中までキュウと鳴いていたのに、突然喋り始めたので、ペネロペがドン引きしていました。確かに怖いかも。

その後もホラーまみれです。勝手に開く扉、誰もいない店、突然揺れる建物、異空間への扉、子供の声・・・・

これヴィンターだと知っているから耐えることができるけど、何も知らなかったら恐怖でしかないですよね。知っていてもちょっと怖い。命がかかっているペネロペだからこそ耐えられますね・・・

今回の隠しクエストで、子供の声がする異空間へ移動しましたが、どのような報酬を得られるのでしょうね。ハードモードは、隠しクエストをこなしていかないとクリアできないようなので、それなりの報酬を得られるのだとは思うのですが。

また、子供の声はヴィンターの弟子でしょうか。もし弟子なら味方につけておきたいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください