漫画「異世界剣王生存記」76話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※各エピソード一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「異世界剣王生存記」原題・이계 검왕 생존기

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「異世界剣王生存記」76話のネタバレ

光輝の大剣は木剣になってしまったが、精気を吸っているようで、とても重く感じた。

これはどういうことかと、エルフの老人に尋ようとし、辺りを見回す。

老人は、先ほど光輝が大剣を振り上げたときの土がかかり、地面から顔だけだして埋まっていた。

慌てて駆け寄り、剣で掘っていると、タイミング悪くキビエがやってきて、光輝が老人を害そうとしたと誤解する。

キビエは、エルフ王に何をしているのかと、光輝に攻撃をしかける。

光輝はうまく説明できず、キビエに襲われる。

キビエは、ガイドラインエラーを起こし、光輝の隙を作ると、その顔面を蹴り上げた。

光輝はその蹴りを防ぎ、キビエの正体を問う。

キビエは光輝の急所を攻撃し、光輝の動きをとめると、光輝が23歳でオンパロスに強制転移されたこと、何らかのエラーで22年間疑似世界に閉じ込められたこと、表記はLv.5だが実際はかなりのレベルであることを言い当てる。

そしてこの身は、女神キブリエルの代言者キビエだということ、女神の力で作られたものだから、魔人のガイドラインを弾くことを説明する。

女神の化身だと聞いた光輝が、女神が直接世界を滅ぼす気になったのかと言うと、そうではなく、後見人候補として光輝をテストしに来たのだと言う。

魔人に召喚されたものを、女神が後見人として扱えるのかと聞き返すと、キビエも理解できないという。

さらに光輝にはエラーがあるため役に立つかわからない、ましてエルフ王を害そうとするのは資質に問題があると指摘し、直接テストするためと槍を召喚した。

それはブレッドの槍で、張朗信を貫いたものだ。

光輝は、キビエの攻撃を指でつまんで止めると、ガイドラインは閉じればいいだけだと言う。

そして、人の物を勝手に使ってはいけない、今すぐ槍を手放せと警告する。

キビエは、オーラを込めて攻撃し、光輝はそれをギリギリ躱す。

木剣に精気が吸い取られるので、防御力が落ち、傷ができた。

キビエは、これがいかに重大なことか理解していない、何故オーラを使って真剣に戦おうとしないのかと、次々と攻撃を繰り出す。

光輝は、キビエの言うことも気になっていたので、オーラを使わずに、殺さない程度に力を調節して反撃する。

だが木剣は耐久力がなく、切られてしまった。

キビエは、本気を出させるには仕方ないと言い、オーラの出力をあげて光輝に向けて放った。

避けづらい攻撃だった。しかも、光輝の後ろにいたエルフ王が起き上がってしまい、エルフ王に当たりそうになる。

光輝は咄嗟に折れた木剣で防いだ。

世界樹は精気を吸収し成長するが、その精気の種類によって性質が変わる。

良質なオーラを吸収した世界樹の根は、鋼よりも固くなるのだ。

光輝の木剣は、いつの間にか元の姿に戻っていた。

エルフ王は、女神が英雄が必要な時に、英雄を送ってくれたようだと言う。

膨大なオーラを吸収した大木の葉は赤く染まり、その地中になる根にはオーラが液体となって流れた。

根にはいくつもの死体が取り込まれている。

根っこの先では、何者かが流れ落ちてきたオーラの塊を手にしているのだった。

漫画「異世界剣王生存記」76話の感想

あの木剣、鋼のように硬くなったのですね。キビエにすぐ破壊されていたから、やっぱり、と思いましたが、オーラでなんとかなって良かったです。

オーラを吸収する剣とのことで、オーラをうまく扱えない光輝にとっては、特訓するのにちょうどいいかもしれないですね。いずれ4大英雄と戦うことを考えれば、さらに強くならなければいけません。

また、剣を授けてくれたのは、エルフ王でした。只者ではないとは思っていましたが、現役の王だとは。結構な年齢のようですが、あの王太子とラオンデルの父でしょうか?ラオンデルは母親似のようですね。

誤解とはいえ、光輝は王に剣を向けてしまったので、またややこしいことにならないでしょうか。既にキビエに誤解されていますが、とぼけたようなあの王の言動には不安しかありません。

エルフ王族と揉め事ばかり起こす光輝に、アーティスとエピルはヒヤヒヤして仕方ないでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください