漫画「異世界剣王生存記」77話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※各エピソード一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「異世界剣王生存記」原題・이계 검왕 생존기

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「異世界剣王生存記」77話のネタバレ

仲間と合流した光輝たちは、兵に囲まれた。

ラオンデルは、光輝が王とキビエを襲ったと誤解し、すぐに処刑しろと命じる。

王がそれを止め、あまりにも強い力を持つバルタラ戦士の能力を確認したかったのだと言う。

どうしてと騒ぐ王太子に、国政をうまくやっているが、大地が泣いて世界樹の根が揺れ動いていることを話す王。

王太子は、確かに南東の村で家畜も人間もミイラ化して死ぬ謎の現象が起きたので、それをこのハンター達に頼もうと思ったのだと説明する。

王は、大地の気運を感じることのできない彼らだけでは難しいので、ラオンデルを同行させてはどうかと言う。

外に出れるから喜ぶラオンデルと、反対する王太子。

光輝たちは首都にいく用事があったので、勝手に話が進行して困惑する。

そんな彼らの態度が面白くなかったラオンデルは、光輝たちを小ばかにするので、光輝は、暴言を吐くなら許さないと、寸止めのチョップで脅す。

ラオンデルは気絶した。

王太子はまだ反対だったが、明日の朝まで光輝たちの判断を待つことにした。

その夜、光輝たちはキビエから、4大英雄が闇の女神を攻撃したこと、異世界人を使っていることを聞いた。

闇の女神は、竜族の創造神だったので、アーティスとエピルはキビエをもてなす。

キビエは、光輝が女神に協力するなら、報酬として地球に返してあげると取引を持ち掛ける。

光輝は、同じような報酬をもちかけてきたのを知っていると言い、それは魔人オンパロスだと指摘する。

それに取引されなくても、自分達の考えでホーリーエンを捕まえるつもりだと話すと、キビエは、お願いしたいのは剣王バオトルトを捜すことだと言う。

どうせそうするつもりだったと、光輝はキビエと取引することに。

すぐさま出発しようとするキビエに、ラオンデルの護衛はいいのかと訊くと、キビエはエルフ王の依頼は放棄する、それにラオンデルはもう、と何かを言いかける。

その頃、王太子は王に、光輝がたち姿を消したので、ラオンデルの護衛がいなくなったからラオンデルは任務取り消しだと伝えていいかとと嬉しそうに聞く。

だが王は、ラオンデルはいずれ国を引っ張っていかないといけないので、外にだすことにしたと言う。

王太子は、ラオンデルを気に入らないものがいるはずだと、ラオンデルの外出に不満がある。

王は、今回のことは妖精連合に知れ渡っているだろうから、連合とホーリーエンも興味をもっているはずだと言う。

そこへ、支度を終えたラオンデル達がやってきた。

皆、赤と黒で統一された騎士服で現れたのだった。

漫画「異世界剣王生存記」77話の感想

光輝はまたエルフ王族と怪しい感じになりましたが、エルフ王のおかげでなんとか丸く収まりました。というか、エルフ王に巻き込まれた感じですね。

ラオンデルは王太子の弟ですが、命を狙われるほどその立場は怪しいようです。王太子はラオンデルを守るために、皇宮の外に出したがりませんが、王はラオンデルに経験を積ませたいようですね。

王国を導く~と話していたので、もしかしたら王太子の座をラオンデルに移すのかもしれません。

とりあえず護衛が最強集団なので、ラオンデルが迷子にならない限りは大丈夫でしょう。わがままなラオンデルの性格は、光輝が道中で矯正しそうですね。

さて、服の色まで統一して作られた光輝とラオンデルのパーティーですが、どんな冒険になるのか面白そうですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください