漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」66話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※最新話・各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「シャーロットには5人の弟子がいる」原題・샬롯에게는 다섯 명의 제자가 있다

毎週土曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」66話のネタバレ

馬車に戻ってと言う、もう一人のジュディスは、赤色のマナと蝶と共にその場から姿を消した。

ローブの男は、魔獣たちは長い眠りから覚めて非常に飢えている、時間がかかればかかるほど被害は大きくなるだろう、賢明な判断をすべきだ、一人目の弟子よと、カルシリオンにエヴァンを渡すよう促す。

だがカルシリオンは、何を言われても断固拒否である。

罪のない民が死んでも構わないのかと言われたカルシリオンは、そうではない、貴様の脅迫に応えるつもりはない、マーベルは弱くはないと答える。

さらに、魔獣を操る主がここにいるのだから、貴様を制圧すれば済む話だと言い、空に召喚した巨大な魔法陣で古代魔獣の体を貫いた。

その頃、マーベルの民は力を合わせ、魔獣の襲撃をなんとかしのいでいた。

体系的に動く民衆を見て、斧を装備したジュディスは感心する。

すると、赤く光る蝶が飛んでいるのが目に入った。

一方、アリアとバーモンはジェフリーと合流し、エヴァンを馬車に乗せ、移動中だった。

ジェフリーは、マーベルの皇帝と、マーベルの偉大な魔術師シャーロットの意見が違ったとき、どちらを信じるのかと問う。

困惑するバーモンは、目の前に座るアリアをじっと見つめると、答えようとする。

だが、目つきが不遜とのことで、ジェフリーの上着で視界を遮断されてしまった。

アリアは、赤く光る蝶が外を飛んでいることに気づき、目を大きく見開くのだった。

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」66話の感想

マーベルはさすが魔術師の国なので、国民もいざというときの対応ができているようですね。カルシリオンがしきりに、マーベルは弱くないと言うだけありました。

エルドは、情報収集のためか、マーベルのあちこちに赤い蝶を飛ばしたようです。アリアを見つけたようだから、馬車まで来るかもしれません。

今回、バーモンはジェフリーに答えづらいことを訊かれてましたが、彼の答えはどうなのでしょうね。アリアに協力して馬車に乗っている時点で、答えは決まっているのかもしれませんが。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください