漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」64話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※最新話・各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「シャーロットには5人の弟子がいる」原題・샬롯에게는 다섯 명의 제자가 있다

毎週土曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」64話のネタバレ

アリアに思いっきり頭突きされたので、痛みのあまりエヴァンは床に転がっていた。

アリアの方は、ジェフリーに痛みが転送されたため、無事だったようだ。

あまりにもエヴァンが痛がるので、心配したアリアが近寄ると、エヴァンはその手を引っ張り、彼女に覆いかぶさった。

手を恋人繋ぎにし、ずっと昔から会いたかったと言う。

牢で異変があった件で、バーモンが現場に駆け付けた。

内部で魔法陣の破壊を試みる動きがあった、エヴァン・セルビルではない者の動きを察知したので確認が必要だと、他の魔術師が報告する。

バーモンが駆け付けるのが遅くなったのは、キルハルトに捕まったせいだった。

バーモンは、あとは自分が確認するから待機するようにと指示し、内部へ。

内部は、脱出しようとしたわりには全ての魔法陣は維持されていて、とても静かだった。

外部から侵入した形跡もないとバーモンが確認しながら進むと、何故か牢の中にいるアリアを発見する。

困惑するバーモンは牢を開ける作業を始め、アリアは色々あったとだけ答える。

エヴァンはアリアに覆いかぶさったあと、非常に疲れていたようで、気絶するかのように眠ってしまったのだった。

エヴァンが全て話してくれないなら、エヴァンの体に残った痕跡を辿ろうと考える。

バーモンが牢の魔法陣を自由に扱うのを見る限り、それなりの権限があるようだとアリアが言うと、数人が管理権限を持っていると言う。

では少し手伝ってほしい、エヴァンをクラウスに連れて帰りたいと、アリアが頼む。

一方、ジェフリーからアリアの伝言を聞いたカルシリオンは、いくら師匠の頼みでも、現時点でエヴァンを別の場所に移動させるのは承諾できないと答える。

ジェフリーは、彼女を止められる人物がマーベルにいるのかと指摘する。

カルシリオンは、ジェフリーは勘違いしているようだ、マーベルの現皇帝は自分で、マーベルの魔術師は皇帝に忠実だと返す。

今アリアがエヴァンに接触しているのを把握しており、ジェフリーが自分を足止めしているようだが、魔術師達が捕まえにいくから自分が動かなくても大丈夫だと言う。

カルシリオンが許さない限りエヴァンを渡す気はない、マーベルは甘くないと言うのだった。

その頃、馬車でマーベルに向かうジュディスとジェロンは、森の奥で何かが爆発し、真っ黒いもやのようなものが拡散しているのを目撃する。

バーモンはアリアを牢から出すと、エヴァンの件について、皇帝はまず許さないし、何かあったときに対処するのに最適なのに、何故マーベルからエヴァンをクラウスに移すのかと尋ねる。

事を企てるに最適な場所だからと答えると、アリアは気絶させるためにバーモンの後頭部を叩くが、気絶しなかったので彼は痛がるだけだ。

まさかエヴァンもそうやって気絶させたのかと突っ込まれ、あれは眠ってるだけだというも、何故額が赤いのかと指摘される。

にじり寄るアリアに、協力するからと後ずさるバーモン。

するとエヴァンの檻に、強いマナが走るのだった。

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」64話の感想

アリアの頭突きは相当な威力のようです。痛みが無いから加減がわからないのでしょうね。

エヴァンがああなるなら、ジェフリーも相当な痛みがあったのでしょう。皇帝と話しているのに、突然の頭突きの痛みは嫌ですね。

カルシリオンは、アリアの頼みであってもエヴァンを連れ出すことは反対していました。そしてマーベルの魔術師は自分に従うと。

しかしそう話している中、筆頭魔術師であろうバーモンは、アリアに負けて協力すると言い、早速カルシリオンの意とは違う方向に。彼は、偉大なシャーロットを尊敬しているので、ひとまず彼女に従うつもりのようです。何か無視できない理由があると考えたのでしょうね。

そんなやりとりをしている中、檻に電撃のようなマナが走りましたが、地中から魔獣が現れ、その影響でエヴァンのところにマナが走ったのでしょうか。エヴァンが疲労から意識を失ってしまったので、魔獣が察知して暴走したのかと思います。

まあマーベル国内なら、優秀な魔術師が多いので、魔獣が現れてもなんとかなりそうですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください