漫画「捨てられた皇妃」最新話141話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※最新話も含む全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「捨てられた皇妃」 漫画 iNA、 原作 Yuna 、原題・버림 받은 황비

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「捨てられた皇妃」最新話141話のネタバレ

アリスティアは、セクンデュスの言葉に驚く。

セクンデュスは、いくら最高位神官が悪事を働いていると言っても教団が崩れるのは心苦しく、なんとか善処してもらえるよう求めるつもりだったが、ルブリスの方から、この件に関わった神官達の全権をセクンデュスに委任する代わりに、アリスティアへの定期的な祈りを取引されたのだと言う。

ルブリスは、僅かな可能性でも希望を持ちたい、ただ無闇に期待させアリスティアが傷つかないように秘密にしてほしいと頼んだとのこと。

アリスティアを守ってくれる彼の心を知らなかった彼女は、彼を突き放し、騎士として生きるのだとドレスを全て焼却してしまった。

彼の支持基盤が揺らぐのもためらわず、彼はひきとめてくれたのに、アリスティアは婚約破棄を強く求めてしまった。

悲惨な未来がくるかどうかもわからないのに、守り続けてくれた彼を拒絶し、自分で自分の未来を台無しにしてしまったと痛感する彼女。

今にも雨が降り出しそうなある日、騎士のアリスティアや美優は襲撃を受け、カルセインは血まみれで地面に倒れ、護衛も肩から血を流していた。

そんな彼女たちの前に立つのはミルワー侯爵だった。

その少し前、アリスティアは、庭園でバラを簡単に再生させる美優をみつけ、神聖力をまともに使えるのに何故ベアトリーシャのときに使わなかったのだと指摘する。

美優はカっとなったが、それより重要な話があるという。

だがアリスティアは美優に背を向け、立ち去った。

その後、新設された第3第4騎士団含む騎士達に、逃走中の重罪人ミルワー侯爵の捜索が命じられた。

アリスティアは近衛騎士のシーモアと新設された騎士団と一緒に行動していたが、ミルワー侯爵の罠にかかり、暗殺者に取り囲まれてしまった。

するとアリスティアを助けようと、カルセインが馬で駆けつけた。

何故か美優が一緒である。

暗殺者達は、美優が先だと彼女に襲いかかり、カルセインは美優をかばって背中を斬られてしまう。

それを見て慌てたアリスティアをかばい、シーモアが背中を刺される。

彼女たちを冷たい目で見下ろすミルワー侯爵。

アリスティアは、自分が犠牲になればと一瞬心が折れそうになるが、最後まで戦うのだと、剣を構え直す。

もし自分が死んだらルブリスは悲しんでくれるだろうかと思う。

ミルワー侯爵は動けないカルセインを狙い、剣を振り下ろすのだった。

漫画「捨てられた皇妃」最新話141話の感想

ルブリスが健気ですね。まさかあの鬼畜皇帝が、このような人物に変わるとは、序盤を読んだときは想像しませんでした。

アリスティアは前世でも現世でも彼に惹かれていますが、全てを失ったトラウマから、拒絶することしかできませんでした。

おそらく、犠牲になるのが自分だけだったらもう少し前向きだったのでしょうけど、父を失うかと思うと、より臆病になってしまうのでは。

セクンデュスから知らされたことで、もっと前向きに進めるといいのですが。

今回のエピソード後半では、ミルワー侯爵にはめられたり、美優がカルセインと現れたりと、なんだか急展開でしたね。

美優が来たのは、アリスティアが取り合ってくれなかったから、カルセインを説得したのでしょうね。アリスティアよりも前世をよく知る美優がわざわざ来たので、何か過去で起きたのでしょうね。

そういえば、前世で美優が襲撃されたことがありました。そのときはケイルアンのせいにされ、ケイルアンは処刑されましたが。今回のミルワー侯爵と何か関係があるのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください