漫画「その騎士がレディとして生きる方法」59話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料マンガアプリ・LINEマンガで連載中の「その騎士がレディとして生きる方法」그 기사가 레이디로 사는 법

原作:ヘリム、文・絵:Ink

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」59話のネタバレ

メルローズは、自分を嫌う相手に対し、理由を知ろうとせず、嫌われるような行動をとる女性のようだ。

メルローズは、ルシフェーラをいないものとして扱い、令嬢達と談笑しお茶をしに向かう。

壁の花となったルシフェーラを嘲笑したかったのかもしれないが、今のルシフェーラはそれで傷つくこともなく、クロレンスが言うように、メルローズらの行動は幼稚に感じられた。

それに今は1人ではなく、隣にクロレンスがいる。

メルローズは、笑顔のルシフェーラを見て、憎しみのこもった笑みを向けるのだった。

お茶会の会場につくと、メルローズはクロレンスに話しかけ、ルシフェーラから離した。

ルシフェーラは呆れ、お茶を飲むフリをしながら、適当な時間をみてジェザのところに行こうと考える。

メルローズは、ルシフェーラに聞こえる場所で、ジェザカイアに良く思われるために、その婚約者であるルシフェーラをもてなしているのだろうというようなことを言い、困っているなら父に話をつけてもらっても良いと、クロレンスを気遣うようなことを言う。

クロレンスは、ロエル侯爵家は何も困っていない、媚は売らないと断り、遠くからではわからなくとも近くづくほど見えなかったものに気付ける、そして自分の近くにいる人は良い人ばかりだと話した。

ルシフェーラは、武器を使わずとも、少しの会話だけでロエル侯爵家だけでなく、自分も護ってくれたのだと、クロレンスの言動に心を打たれ、シトラ騎士団の仲間のようだと思った。

メルローズは、イドリス公爵家、ポエル伯爵家、そして皇太子が皇帝となる未来まで見据えろと警告するが、クロレンスは笑顔を崩さなかった。

クロレンスが揺らがないので、メルローズはルシフェーラに標的を変えて、声をかけてきた。

ルシフェーラは、社交界では敵を作るなとクロレンスに教え込まれていたので、丁寧に挨拶する。

メルローズは、ルシフェーラの服に糸くずがあると指摘しようとするが、ルシフェーラは手首の痛いところをわざとつかみ、メイドが一生懸命準備してくれたから糸くずなどないはずだと、笑顔で答える。

涙目になったメルローズだが、皇宮で起きた事故のようなことがなければと心配だ、同様の事故があれば皇太子も胸を炒めるなどと言い出し、周りの令嬢たちもクスクス笑いだした。

心配するフリをしてバカにするメルローズに、ルシフェーラは、気遣ってくれた礼を言うと、ハイント公も一緒だからそのようなことは起きないと、笑顔を崩さず答えた。

ルシフェーラが醜態をさらさないので、メルローズは困惑した。

今のルシフェーラはメルローズに思うことがないのだが、エステルとしてはただ黙って見ているつもりはないから、本物のルシフェーラにはもっとエステルを信じて欲しいと思うのだった。

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」59話の感想

クロレンスは格好いいですね。ルシフェーラの頼もしい仲間です。

メルローズから家格で脅されましたが、表情にだしませんでしたね。クロレンスは、一人で令嬢たちの頂点まで上りつめた女性なので、こういった脅しや牽制にも対処できるのでしょう。

でもせっかくだから、ジェザカイアを使ってイオジープを巻き込めんじゃっていいのでは。いつもちょっかいを出してきますし。ティーパーティーのときなど、皆の話題をそらす程度の協力はしてくれましたが。

そもそも今のルシフェーラに、遠回しな嫌味は効かないので、メルローズが空回りしているようです。取り巻きを使って仲間はずれにする、父や夫の家門で脅すなど、本人の力で脅しているわけではないので、自立しているルシフェーラとクロレンスには脅しにならないのでしょうね。

今回のルシフェーラは、クロレンスのように、笑顔を維持して相手を牽制しました。これまでの淑女教育が役に立ってます。きちんとレディとして振る舞いながら、いざというときは騎士団長としての知識や決断力を活かせるので、ファッションセンス以外の問題はないようです。

この騎馬会で、メルローズを大人しくさせることはできるでしょうか。そして本物のルシフェーラに、信頼されると良いですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください