漫画「お父さん、私この結婚イヤです!」最新話68話のあらすじネタバレと感想

※各エピソードネタバレ一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「お父さん、私この結婚イヤです!」原題:아빠, 나 이 결혼 안 할래요

毎週日曜に最新話が更新されます

前回のあらすじはコチラ

漫画「お父さん、私この結婚イヤです!」68話のネタバレ

ベアトリーチェは自室で、成人式のパートナーにマクシミリアンが選んだことを嘆いていた。

だが、皇后からは、ジュベリアンの前の恋人ヘセン侯爵家長男ミハイルを薦められ、皇帝からは、終戦後の関係改善のために20歳も年上のラゴンの王を薦められ、二人ともベアトリーチェを政治的に利用しようとしていた。

惨めな気持ちになったベアトリーチェは、自ら、自慢の兄をパートナーにしたいと言ってしまったのだ。

今からでもキャンセルできるだろうかと考えていると、メイドがやってきて、皇太子がパートナー要請を承諾したこと、成人式祝いの贈り物も用意してくれることを報告した。

ベアトリーチェは、あの悪魔のような男がと半目になりながら、兄の弱点は自分の友人ジュベリアンに惚れていることだから、絶対にうまくいかないように邪魔してやると考えるのだった。

マクスの方は、ベアトリーチェとジュベリアンの仲が良いので、ベアトリーチェのパートナーをすれば、ジュベリアンに近づけると考えていた。

一方、ジュベリアンは、ミハイルに襲われたときにマクスがいなければ危なかったので、細工師のイアンに頼み、鳩型のホイッスルがついたネックレスを作ってもらっていた。

そこへマクスがやってきたので、鳩型のホイッスルを吹いてみせ、これなら遠くまで聞こえると説明する。

マクスは、彼女がこの前ミハイルに襲われたから、護身用に持つのだと理解した。

マクスは前から準備していたと言い、髪飾りをジュベリアンの髪につけた。

さらに跪き、ジュベリアンに自分を捧げる、ジュベリアンが危険なときはいつもそばにいただろう、それほど大切な人だからと言い、さっきのネックレスが鳴ればいつでも駆けつけると約束した。

ジュベリアンは顔を真っ赤にし、一人で寂しいだけでも来てくれるのかと言うと、もちろんだと言い、マクスは微笑んだ。

ジュベリアンはマクスへの好意を自覚し、彼と見つめ合う。

良い雰囲気になったが、さきほどのホイッスルのせいで、護衛騎士たちが駆けつけ、3秒以内に返事が無ければドアをこじ開けると騒ぎだした。

ジュベリアンは慌てて顔を出し、警護が過剰なのではないかと言うと、鳩のセレーナから報告を受けていた(鳩語は理解できない)ゼラルディンは、ジュベリアンのためだから不便でも理解して欲しいと言う。

ジュベリアンが、父はどうして急に部屋の警備を増やしたのかと尋ねると、ゼラルディンは、窓から野良猫が入ってくるからだと、今のうちに逃げようとしたマクスのことを言う。

マクスはゼラルディンに呼ばれ、レジスの所まで案内されると、話があるからついて来いと言われるのだった。

漫画「お父さん、私この結婚イヤです!」68話の感想

ゼラルディンの謎の鳩属性・・・

ベアトリーチェの成人式のパートナーは、ベアトリーチェの希望でマクスに決まりました。

確かにせっかくの成人式なのに、友人の元恋人なんて嫌だし、20歳上でほぼ他人も嫌ですよね。パートナーに決まったことで、その後の婚約に影響しそうですし、兄のマクスが一番無難でしょう。お互い嫌っていますが、それぞれメリットがあります。

ジュベリアンの方は、防犯のためにホイッスルを作ってもらいました。マクスにも音を聞かせたので、これで安心ですね。彼なら数百メートル離れていても音を聞きつけそう。

マクスは熱烈な愛の告白をし、ジュベリアンもそれに応えようとしました。一旦お預けになりましたが、成人式で進展はあるでしょうか。マクスはやっと正体を明かせますかね・・・?

レジスはマクスに重要なことを打ち明けるようですね。次回予告では、マクスにしか頼めないと言っていました。皇帝が持つ指輪の秘密が明らかになるでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください