漫画「皇帝の一人娘」最新話235話のあらすじネタバレと感想

※各エピソード一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマcomicoで連載中の「皇帝の一人娘」原作YUNSUL(小説・황제의-외동딸)、漫画RINO

日曜日に最新話が更新されます。(4週更新、1週休載だそうです)

前回のあらすじはコチラ

漫画「皇帝の一人娘」最新話235話のネタバレ

アリアドネが結婚するというニュースに、国中がお祝いムードに包まれたが、カイテルだけはまだ諦めがつかなかった。

そんなカイテルに、アヒンが挨拶にきたので、結婚は無効だと言いたかったが、娘に嫌われたくなかったので、妾を持つ、苦労させる、束縛すると死刑、スヘルトーヘンボスもプレツィアと同じ道を辿ると警告した。

待機していたリアは、幼稚な言い合いをしているのではないかと不安になったが、実際にそうだった。

リアが加わっても、すねてしまったカイテルは、子供のようなことを言い続けたので、リアはキレ、アヒンは呆れた。

リアの機嫌がいよいよ悪くなったところで、カイテルはアヒンに標的を変え、リアを置いて一人で帰れと怒鳴るが、さくっと断られるのだった。

漫画「皇帝の一人娘」最新話235話の感想

カイテルが駄々っ子のように、何時何分何日に戻ってくるのか、すぐ戻ってこい、30年は滞在しろなど、めちゃくちゃなことを言っていました。カイテルの駄々っ子ぶりが面白かったです。

さすがのアヒンも表情を変えてましたが、アヒンが呆れて青ざめるのは初めて見たかもしれません。

リアだけはしっかり返事していたので、やはりカイテルをコントロールできるのはリアしかいないですね。話の流れ的に、リアがスヘルトーヘンボスに嫁ぐようですが、リアが嫁いだらアグリジェントはどうなるのでしょう。

アグリジェントは、誰が次期皇帝なのでしょうね。

皇族の証、赤銀髪を引き継いでいるのは、シオルンの息子ゼーランドですが、反逆者の息子なので無理でしょうね。

カイテルの従姉妹のシルビアとペルデルの双子、オーデウルとハッカも赤銀髪なので、彼らが皇位を継ぐのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください