漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」149話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも記憶と能力を維持したまま復活する、無名のスケルトン兵士が主役の転生ダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」149話のネタバレ

※主人公の骸骨兵士は『彼』で、他の男性キャラクターは個人名でまとめてあります。

盗賊ギルド・柔らかい蠍のレイリーは、青獅子騎士団が向かってきているから逃げろと急かされても、ギルドの迷宮を攻略できないだろうからと、リジェントダイヤモンドを手に寛いでいた。

レアンドロ侯爵がどれほど恐ろしいか知らないのか、その宝石はさっさと渡して逃げるべきだと仲間が喚くので、それほど言うなら任務を断れば良かったはず、この宝石は特別な力があるから簡単に渡すわけにはいかないと言う。

その様子を、天井に貼りついた隠ぺい状態の彼が見ていた。

話は少し前に戻る。

ビブリオは、レアンドロ侯爵が動いたと報告があった際、再三の注意を払ったにも関わらず、あまりにも早く盗賊ギルドまでバレてしまったため、ビブリオは少女公爵が裏切り、レアンドロ侯爵に情報を漏らしたことに気づいた。

リジェントダイヤモンドがレアンドロ侯爵の手に渡ると、ローランス(少女公爵)にも不利になるのにどうして邪魔をするのか、権能を奪われたいのかと、ビブリオは腹が立った。

ビブリオが、宝石が奪われると困惑していたので、彼から協力を申し出ると、ビブリオとボティスが笑みを浮かべ、彼の汚れた精神が露わになった。

ビブリオは、柔らかい蠍の迷宮構造を教えること、隠ぺいを延長することはできるが、目標物のリジェントダイヤモンド『イリエンの涙』は、周辺の魔王の加護を無効化するので注意が必要だと話した。

そして現在、レイリーは、仲間にリジェントダイヤモンドを説明しながら、その力を使った。

彼の体は光の領域に入り、隠ぺいが剝がされた。

その力は、彼もボティスも不快に感じた。

天井に突然骸骨が現れたので、レイリーの仲間は酷く驚くが、レイリーは依頼主が送ってきたアンデッドだと察した。

レイリーは金さえ受け取れればいいと話していると、彼は突然レイリーの仲間を酸性で殺した。

あまりの凄惨さに吐いたレイリーは、イリエンの涙を盾に具現化し、彼に斬りかかる。

彼は、過去でレイリーによくしてもらった記憶があったものの、汚れた精神が露わになっていため、苦痛に満ちた悲鳴が聞きたかった。

その頃、青獅子騎士団は迷宮で彷徨っていた。

レアンドロ侯爵は、だから私一人で来ると言ったのだと呆れていたが、団員たちはレアンドロ一人に任せっぱなしにすることなどできなかったのだ。

レアンドロは剣で壁を破壊すると、部下に剣気の使用を許可し、責任はとるから遠慮せず全てぶっ壊せと指示するのだった。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」149話の感想

久しぶりにレイリーが登場しました。

前回はビブリオに絞殺されたので、今回はそれを回避して欲しいと思ったのですが、思わぬ展開になってしまいましたね。彼に殺されてしまったのでしょうか。

彼は精神干渉されているので、このままでは例えルビアがエラスト領主になれたとしても、不幸な未来しか見えません。

そもそもルビアも領主になったところで、彼女がビブリオに精神を操作されないとも限りません。そしてそれを彼は何とも思わなくなってしまうのでしょう。

ボティスはやはり恐ろしいですね。これなら情報を得る前ですが、彼の精神の自由が利く間に、死んで再スタートした方がいいかもしれません。

リジェントダイヤモンド・イリエンの涙ですが、女神の力が込められた宝石だけあり、強力な能力が付与されていました。

これがあれば、幽霊を恐れずに済みますね。T&Tからプルソンの加護を外すこともできます。・・・マルパスは信者がアイザックしかいないので関係ないですね。

プルソンの加護が身体強化なのか詳しくはどんなものか知りませんが、反則的なバフがなくなるのは魅力的です。

後に現れる勇者は、このイリエンの涙を装備するのでしょうか。他の女神関連のものもあるなら、魔王討伐の必須装備なのでしょうね。

イリエンの涙はレイリーから奪えばいいので、彼も次の生で入手しようと思えばできますね。でもまずは精神汚染されたこの生が、どうなるかが問題です。

レアンドロ侯爵は、コメントしてくださった方の予想通り、少女公爵からの情報で盗難事件解決に動きだしていました。

迷宮なんて壊せばいいんだという、レアンドロの豪快なところは良いですね。レアンドロなら、気づいた相手が逃げだしたとしても、すぐに捕まえそうです。

少女公爵ですが、レアンドロ侯爵にヒントを与えていました。何故ビブリオを怒らせることをしてしまったのでしょう。

そのせいで、少女公爵が好き勝手行動する原因であるレアンドロ侯爵を、ビブリオが排除したがるかもとは考えなかったのでしょうか。

少女公爵にビブリオを押さえきれる何かがあるなら、ビブリオが仕組んだ盗難事件にレアンドロ侯爵を指名したり、すぐに解決できるようにヒントを与えるのはわかりますが、これまでの展開だと無理だと思います。

盗難事件にレアンドロを指名したのはビブリオかもしれませんが、いずれにしてもビブリオに歯向かいました。

少女公爵は、『大事なことがある』からさっさと泥棒を懲らしめにいけと言っていましたが、大事なことって誕生日ですかね?青獅子騎士団の名誉でしょうか。

とりあえず次回は、レイリーを殺す前に、彼が正気に戻ってほしいです。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

27 COMMENTS

Google翻訳の文法で申し訳ありません

おそらくこの事件では二人が同じ側にいた(少女公爵は宝石がどこに行くのかを知っており、ビブリオもこれを「裏切り」と表現した)、盗難事件にレアンドロを指名にすることも計画で決定されてだろう。しかしビブリオは、少女公爵が彼を裏切り、プライベートにレアンドロ侯爵にヒントを与えてとは思っていませんでした。 元の計画は崩壊し、レアンドロが直接捜索に来た状況に対処しなければなりません。

さらに、前の議論のように、これはビブリオが少女公爵の権能を一方的に取り戻すことを検討できるのメカニズムです。それでも、このようにあえてビブリオに逆らいましたの少女公爵は、ビブリオが登場したとしても、まだ過小評価されてはならない存在でしたね。

契約が更新されたようです。(隠ぺいを延長するに言及)

レアンドロがレイリーに騎士団に加わることのはこの事件だろう(レイリーは83話で言及されています)。したがって、前世では常に盜難事件が発生するはずです。(おそらくこのような経緯だった)
主人公の存在がなければ、これからはどのような展開に向かうのでしょうか?おそらくレアンドロの大勝利のようです(元々レアンドロを真剣に受け止めていなかったレイリーは、彼に完全に感銘を受けました)

主人公の身分についてのレイリーの推論の線から判断すると、魔王の力を持っている人について彼が知っているのは、幽霊と「依頼主」だけです。
彼はこの時期に早くも帝国の暗流のいくつかを理解していたようです。(82話で、彼は主人公に「蛇」の存在について言及しました)

ちなみに、彼はグロいシーンにも抵抗がないようです(前世では飼育場でもこんな反応でした)

レアンドロの許可と責任を問われるのセリフから判断するから、剣気はさりげなく使えないスキルですか?
剣気は帝国騎士としての条件の件を組み合わせると、この力には、解決されていない背景設定がたくさんあるようです。

返信する
TaoCheng

少女公爵に関しては“自己主張の結界“なるものを持ちながら、ほぼ権力の奴隷だった彼(彼女?)にガッカリしてましたが、今回の裏切りには本当に胸がスッとしました。
前世で少女公爵は30人のレアンドロを含む虫達によって首都を何故か陥落させてたので、その時ビブリオに対抗出来る何かを発見したのかもしれません。
しばらくはエラストの為にならない展開かもしれませんが楽しみです。

返信する
TaoCheng

ビブリオは圧倒的な知力で各方面を手玉にとっているものかと思いましたが普通に焦ってましたね。ちなみに彼はタメ口で距離感を縮める名人のように感じました。
レイリーは剣気を操る上アイテムの力を引き出す知識もある予想以上の達人でしたね。しかし彼はル・リウムさえあればリッチに転職できる魔法の使い手なので勝負はわかりません。イリエンの力で即死してしまえば難なくリスタートできるのですが、、、
汚れた精神が露わになる権能もすごいものですが、彼は世界に仕返しをしたいだけの苦痛の“貸し“がたまっており、タイミングが悪い時にそれがあらわれたようです。
しかしはたしてこの作中に苦痛の引き取り手となるような神のような存在はいるのでしょうか、ビブリオは存在目的を与えた観察者があるかのような口ぶりでしたが、、本当にまだまだ読めません。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

ビブリオは意図的にある程度焦っての姿勢をとり(その一部は真実)、主人公の精神汚染を段階的に導き、ますます自分に従属して沈んでいくと思います。(これは出会いの時から常に行われの演出です。読者は見えでき、彼は主人公の見た目ほど単純であってはなりません、計算深いの陰謀家です)

返信する
TaoCheng

精神汚染に関しては単に露わになる(表明、expose)だけなので、そのうち収まると思います。主人公は骸骨兵士としての凶暴性だけでなく、元の人格由来なのか優しさや気配りも持っているのでシナリオの続行に問題ないかと思います。むしろルビアがレアンドロ並みに汚染しない性分だった場合なにか衝突が起こるかもしれません。

返信する
猫野

私の表現の仕方がおかしかったようで、『精神が汚染される』『汚れた精神が露わになる』に訂正しました。紛らわしくてすみません;;
イリエンの涙で権能の効果が無くなっても露わなったままだったので、精神干渉は根深いものかもしれません。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

精神干渉は魔王の権能からではなく、ビブリオ自身の他のスキルから来ていると思います。

返信する
TaoCheng

精神の露出に関してはビブリオのスキルを使った意図的なものである可能性はありますが、彼は疑い深いボティスと違い正直で呑気な人物のように思えるので、主人公は不本意な従属には至らない気がします。
少女公爵の裏切りに対しても自分の損害の心配より、まず彼が正義や法に与した事に対するボティスの祭祀長としての神聖な怒りを示しました。
147話のネクロンに対するそっけないリアクションに私は少し失望しましたが、やはりビブリオは悪人や醜い(とされる)者のメシアとも言える存在で、おそらく主人公の骸骨兵士としての魔性を開花させたい親切心で精神干渉を施していると思います。
仮に次回に有能なレイリーを主人公が殺害したりダイヤを破損させてしまってもビブリオは責めないでしょう。ただしレアンドロに奪われてしまったら憎まれ口の一つも言ってくるかもしれません。

返信する
猫野

そうなのですね。彼の汚染精神が露わになったときに、ボティスもビブリオと一緒になって喜んでいたので、精神干渉はボティスの力も関係しているのかと思っていました。
彼がビブリオのお気に入りなのは、言葉だけでなく事実のようですね。

返信する
TaoCheng

触媒のように一度効果が現れたら自動で進むタイプのボティスの権能ならイリエンの力で無効化されないかもしれません。
ボティスやビブリオのような闇のモンスターのプロの見立てなら汚れた精神を解放したほうが強くなるのでしょうが、彼自身それを望んで無さそうなのは難ですよね。
さて次回の予想ですが彼はレイリーを殺さないと思います。かつてダンジョンに飲み込まれた時の経験が生かされる可能性と、アイザックからも精神関係の耐性を付与されてます。
レナと命を捨ててまで守り抜いた自由は生来の衝動より重い、、と思います。

返信する
猫野

皆様のコメントを参考にしますと、ビブリオは少女公爵の裏切りで実際に焦ったものの、彼の精神干渉を進めるために、それを利用し演技して、彼自ら協力するように誘導したようですね。
少女公爵の裏切りについては、ビブリオに対抗できる術があるというのは濃厚ですね。そうなると命じられてではなく、自分の意志でレアンドロを殺したことになるので、どのような考えだったのか、少女公爵は興味深いキャラクターです。
レイリーは、戦闘、情報収集、泥棒稼業どれも有能な、多才なキャラクターでした。レアンドロ侯爵に拾ってもらいますが、グロに耐性がないようなので、あの世界の騎士に向いてないのが残念です。
少しずつですが、各キャラクターの情報が増えてきたので面白いですね。

返信する
TaoCheng

ビブリオに対抗する術は直近、バティエンヌ増殖の時に得たと思います。虫化した兵士の鎧(140話)に激しい戦闘の跡があったことを考えると、少女公爵が反乱を起こし皇室の調査を行った際にビブリオの弱点を発見したものの、すでに皇室の命令でバティエンヌを殺した後だったので改めて少女公爵はメソメソしてたのかもしれません。
さらにシステム上ではビブリオは帝国の黒幕と認められており(148話)ボスキャラとしての解決策が用意されている可能性があります。
あのアイザックでさえシステム上ではレベル90前後の冒険者が一人で討伐できる存在(どんなフラグなのか見当もつきませんが)なので、彼は意外にも今世では負け組に属しているのかもしれません。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

私もこの主張を支持します、彼は本当に大きな動きをしたいかもしれませんと思いますが、長い時間がかかるはずです。結局、それはまだレアンドロを殺さなければならないという終わりに落ちました。
ビブリオはこの世界(ゲーム?)のシステムにおけるボスキャラのポジションであり、プレイヤーは彼に敵対しなければならない位置に導かれるようです。

ベル・ホメット・アイザックの殿堂について
適正レベル81〜90はゴーレムのことを指しますよね?
1人に適正人数はゴーレムの活性化メカニズムも考慮に入れています。(ただし、この場合、ゴーレムと戦う必要はありません)

主人公のレベルに関する警告が毎回表示されますが、ゴーレムは非常に簡単に勝ちます。
そして、ダンジョンのレベルが同じ(ゴーレムのこと)だったとしたら、それはずっと前に圧倒されていたでしょう。(主人公のレベルは初めて見た時、すでに100を超えていて、後でもB ++モンスターを倒しました)

レベルに関する警告メッセージは、どの時点でも変わりません。これは、現在のレベルがいくら高くても、アイザックの存在(ダンジョンの本来のターゲットとは関係のない危険)が比類のないものであるためですか?
上記の数値情報は、アイザックとの戦いを考慮すべきではありませんよね?そういえば、アイザックの身体を燃やしてもダンジョンクリアにならなかったと言えば、そのダンジョンの設計基準はまったくわかりません。通常、これはどのように行われるべきですか?(結局、それはクリアされず、アザックによって簡単に殺されることもありませんでした——主人公は、この世界の秘密を追究したいアザックと一緒に、元のシステムのルートから大きく逸脱したようです)

返信する
TaoCheng

システムはダンジョンボスの状態はもちろん魔王がどう思ってるかまで把握してるので、アイザックの殿堂の適正レベルはアイザック打倒も含んでいると思います。そうでなければ他の“客“も大迷惑を受けてしまいますので。
もう一つの仮説は、あのクエスト自体がアイザックが作った罠でシステムの表示を書き換えている可能性もありますが、主人公に対して蒼天の窓が見えないかのようにとぼけ続ける意味がわからないのと、憑依できる強力な対象や仲間をさがしているにしてもレベルを低く設定しすぎているので多分異なると思います。
結論するにおそらく冒険者の王道通り地道に情報収集をしたならアイザックの致命的な弱点が発見でき低レベルでクリアできるのでしょう。クリアの報酬もかなり貧弱ですのでシステム上では本当にBランクかと思います。

返信する
猫野

なるほど、確かに140話の件は、少女公爵が反乱を起こしたようにみえますね。63話で、青狐が『いつの間にか帝国とアンバーのパイプが切られていた。その対策として、アンバーは皇帝を暗殺した』と話していたのですが、このパイプ切りに少女公爵が絡んでいるでしょうか。
アイザックの殿堂ですが、棺でイベントを起こすことがダンジョンの目標で、アイザックそのものの討伐は含まれていないのではと思います。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

合理的な推論方向であるのは単なる「一種のイベント」です(困難はゴーレムにあります)、でもクリアになる方法はまだわかりません。(アイザックの身体を燃やし、彼を起こすてもダンジョンクリアにならなかった)
ですから、2人はシステムのルートから外れているように感じます。

返信する
TaoCheng

別に殺害しなくとも“退治“とみなされるのかもしれません。クエストクリアのダイアログが出てないので私は未決だと思いましたが。
ダイアログに関しては出たり出なかったりなのですがレイリーの好感度アップまで表示されたのは面白いと思いました。我々の世界でも是非あってほしい機能です。古本屋でケビン・アシュトンの著書を探す価値はあるでしょうね。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

私も最初にその「もう一つの仮説」について考えましたが、あなたが言ったように多くの点であまり説得力がないようでした(アイザックが他の蒼天の窓が見える者が入るの可能性に対して事前にこんなもの仕込み、自分は蒼天の窓が見えないふりをし続けるという前提の合理性は観察された兆候のほとんどと矛盾しています遠い;レベルを自由に操作できる場合、設定が微妙すぎるなど)、現時点ではこの方向に推論することは困難です。

ダンジョンの難易度情報に、アイザックとの戦いの難しさが含まれていないと思うのは、レベル警告の存在と難易度の数値情報が矛盾しているように見えるからです。致命的な弱点などの情報を把握することでアイザックを倒せるとシステムが期待しているのであれば、そのような警告は必要ありません。(主人公本來のレベルはすでに十分です。システムが警告したい場合は、他の満たされていない前提情報条件からは自然だろう。一方に主人公は適正する情報表示する、一方にそういう警告を出すのは矛盾しているので、ダンジョンの数値情報を直接当時アイザックの格と同じくらい高く設定して、別の説明を付け加えたほうがいいです——さもなければ、これこそは「客」が迷惑を受けてしまいますの状況です)
最も重要な点は、適正人數が実際にゴーレムのことを参照するということです(これによって類推する)。 したがって、私はその警告を「アイザックに直接敵対の危険性」としてより自然であり、他の場所と矛盾しないと解釈し、上記の結論を導き出す。

(また別の可能性について考えました、それは主人公の今回の生の「現在のレベル」に基づいた警告ですか?以前に推測された「アイザックに直接敵対の危険性」の代わりに。
しかし、文脈のように、私は「客」の死に戻り蓄積レベルのメカニズムは、システムの想定範囲内にあるべきと思います)

結局のところ、アイザックは必ずしも「このダンジョン(設定した)」のターゲットBOSSではありません。
もちろん、システムはこのすべての情報を把握できると思います(主人公が死に戻りを通じて経験した記憶をシナリオ、クエストの內容に反映することもできます)が、客に情報を提供するための標準としてこれらのことを全部使用する必要はありません。(常に異なるプロットラインの進行状況に応じて異なる形式で)
このダンジョン(実際にはアイザックのプロットライン全体の一部しか含まれていない可能性があります)がアイザック討伐に目指のために設計されていない場合、他の「客」に問題は発生しません。

具体的には、どのように條件を達成するはクリアができますか?報酬はどうなりますか?システムが期待して、通常なルートが何であるのかはわかりません。「ダンジョンの難易度は、システムによって認定された合理的な事前情報を含む戦略に基づいて判断されます」と考える時点では、表面の情報を見ただけでは垂直方向の推論は不可能です。(正面戦闘の適正レベルでの難易度情報である必要はありませんが、特別な条件のクエストイベントのようなものである可能性があります。この種の不規則性は、他のRPGでよく見られます)

返信する
TaoCheng

レベルの数値と警告が合っていないという、あなたの指摘は重要だと私も思いました。作中の世界は何者かがゲーム性を取り入れた上で成り立ってるようであり“客“はダンジョンの紹介メッセージから武力解決は難しいことを察しなければならないのかもしれません。警告は客の現在のレベルを参照していると私は思いますが、世界全体のダンジョンから比較された判定である可能性もあります。誰が調べたのかわからないその情報の存在をバムタンの息子でさえ知ってました。

死に戻りに関してはシステム本来のものとケビン・アシュトンが蒼天の穴をハッキングして作ったものがあるように思え、死亡記念館はシステム由来で自動ウェイポイントを利用した損失の少ない復活はケビンに由来してる気がします。実際95話ではシステムウインドウが主人公の行動を不思議に感じているような描写があります。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

だからこれまでのところ、B-と81~90などのレベル情報を既知のゴーレムのこととして扱うのが最も自然なことだと私は推測しています。(他の方向の種類の推測には解明のつかない情報が多すぎるため、議論するのは難しいです)
わざわざ現在レベルを参照すること、どう考えてもは少し不自然に思えます。(システムが実際にこれを想定していない場合を除きます)
レベル警告は完全に特別なメッセージとして使用されている可能性があり(他の場所にはない)、このダンジョンの特性を明らかにすることを目的としています。(ある程度にその警告の不自然さを説明することができます)

ケビン・アシベトンが元のシステムに基づいて現在の死に戻りメカニズムを作成したという仮説は非常に興味深い。 確かに、これが事実である場合、システムは彼の蓄積レベルのことを知っていますが、現在レベルを使用してさまざまな項目を計算することしかできませんというプログラムBugの理由を説明することができます(これは後で追加され、プログラムの他の部分と一致しませんでした)。95話でシステムウインドウの情報によると、死に戻りでのクエストログ(主人公の経験と記憶)を把握できないのは確かに可能し、主人公の行動に、事前にガイドを見たかのように反応します。(システムは、「客」が攻略するため普通にセーブ&ロードを使用することを想定としていますも可能)

経験値やレベルなどの概念、他の人が蒼天の窓を見なくても知っているようで、以前からの文化伝承のような気がします(冒険者ギルドなどの権威ある機関の統一研究、または「神」や「客」などの身分の存在によって与えられる情報)。 そういえば、今のところまた「ダンジョン」の仕組み、研究の歴史などの情報がはっきりしていません。(ゲームのような世界の法則、自然にそれに基づくで人間文化構築する)
これらの基準は、蒼天の窓の表示されたの情報の設定システムとまったく同じでしょうか? もしそうなら、前述の超越的な存在がこちらの住民に定義の概念をもたらした可能性が非常に高いです。
これは、この種のジャンルが持っている一種の公理によって引き起こされた質問と見なすことができます:これらのレベルのシステムデータベース情報、力のシステムレルムなどはどこで決定されますか?それは私たちが知っている「ゲーム作者」によって設定されのメタ情報とは異なります、実際に物語の作中世界の合理的な情報源が存在する必要があります。(たとえば、創造神のようなキャラクター)

少なくとも、以前に見たさまざまなダンジョンやモンスターのレベル設定は追跡可能であり、互いに矛盾していないようです。(ベル・ホメット・アイザックの殿堂だけ、変わったメカニズムの設定は人々を少し微妙に感じさせるからです )

返信する
TaoCheng

蓄積レベルと現在レベルの現実的な違いは、まだあまり描写されてませんね。もし現在レベルの低さがスキルの行使などに支障が出るなら、主人公はエラストに戻る前に首都で霊薬を調合すべきですね。剣気などの出力が十分でなくともエルランドが使ったような霊薬ならば主人公に無害なまま圧倒的効果を発揮できます。
作中世界の情報源に関しては、皇室を含む何者かが我々の世界のカトリック教会がやったような意図的な断絶が行われたようです。推測するに“使い“の時代には人類は単なるダンジョンモンスターだったのではないでしょうか?人間を家畜のように地下に囲っておく意味がわかりません。
諸々の歴史を隠ぺいしなければならない理由は何なのか、、今後の展開が楽しみです。

Google翻訳の文法で申し訳ありません

それでもレアンドロを殺すことを余儀なくされるべきだろう(セリフから)?彼がビブリオをあまり恐れていなくても、勢力には他の圧力があるはずです。(多くの兆候から、ビブリオの権力はかなり高いですが絶対的ではありません、全勢力の政治的利益はまた他の存在によって分割されるのようです)

二人の関係はもっと微妙だと思います。これは元々の支配下にあった部下の裏切りではなく、彼らは大体上に皇室で同じ側にいて、お互いに警戒し、ある程度の争いの立場のようです。(もともある程度ビブリオに対抗するができるの立場があり、彼らは平等な条件で話したり取引したりすることができます)
ビブリオは少女公爵を完全にコントロールすることができず、彼の自分勝手な行動を予測することは困難でした(しかし、ビブリオはおそらく、少女公爵が今回のレアンドロに対する彼自身の利益を損なうような計画の裏切り行為をすることを期待していなかったでしょう)、彼が通常にレアンドロのためにビブリオを報告内容を偽るほどの可能性がある限り、皇室勢力の一員であることはおそらくビブリオに本当に頭痛を与えるの面倒な奴ですね。
…少し萌えかも

返信する
TaoCheng

結局イリエンの涙が取り戻されると、どんな不具合が起こるのかでしょうね。イエメラの枢機卿でさえ帝国の戦争の推進に加担してたので、女神の権能は魔王に相反するものでも信者同士は結託しているのか、、いずれにしても強力な集合体です。
少女公爵は総合的に勝算があると考えたのでしょうか?いつまでも誕生日プレゼントが渡せないので、ついにキレただけでも面白いですが。
ちなみにビブリオは少女公爵を主人公同様にテストし実力を認め、友人のように思ってる気がします。最初から疑ってたらあんなに取り乱さないでしょう。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

前の生では、少女の公爵はまだレアンドロを殺し、ビブリオは幼虫を育てて飼育場で死体を処分していましたの展開からは、彼らはまだ計画を進めるための共同戦線を維持しているようです(しかし、イリエンの涙が簡単に取り戻され、ビブリオの完全な失敗になったのかどうかはまだわかりません)。今回の生が主人公によって協力され、ビブリオが完全成功した場合、本当にどのような変化が引き起こされるのかわかりません。

返信する
猫野

なるほど、そうですね、ビブリオだけが強者ではないですものね。
レトリックらも戦争を起こすように後押ししたと発言していたり、アンバーも帝国と自由連合を操ろうとしていたり、色々な勢力が絡み合っているので、誰がどこに繋がっているのかハッキリしないですものね。
ビブリオの頭痛の種である少女公爵は、読者にとっても悩ましい存在ですね。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

TaoChengさん(前のスレはいっぱいのようで、返信できません)

蓄積レベルと現在レベルののことについて、これまでに観察された2つの間の違いの可能性は、たとえば、レベル警告の必要性の判断やレベルアップに必要な経験値の量(この世界のレベルシステムも、他のRPGと同様に、「レベルが高くなるほど、アップグレードが難しくなる」という設計があるようです。主人公が特定の敵を異なる時点で殺すで与える経験値バーの進度は明らかに異なり、大量虐殺の後のレベルの増加は、每回の生のはじまりほど高くはありませんのため)など。

これまでのところ、スキルの行使に関するレベルの制限などについては言及されていないため、この点で影響はないはずです。(パラメータの効果補正値は別問題です)
一般的に、rpgは、バランスを維持するために「一定のレベル(プロットイベントの合理的な進度)に到達し、自然に相応のスキルを与える」ように設計されます。つまり、一度取得すると、一般的に使用可能になります、余計な制限を課す必要はありません。しかし、チートやプレイヤーシステムの特権などでそのシステムをバイパスする場合は別の問題です。例え主人公が(現在)レベル1で高レベルの剣気と高レベルの魔法を自由に使用できるように、それは通常と比較して異常な状況であるはずです。

エルランドの霊薬について、それは確かに役に立つでしょう。 ただし、140話のスキルの説明から見ると、霊薬を作成するには、スキルレベルを継続的に向上させる必要があります。(さらに、どのような材料が必要かわかりません)

また、ケビン・アシベトンが元のシステムに基づいて現在の死に戻りメカニズムを作成した(これは後で追加され、プログラムの他の部分と一致しませんでした)という仮説の可能性は非常に高いのではないかと思いました。
理由は、死に戻りメカニズムに基づいて、何度転職しても特典が残るようなことは通常のRPGデザインではないようです。それは「チート」のようなもので、通常の「クラス」の概念のバランスを崩しようだから。(おそらく第三者の意図的な干渉によって確立された状況)
しかし、死亡記念館などのものにも追加されているのはまだ彼ですか?それを行うには、システムへのかなりの干涉が必要であるように感じます。

返信する
TaoCheng

霊薬は確かにまだ無理のようですね。鍛えるべきスキルは多いのにストーリーで使える時間はあまりに少ないです。
もしかしたら名前が付いていない効果がケビン由来かもしれません。精髄の吸収などアイザックから見ても“チート“なスキルでも、エピックスキルなどの名称分けがされており、それとチートというほどの効果ではありませんが“過酷な待ち時間“や“ネクロマンサーの恋人“は死に戻りに関係してますがシステム由来な気がします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください