漫画「お父さん、私この結婚イヤです!」最新話49話のあらすじネタバレと感想

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「お父さん、私この結婚イヤです!」原題:아빠, 나 이 결혼 안 할래요

毎週日曜に最新話が更新されます

前回のあらすじはコチラ

漫画「お父さん、私この結婚イヤです!」最新話49話のネタバレ

皇太子の噂話で冷え冷えした場も、しっかり正装した容姿淡麗なマクスの登場で持ち直した。

ジュベリアンはマクスを隣に呼び、想い合う恋人同士を演じていると、ベロニカが、フロエン公女は恋人がいるから、皇太子妃候補にならずに幸いだと言い出した。

他の令嬢たちも、正直あの皇太子と結婚したいものなどいないのではないか、まさに悪魔と言うので、マクスの心が傷つく。

ジュベリアンはヒヤヒヤしながら黙って話を聞いていた。

マクスは、ジュベリアンが噂に振り回されないか気が気でなかった。

誰も皇太子の顔を見たことがなかったのだが、噂ではバケモノのような顔で、顔と同じで拷問と殺戮を好むバケモノのような性格だったので、先皇后が皇太子を放棄したらしいと言う話まででた。

マクスは流石に不機嫌になり、ジュベリアンはあまりの話題の酷さに、皇太子は意外と優しい方かもしれないと言い、うわさ話をやめさせようとする。

ジュベリアンは、この話が皇太子の耳に入って殺されたくなかっただけなのだが、マクスはジュベリアンの言葉が嬉しく、噂話だけで人を判断しないのは素晴らしいと微笑んだ。

するとローズが、確かにフロエン公女は恐ろしい人物だとの噂だったが、実際は全然違い優しい人だと言いだし、他の令嬢も同調した。

その後、ツンデレのベロニカが認めてくれたので、ジュベリアンは正式にお茶会のメンバーになった。

お茶会が終わり、ジュベリアンはぐったりしていた。

今回集まったお茶会のメンバーは、後に公女の側近になるが、ジュベリアンが皇女に毒を盛ったと追い立てる裏切り者たちだった。

そのときに備えて、令嬢たちと仲良くなったのはいいのだが、社交活動に疲れてしまった。

マクスは、フロエン公女が社交界では悪女とされ、嫌われているのだとフレジアから聞いていたので、だから自分は彼女に惹かれるのかと思った。

13年前の皇宮では、マクスの部屋から小動物の死体がでたことにされ、悪魔扱いされた。

マクスの母である皇后は、自分の部屋にイザベラの毒が仕込まれているかもしれなかったので、マクスを自分の部屋に入れなかった。

母に誤解・拒絶されたと思ったマクスが泣きじゃくったので、どうしてなのかを説明し、愛しい息子を信じていると伝えた。

そのことを思い出したマクスは、お前ならうまくやれる、自分を信じろとジュベリアンを励まし、ジュベリアンは顔を赤くするのだった。

漫画「お父さん、私この結婚イヤです!」最新話49話の感想

マクスの母は部屋に毒があるかもしれないと話していましたが、イザベラに毒殺されたのでしょうか。

しかし辛い思いをしている皇太子は多いですね・・・

部屋に動物の死体まで置くなんて酷すぎます。幼い頃からこのようにして、悪魔のようなイメージをつけられていたのですね。

そのような状態なら、何度も暗殺されそうになってのでしょうけど、今は誰もが恐れるほどの実力者になりました。マクスはすごいですね。

ジュベリアンも悪女のイメージがついていましたが、それは憑依する前の話なので、あながち間違いでもないですよね。

今は中身が変わったので、傲慢なところはなくなり、即断即決の思い切りのいい女性に変わりました。そしてジュベリアンファンが徐々に増えているようですね。

この調子なら、毒殺犯だと疑われれることになっても、味方が多いのでなんとか解決できそうですね。

次回予告として、レジスが、僕の娘は僕との思い出を覚えられなくなったと話していました。このことは皇帝の指輪と関係があるのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください