漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」最新話112話の翻訳あらすじと感想!ネタバレ有り

全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマLINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 

ピッコマ版は隔週日曜日に最新話が更新されます。

こちらの記事は韓国語版の翻訳をまとめたものになります。

前回のエピソードはコチラ

登場人物まとめはコチラ

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」最新話112話のネタバレ

ルーカスに酷く執着していたアエテルニタスは、ルーカスの手によって終わリを迎えた。

ついに終わったのだと、アタナシアは呆然と立っていたが、皆は大丈夫かと父と伯父を見る。

クロードとアナスタシウスは、その場から身動きせずに、ただ互いに視線を送り合っていた。

そこへフィリックスが近衛兵を連れてやってきて、遅れて申し訳ありませんとクロードに跪いたのだが、タイミングが良すぎるので、アタナシアはクロードがそう指示したのかと思った。

近衛兵達は、皇帝が戻ってきていること、宮殿が破壊されていること、先帝もいる異常事態に困惑していた。

クロードが、姫と皇帝を殺害しようとした者だ逮捕しろと命じたので、アナスタシウスは近衛兵に連行された。

デマを完全に消し、連行される先帝を皆に見せつけるための命令だった。

そうしてクロードは正式に『休暇』から戻った。

貴族たちは、さもこの日を待っていたかのように、クロードにおべっかを使った。

先帝については、近衛兵が入ってきたときには既に皇帝に跪き、一度も抵抗することなく監獄まで歩いたと、屈辱的な噂が広まった。

クロードのときのように大勢に噂が広まったが、クロードのときと違うのは、公然と話しても何の問題もないことだった。

クロードは淡々と、それらはもともと弱者をみれば踏みにじる、権力に群がる連中だからと言う。

その後、内乱が起きる前に主導者が捕まってしまったために一部の貴族たちが裏切り合い、そのおかげで戦争のために密かに兵士を召集していた家門が明らかになり、協力者も全て捕まった。

アタナシアはその者達がどうなったかは訊かなかった。

ジェニットが毎日欠かさず地下に収監されているアナスタシウスに会い行っていること、話している内容などわかっていたが、クロードもアタナシアも彼女らを放っておいた。

そうして二人の処分についての裁判が始まり、アナスタシウスは死刑が決まった。

先帝はルーカスの手によって死んだから、実際は既に死刑執行されたようなものではと思うアタナシア。

法通りなら、斬首した後にその首を城壁に吊るすのだが、アナスタシウスの身分が高いため、三日後に絞首刑となった。

ジェニットについては、アタナシアの証言によって無罪判決を受けた。

ロジャー・アルフィアスは、洗脳魔法を使われたことが立証されたので命拾いし、イゼキエルの功績もあったので、財産の一部を皇室に没収されることで済んだ。

ロジャー・アルフィアスは全ての責任を負って当主から退き、イゼキエルがその後を継ぐ予定だ。

それから三日後の深夜に、誰も居ない場所で、ひっそりと先帝の死刑が執行されたのだった。

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」最新話112話の感想

アエテルニタスは、最期までルーカスに執着していましたね。ルーカスは鬱陶しそうに、黒いもやを振り払っていました。執着した結末がこれなら、ただ虚しいだけです。

クロードは一連の事を収めるために、アナスタシウスを見世物にしました。

アナスタシウスにとっては屈辱的な方法なのでしょうけど、外面が大事な皇族としては、仕方のないことなのかもしれません。アナスタシウスも理解しているのでは。

クロードとアナスタシウスは黙って見つめ合っていましたが、お互い何を考えていたのでしょうね。

また、アナスタシウスは死刑を免れることはできませんでした。

ただ死刑執行場面は、深夜で誰もおらず、頭に布袋を被せられた囚人が1人で絞首台に立っていただけです。本当にアナスタシウスなのか疑ってしまいますよね。

もしかしてアタナシアが処分を訊かなかった罪人の1人だったりして。

アナスタシウスの罪も、操られていたものが大半なので、そのあたりをクロードがどう判断するかによりますね。

アタナシアはジェニットを救うことができましたが、今後は周囲からの厳しい目に耐えなければいけません。

それはイゼキエルも同じですが、父の命を守れただけでも良かったですね。

元凶であるアエテルニタスはいなくなりましたが、皆が負った、もしくはこれから負う傷や責任を思うと、純粋に喜ぶことはできないですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください