漫画「接近不可レディー」23話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「接近不可レディー」原作:Kin(ROXANA作者)、作画:Mingsung、原題:접근 불가 레이디

悲劇の中で死を迎えるたびに、タイムリープするヒリス。7度目に裏切られたときに、ヒリスはついに未練から開放され、今度は彼らを捨てることにしたのだった。恋愛ファンタジー漫画です。

毎週月曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「接近不可レディー」23話のネタバレ

7回目の人生で、ヒリスはマゴから、四季の森には4大家門の歴史を記した文献があり、禁書なども秘密の空間に隠されているようだ、アクシオンにも確認済みだという話をされた。

マゴは自由に外出はできないが、ヒリスならばと提案され、探しものが見つかるかもと言われたのだ。

だが、ヒリスはその当時は当主ではなかったので四季の森に入れず、その後マゴが死に、ヒリスも死亡したのだった。

四季の森に到着したので、ヒリスがすっとアクシオンから手を離すと、アクシオンは、4大家門の文献が狙いなのだろう、文献が集めてある場所に案内すると言う。

四季の森という純白神殿は、金色の木の葉で彩られていた。

神殿には、王の亡骸が眠ると言われている石の棺があり、王の聖殿に登りし者よ、選ばれし己を証明せよと、文字が刻まれていた。

アクシオンは、己の身分を証明すると王の魂が現れたらりいと言う。

4大家門の記録保管庫に到着し中に入ると、4大家門の印がついた4つの扉と、何もついていない中央の扉の、5つの扉があった。

家門ごとに文献が保管されており、その家門の当主の許可がなくては他の家門は出入りできなかった。

中央の扉はどの家門も利用でき、昔の王と4大家門の文献があると説明するアクシオン。

ヒリスは彼をとても親切だと感じ、過去でも子供や弱者にはそうだったなと思い出すと、アクシオンに向かって、やはりお優しいと言う。

アクシオンは、思うことが有るのか、そうでしょうかと言うと、彼も読書のためその場を離れた。

ヒリスは中に入り、王の死後71年目の記録、という本を読み始めた。

71年最初の日、パルベノンの最も幼い心臓を生贄に、王の聖殿にて神聖祭が行われたが、王は何も答えてくれなかったと書かれていた。

次に当主達直筆の記録、41代目カルロス、29代目ベロニカの手記を読んでみた。

だが目当てのものではなかったので、ヒリスは一回りした後、家門の部屋から出る。

ヒリスは、当主の許可がなければ出入りできないとアクシオンが話していたことを思い出し、試してみようと他家門の扉に手を伸ばした。

ドアノブにふれようとすると、追い払うために電流が流れるのだが、ヒリスは異能を使ったらどうなるかと思い、扉を異能で攻撃し続けた。

あともう少しだと夢中で攻撃していると、いつの間にか後ろにいたアクシオンに体を押さえられてしまうのだった。

漫画「接近不可レディー」23話の感想

成長したマゴが登場しましたが、当主らしく、落ち着いた青年になったようです。

しかし何故マゴは死んでしまったのでしょう。

マゴの能力を考えたら殺すのは損です。彼が邪魔なら、子供の頃のように殺さずに搾取し続けた方が、力も資産も蓄えることができます。

彼自身が死を望んだのでしょうか。

また、ヒリスが探しているものは、何でしょうね。まだ家族に未練があるときなので、今回のように死ぬ方法を探しているわけではないと思うのですが・・・

ヒリスは、四季の森に初めて入ったのですが、他の家門の扉の封印を壊そうとしたりなど、思うままに行動していますね。

アクシオンが止めに入ってくれたので助かりましたが、あのまま開けたら大問題になったでしょうね。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください